2016.05.29

バルセロナ地下鉄の注意点 特にL5 El Coll La Teixonera駅(エルコル/ラテクソネラ)

Image

 バルセロナ市内の移動には、地下鉄とバスを利用した。地下鉄やバスを利用するには、地下鉄の入口にある切符販売機でT-10という10回券を買うのか便利。

 まずは自販機の表示を英語に変更、次に、T-10をタッチ。あとは、大人1名などを選び、表示された金額を入金すると、T-10チケットが発券される。

Image_2

 規定時間内の鉄道からバスや、バスからバスへの乗り継ぎであれば、1回分としてカウントしてくれる。今回は、10回分のうち9回利用した。残った1回分は次回利用できるらしい。

Image_3

 何回か利用して感じたのは、地下鉄の入口、出口がややわかりにくいということ。入口はまだマシなのだが、出口がわかりにくい。

 どの出口から出たらいいのか、けっこう迷った。日本の地下鉄だと、いったん改札を出てから、出口を選べる場合が多いが、バルセロナの地下鉄では、出口のすぐ近くが改札になっているため、ホームにいる段階で出口方向を把握している必要がある。

Image_4

 グエル公園に行く時に使った地下鉄L5のEl Coll La Teixonera駅(エルコル/ラテクソネラ)の場合だと、ホームの前後どちらの方向に歩いて行っても、最後にエレベーターに突き当たる。エスカレーターでは無く、エレベーター。かなり特殊な立地だとは思うが、だいぶ悩んだ。

Image_5

 その他にも、改札まで狭い地下通路を延々と歩かされる駅もあり、出口に関しては、けっこう難易度が高い。

| | コメント (0)

2016.05.28

バルセロナ 市内移動はGoogleマップで

Image

 今回もスマホ依存の旅を続けている。目的地のだいたいの下調べは当然しているが、交通機関の細かい情報などは現地で調べる。

 バルセロナでは、地下鉄のみの移動では案外、行きにくい場所が多いが、市内中心部ではGoogleマップがバス路線にも対応しているので、気軽にバスに乗れる。

Image_2
 一応、バス路線図はPDFで持ってきた。しかし、かなり経路が多く、分かりにくい。短期の旅行者では、まず使いこなせない。

 その点、Googleマップなら、ほぼお任せで使える。次のバスが何分後到着かも、だいたいわかる。

 実際に使ってみても、ほぼ誤差なく使えた。降車場所は、バス停の名称だけでは分かりにくいので、マップの現在位置を確認しながら乗るのが良さそう。

 夜のサグラダファミリアからの帰りも、サグラダファミリアのバス停から、ホテル近くまで、バスを利用した。

 23時過ぎで、バス停の発車案内板は、稼働時間外で働いてなかったが、バスはGoogleマップの案内通りにサグラダファミリアバス停にやって来た。

Image_3

 この遅い時間帯、なぜかバス車内の停車案内もなくなり、普通だと非常に困るところだが、Googleマップの位置情報をしっかり見ておけば、降り損ねる事はない。

 残念ながらバルセロナ郊外の路線では、経路案内の精度が低く使い物にならなかった。次、もしバルセロナに来る事があれば、その頃にはきっと改善されている事だろう。そう願いたい。

| | コメント (0)

2016.05.27

食器・食べかすを片付けないのがスペイン流?

Image

 スペインを旅していて気づいたこと。フードコートのようなところでも、食後に食器や食べかすを片づけないのが基本らしい。

 一人旅では、基本的に食事にはこだわらない。旅に出るとあまりお腹がすかないことが多い。

 一人で注文すると、量的に一品しか頼めない場合が多いし、チップのことをなどに頭を悩ませる。そんなわけで、本格的なレストランを避け、軽食で済ますことが多くなる。

 写真のランブランス通りのマックやグエル公園のカフェテリアでも、そのまま置いて帰るのが当たり前らしい。

 サンティアゴ・デ・コンポステーラのバーガーキングの店では、客がちゃんと片付けていたので、ランブランス通りのマックは特殊かもしれないが。

 サンティアゴ空港では、食べかすが紙ナプキン一つでも、そのまま置いてあった。テーブルにぽつっと残った紙ナプキンを見て、さすがに徹底していると感じた。

| | コメント (0)

2016.05.26

Vodafone IEとVodafone ESのプリペイドSIMを活用

Image

 今回のスペイン行きでは、回線確保のために、SIMを2枚用意した。

 1枚は以前このブログにも投稿しているボーダフォンIE(アイルランド)のSIM。このSIMは、RED Roaming という仕組みにより、ヨーロッパ域内だと、約3ユーロで1日200Mbのデート通信が可能。

 ボーダフォンIEのSIMだけでも良かったのだが、万一何かトラブルがあった時のバックアップの意味合いで、もう1枚SIMを準備した。

 入手したのは、ボーダフォンESのYUSERS 1.5Gというもの。海外通販サイトで購入。このSIMのメリットは、1.5GBと容量が多い上、4G接続できるところ。ボーダフォンIEだと3Gで遅い。

 SIMの開通は、通販業者にパスポート情報などを伝えてやってもらう必要がある。開通作業は、SIMがボーダフォンESの電波を掴んでおく必要がある。

 このことを知らなかったので、開通がうまくできていなかった。そこでスペインに着いてから、通販業者にメールで再度開通手続きを頼んだ。これで無事、SIMを使えるようになった。

| | コメント (0)

2016.05.25

ミュンヘンへの道

Image_2

 トランジットでミュンヘンにやって来た。ドイツに入国するのは、新婚旅行以来だから、24年ぶりぐらい。

 今日は、朝、雨の高知空港から出発。曇り空の羽田を経由して、ここまで来た。もう日本時間で言うと就寝の時間だが、これから、まだまだ先がある。

 羽田〜ミュンヘンはANAのB787-9(JA872A)。初めてのB787、なかなか快適だった。一番後ろの34Dという席を指定していた事と、隣が空いていたことで、ずいぶんリラックスできた。

 一番後ろのデメリットは、食事が運ばれてくるのが一番最後という事。ひょっとして、食事の選択肢がなくなるかとも、思っていたが、二回ともちゃんと選べた。さすがANA、というところだろうか。

 また、日中の運行便というのがストレスが無くて良かった。夜行便だと、どうしても無理な姿勢で寝ることになり、体に負担がかかる。今回は、腰が痛くなるような事もなく、助かった。

| | コメント (0)

2016.05.24

香港で一番高いビル「環球貿易廣場」

Dscn1973

 これが現在、香港で一番背の高いビルである「環球貿易廣場(International Commerce Center)」で、高さは484m。あべのハルカスが300mなので、それより184mも高い。

 環球貿易廣場は、118階建て。100階には展望台があり、ここからの夜景は、香港島側の高層ビルだけでなく、九龍側の超高層マンション群の夜景がすばらしい、らしい。

 高いだけに、空気が澄んでいないと、景色がよく見えないだろうが、次回、香港に行く機会があれば、ぜひこの展望台に上がってみよう。

| | コメント (0)

2016.05.23

高知県にはバーガーキングが無い

Bkg 2016年5月現在、「高知県」にはバーガーキングの店舗が存在しない。

 高知に無いだけではなく、四国4県のどこにもバーガーキングは無い。

 ところが、高知県と底辺でよく比較される「鳥取県」や「島根県」には、バーガーキングの店が存在する。

 しかも、「島根県」に関しては、松江南店とイオンモール出雲店、ふたつもバーガーキングの店がある。

 これは南北格差だろうか。

 冗談はさておき、たとえば高知県民がバーガーキングのダブルワッパーを今から食べに行くとすると、一番近いのは、兵庫県の「阪急三宮駅前店」か「グランフェスタ姫路」のどちらかだろう。

 いずれの店も、高知県からだと4時間以上かかる。食べて帰ってくると1日がそれで終わる。


 ところで、バーガーキング・ジャパンの現在の社長は村尾 泰幸氏。実は、この人は、日本マクドナルド出身。

 藤田田時代からのたたき上げのマクドナルドマンで、2012年にマクドナルドを退職し、シダックス取締役を経て、2014年にバーガーキング日本法人の社長になっている。そして、業績も好調らしい。

 バーガーキングを食べる機会が、まず無いので良くはわからないが、マクドナルドよりアメリカらしい味と言われるバーガーキング。

 バーガーキング・ジャパンと、本家バーガーキングの味は違うだろうが、機会があれば、ダブルワッパーを食べてみよう。

| | コメント (0)

2016.05.22

忙しい週末

Image

 金曜日、土曜日と宴会が続き、今日の日曜日も1日仕事という事で、忙しい一週間だった。今日は、立ち仕事。大したことはしてないが、立っているだけも疲れる。

 明日から、月末に向けても、いろいろと忙しくなる予定。体調を崩さないよう、気をつけて過ごそう。

| | コメント (0)

2016.05.21

犬の散歩お断り、はりまや橋観光バスターミナル

Img_1197

 はりまや橋の東にある「はりまや橋観光バスターミナル」は、降車専用となっており、あまり利用価値はない。しかし、細長くきれいに整備された通路は、雨よけとなり、通り抜けには便利。

 その東側の入口に、「犬の散歩お断り」の張り紙がされている。いくら便利だといえ、犬の散歩コースにはしないでほしい、ということ。

Img_11961

 まっすぐで、明るい通路は、確かに歩くにはいい。警備員が常駐しているので、安心して歩ける。

Img_1198

 しかも、りっぱなトイレが完備されている。音声案内で、右が女性用、左が男性用とアナウンスしてくれる。広くて快適なトイレ。

Img_1200

 バスターミナルの一部は、バス用の駐車場になっている。これは、駐車料金の自動精算機。

Img_1201

 あまり利用している人を見たことが無いが、待合室も完備している。降車場の待合室なので、一般の人は、まず利用しない。犬の散歩コースとして、通りたくなるのも良く分かる構造である。

| | コメント (0)

2016.05.20

リベルタ橋からの車窓はヴェネツィアならでは

20140525_180222_2

 2年前の写真。ヴェネツィア・サンタルチア駅、シンプルな造りのホームに停車しているのは、ntvの高速列車Italo。ヨーロッパらしいホームの低さにより、列車の大きさが引き立っている。

 もう記憶にはないのだが、となりに二階建ての車両が停まっているのが見える。日本ではあまりお目にかかれなくなった二階建て車両だが、ヨーロッパでは総二階建て車両をよく見かける。

20140525_175550_2

 サンタルチア駅を出発してすぐリベルタ橋(自由の橋)を渡る。車窓に水面が広がるのはヴェネツィアならでは。もっとゆっくりしていたかったが日帰りなので仕方がない、と思ったものだ。

20140525_175435_2

 短い人生の中で、ベネチアを2回訪れたわけだが、3度目があるのかどうか。必ず、また訪れる機会があると信じて、期待してチャンスを待っていよう。

| | コメント (0)

«ロールスロイス製ジェットエンジンは、左回転