« 上海問屋セレクトコンパクトフラッシュ届く | トップページ | PC-9821V166のHDDをコンパクトフラッシュ利用でSSD化(2) »

2009.01.30

PC-9821V166のHDDをコンパクトフラッシュ利用でSSD化

Ca390363w500上海問屋セレクトコンパクトフラッシュ2GBを、コンパクトフラッシュ変換アダプタCF35IDE-DCに差し込んで動作確認してみました。

今回使用するパソコンは、会社業務用として昔から使っているNECの古いパソコン「PC-9821 V166」、いわゆる「青札98」です。

このパソコンのハードディスク代わりに、コンパクトフラッシュを使おうという魂胆です。

最初、CD側のIDEケーブルにCF35IDE-DCをつないだところ、コンパクトフラッシュ側を起動ドライブとして認識してしまいうまく起動できません。

そこで、ハードディスクのIDEケーブルをいったん外し、DOS/Vパソコンで一般的に使われている2連タイプのIDEケーブルに変えて、そこにHDDとCF35IDE-DCをつないでみました。これでやっとHDD側で起動できるようになりました。

コンパクトフラッシュは2番目のHDDとして認識されたので、FORMAT /Hコマンドでフォーマット、領域確保、システム転送を行いました。今日は、ここまで。

PC-9821V166のHDDをコンパクトフラッシュ利用でSSD化(2)

|

« 上海問屋セレクトコンパクトフラッシュ届く | トップページ | PC-9821V166のHDDをコンパクトフラッシュ利用でSSD化(2) »

パソコン・インターネット2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上海問屋セレクトコンパクトフラッシュ届く | トップページ | PC-9821V166のHDDをコンパクトフラッシュ利用でSSD化(2) »