« パソコンの調子が悪いと・・・ | トップページ | 小型ケースAOpen S145A-160BKを注文 »

2010.01.10

毎日屋で「ですかカード」にチャージしてみた。

 娘が「ですかカード」にチャージしてきて、というので行ってきた。ですかカードというのは、土佐電鉄の路面電車やバスで使えるICカード。

 電車内以外でチャージできるのは、はりまや橋のデンテツターミナルビルと高知大丸の2カ所だけと思っていたが、調べてみると毎日屋大橋通り店でもできることがわかり、そこへ行った。

 毎日屋大橋通店の前は何度か通っているが、入ったのは今日が初めて。たぶん、入り口に近いところにチャージ機が置いてあるだろうと思い、まわりをきょろきょろ見ながら中へ入る。

 入り口のすぐ左に大きな機械と小さな機械がある。だが、よく見るとそれはツタヤの自動レンタル機だった。さらに、進み右に回り込んで中に入ると、それらしき機械が見えた。ちょうど、サービスカウンターの右側あたりにその機械はあった。

 お釣りが出ないことはホームページで研究して知っていたので、千円札を何枚か用意しておいた。あまり大金をチャージして、カードを落とされても困るので、今日は2千円だけチャージすることに決めた。

 機械の左下にテーブル状に突き出た部分があり、まずそこに、ですかカードを置く。「入金」と書いてあるボタンを押すと、お金を入れるように催促される。ここで、おもむろに、お札を入れる。

 お金が吸い込まれるとすぐに、チャージ金額が増え表示される。1枚目はすんなり入ったが、2枚目はいったん戻されたので、自動販売機でコーヒーを買う要領で、お札を反対側から入れてみる。うまく入った。

 必要はないのだが、一応「領収証」のボタンを押してみる。下のほうから、レシートがぴゅっと出てくる。自動的にちぎれるタイプではなさそうで、無理やりちぎる。特に問題なく2000円がチャージされたので安心し、またちょっと満足感を感じながら、帰ってきた。

-- 今日は日曜日か。なんとなく土曜日のような感じがして、危うく龍馬伝を見逃すところだった。 posted at 20:04:51

|

« パソコンの調子が悪いと・・・ | トップページ | 小型ケースAOpen S145A-160BKを注文 »

買い物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パソコンの調子が悪いと・・・ | トップページ | 小型ケースAOpen S145A-160BKを注文 »