« 春夏秋冬で月見祭りの打ち上げ | トップページ | ヤマダ電機でコードレス子機用電池を »

2011.10.29

タブレット端末について考える

庭の花 by haruhiko_iyota
 最近では、iPadなどのタブレット端末を持ち歩いて使っている人を見かけるようになった。3G端末やモバイルルーターなどを使っていれば、確かに外でも使える。

 タブレット端末の最大の欠点は、入力が不便なことと思う。外付けキーボードを持ち歩くという選択肢もあるが、700gの本体と500gのキーボードを持ち歩くなら、1,1kgのノートパソコンの方が遥かに便利なはず。

 最近のタブレット端末の発売ラッシュは、少し前、ネットブックを各社が発売した頃と状況が似ている。これから7インチタブレットが各社から出てくるとだろうが、実用性という点でどうだろうか。

 外で情報端末をしっかり使いたい、入力もちゃんとしたいということであれば、やっぱりノートパソコンに戻るんじゃないかと思う。これから出てくるSSD搭載の薄型軽量ノートパソコンにこそ期待したいと思っている。

--
 Huluで「クレイジー/ビューティフル」を見る。主演は、キルスティン・ダンスト。途中、どうなることかと思ったが、ハッピーエンドで良かった。

|

« 春夏秋冬で月見祭りの打ち上げ | トップページ | ヤマダ電機でコードレス子機用電池を »

パソコン・インターネット3」カテゴリの記事

コメント

時間の有効利用に特化したのがスマホ
見ることに特化したのがタブレット
移動しての作業などに特化したのがノートPC
なんでも落ち着いてするのはデスクトップ
ってのが個人的認識w

投稿: のりぞー | 2011.10.30 10:16

のりぞーさん、コメントありがとうございます。
iPadなどのタブレット端末は、なかなかおもしろいですが、今のところわざわざ持ち運ぶ必要性はない、というのが現状認識です。
出先ならiPhoneで充分かなと。

いろいろ新しい端末が出てきて、使ってみたいのはやまやまですが、仕事上では、それらを使う必要性があまりないところが、悩みと言えば悩みですね。

投稿: iyota | 2011.10.30 11:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春夏秋冬で月見祭りの打ち上げ | トップページ | ヤマダ電機でコードレス子機用電池を »