« 会社の大掃除と辿る忘年会 | トップページ | 「ThinkPadはこうして生まれた」 »

2011.12.18

STNetからピカラ光回線への勧誘電話が

niftyがADSLサービスを来年早々にやめるということで、STNETのADSL回線に切り替えるように申し込みをしている。どうしてniftyが、四国のADSLサービスから撤退するのか良くわからないが、時代の流れというものだろう。

niftyのADSLは、元々STNETのADSLサービスを借り受けてサービスしていたものなので、切り替えと言っても機器の交換は無く、ADSLモデムのログイン設定の変更だけになる。料金の支払先が分散するだけで、実質変わらないと思う。

さっき、STNETから電話がかかってきた。電話に出る前から想像していたが、価格差があまりないので光契約をしないか、という勧誘電話だった。「光回線には興味が無い」と答えると、「どうしてですか?」と食い下がってきた。「理由を説明すると長くなるし、説明する気も無い」と言うと、あきらめたようだった。

光回線に切り替えようと思っていた時期も何度かあったが、ADSL回線で特に不自由もしてないし、価格が少しでも安い方が良いと思っている。ほかにも、ちょっとしたメリットがあって、通信速度はやや遅くてもADSL回線が気に入っている。事業者がサービスを止めるというまではADSLのままだろう。

1324199096691.jpg

ハンコヤドットコムに注文していた会社用銀行印が注文の翌日届いた。ものすごく急いでいたわけではないが、すぐに届くのは気持ちが良い。注文するときには気づかなかったが、これも10年保証付き。

前回は、楽天市場のハンコヤドットコムから注文したが、今回は自社サイトショップからの注文とした。理由は、価格が少し安いことと、出荷日が早いこと。楽天などのショップモールだけに頼らずに、自社サイトで売れる仕組みを作っているところが、長く残る会社の必要条件と思う。

|

« 会社の大掃除と辿る忘年会 | トップページ | 「ThinkPadはこうして生まれた」 »

パソコン・インターネット3」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会社の大掃除と辿る忘年会 | トップページ | 「ThinkPadはこうして生まれた」 »