« 台北旅行記1日目(午後) | トップページ | 台北旅行記2日目(午後) »

2012.02.24

台北旅行記2日目(午前)

Untitled
 ホテルの窓から見える風景。いかにも温泉地という感じ。雨が降っているのに三階のプールで泳いでいる人がいた。

Untitled
 朝食はこんな感じで取ってみた。肉野菜のお粥を選んだが、ふつうのお粥にいろいろトッピングした方が美味そうだ。

Untitled
今日も1日雨になりそう。

Untitled
 大型バスに乗り換えて山を下っていく。北投温泉の周りを一周、加賀屋や温泉博物館が見えた。台湾では、2009年から室内ではタバコは吸えないようになっている、とのこと。良いことだ。

Untitled
 ここは、以前、士林夜市があった場所だそうだ。今は別の場所に変わっている。

Untitled
 今日はまず基隆(キールン)に向かう、基隆は港町で人口38万人。バスはやっと高速のった。台北から基隆までは20数キロくらいで、台北市の通勤圏となっている。

Untitled
 トンネルを抜けて基隆に到着。雨の港、基隆港は周りを山に囲まれているため良港とは言えないそうだ。基隆港は日本が造ったので、門司港や函館港に似ているらしい。

Untitled

Untitled
 基隆港には、古い建物が多い。基隆は、一年のうち三分の二は雨という、雨が多い街。

Untitled
 こんなバスで移動。外から見るときれいにそうに見えるが、中はそうでもない。

Untitled
基隆港の横の店で休憩

Untitled
 基隆港からは、海岸線をたどって金瓜石・九份方面へ向かう。写真は、金瓜石(きんかせき)へ登る途中の滝です。

Untitled
 金瓜石に到着、黄金博物館に入る。金瓜石は日本統治時代に金鉱山として栄えた場所だった。

Untitled
 太子賓館は、昭和天皇が皇太子だったころに、皇太子訪問時の休憩所として建てられたものだが、実際には昭和天皇が訪れることはなかった。

Untitled
 九份は1989年の映画「悲情城市」で有名になった場所。38年間の戒厳令が解除された直後、李登輝時代の映画。228事件についてもふれている内容の映画。九份を散策。狭い道の両側にびっしりと店が並んでいる。
Untitled


台北旅行記2日目(午後)

|

« 台北旅行記1日目(午後) | トップページ | 台北旅行記2日目(午後) »

旅行記 台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台北旅行記1日目(午後) | トップページ | 台北旅行記2日目(午後) »