« 城西館 日輪の間にて | トップページ | 登場時点から感じていたiモードの古さ »

2012.05.12

高知新聞の夕刊に、高知県FACEBOOK普及率の記事

高知新聞夕刊トップ記事は「フェイスブック本県浸透せず」だった。普及してないだろうなぁという実感は多少あったが、それよりも、夕刊とは言え、新聞の一面にこんな記事が載ることに、呆れてしまう。フェイスブックなんて、どうでもいいじゃないか!県民に知らせるべき、もっと大事な情報はなかったのだろうか。日本の新聞は国内情勢に偏向していると言われるが、高知の新聞は、県内情勢、しかも必要性の薄い県内情勢に偏向しているようだ。

高知のフェイスブック

|

« 城西館 日輪の間にて | トップページ | 登場時点から感じていたiモードの古さ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 城西館 日輪の間にて | トップページ | 登場時点から感じていたiモードの古さ »