« 熱海・東京 旅行記(2) 笠松はる ウェストサイド物語 | トップページ | 森下頭取を招いて研修会 »

2012.11.18

熱海・東京 旅行記(3) 皇居東御苑〜隅田川

2012年11月2日~11月4日 熱海・東京

天王洲アイルの東横インで朝食 by haruhiko_iyota
(天王洲アイルの東横インで朝食)
このホテルは1000室くらいある巨大ホテルなので、朝食は混みあう。

そこで、7時からの朝食を待たずに、6時半からの軽食(パンとコーヒーだけ)で我慢する。
さすがに7時前だと人は少ない。

天王洲アイルの東横イン外観 by haruhiko_iyota
(天王洲アイルの東横イン外観)
東横イン品川駅南口天王洲をチェックアウト。
今日はなかなかいい天気。
寒くは無い。

天王洲アイルのボードウォーク by haruhiko_iyota
(天王洲アイルのボードウォーク)
天王洲アイルのボードウォークを歩いて品川駅方面へ向かう。
この辺りの景色は、武井咲が主演の最近のドラマ「東京全力少女」に出てくる。
品川駅まではけっこう距離がある。

天王洲ふれあい橋 by haruhiko_iyota
(天王洲ふれあい橋)
歩行者用の天王洲ふれあい橋を渡る。
りっぱな鉄橋だ。

SONY本社ビル by haruhiko_iyota
(SONY本社ビル)
天王洲ふれあい橋から、巨大なソニー本社ビルが見える。
ソニーも業績が低迷している。
昔のようなソニーをもう一度見てみたいものだ。

高浜運河 by haruhiko_iyota
(高浜運河)
高浜運河沿いの遊歩道を品川駅方面へ向かう。
犬の散歩をしている人が多い。

JR品川駅 by haruhiko_iyota
(品川駅)
やっと品川駅が見えてきた。
東横インから15分くらいかかっただろうか。
日曜日の朝なので、駅からビジネス街のこちら側に出てくる人は少ない。

品川駅港南口に見える高層ビル アレア品川 by haruhiko_iyota
(品川駅港南口に見える高層ビル アレア品川)
品川駅港南口交番の後ろにきれいな高層ビルが見える。
あとで調べると、アレア品川(NTTデータ)という施設で、一階から三階まではショップフロアになっているようだ。

品川駅に到着 by haruhiko_iyota
(品川駅に到着)
品川駅に到着した。
東側の港南口から、コンコースを通って、西側の高輪口へ。
品川駅のコンコースは天井が高く、けっこう距離がある。

品川駅高輪口のロッカー by haruhiko_iyota
(品川駅高輪口のロッカー)
手荷物が重いので、品川駅高輪口改札を出た右側にコインロッカーに入れる。
帰りは、品川駅から京急で羽田へ出るつもり。

品川から山手線で東京駅に移動。
丸の内北口に出てみる。

東京駅丸の内北口 by haruhiko_iyota
(東京駅丸ノ内北口)
多くの人が、駅舎内で立ち止まって上を見上げている。
亥の干支を見つけ、写真を撮る。

写真では分かりにくいが、窓がある部分の下あたりに、網が張られていて、上からモノが落ちてこないようになっている。
内装が新し過ぎて趣きはない。

東京駅の外に出て、駅舎を見ていた。
北向きの駅舎なので、後ろの太陽がまぶしくてじっくり見ることができない。
駅舎を鑑賞するのは諦めて皇居方面へ移動する。

パレスホテル by haruhiko_iyota
(パレスホテル)
新しくなったパレスホテルが見えてきた。
きれいな建物だ。
一度はこういうホテルに泊まってみたい。

和田倉門跡から見るパレスホテル by haruhiko_iyota
(和田倉門跡から見るパレスホテル)
和田倉門跡が小さな公園になっている。
そこでちょっと休憩。
変わった形の噴水があり、その正面にパレスホテルが大きく見える。

皇居正面には何度も行くが、東御苑は入ったことがない。
一度は見ておこうと思い、やって来た。

皇居まわりは、日曜日ということも有り、ジョギングしている人が多い。

皇居東御苑 大手門 by haruhiko_iyota
(皇居東御苑 大手門)
大手門から皇居東御苑に入る。

皇居東御苑の入園券 by haruhiko_iyota
(皇居東御苑の入園券)
入園は無料だが、入口でこの入園券を渡される。
これで人の出入を管理しているようだ。

皇居東御苑の石垣 by haruhiko_iyota
(皇居東御苑の石垣)
入ってすぐに、こんな立派な石垣がある。
在りし日の江戸城の大きさを偲ばせる。

皇居東御苑 本丸 by haruhiko_iyota

石垣の間を進むと、広い芝生のスペースに、出る。
ここが本丸の跡地。

広い場所なので、東御苑の守衛は自転車で走り回っている。

江戸城天守台 by haruhiko_iyota
(江戸城天守台)
本丸跡の一番奥に、石垣がある。
これが、天守台。

江戸城天守閣があった場所だ。
石垣の高さはそれほど高いものではない。

スロープ状の歩道で、天守台の上まで、歩いて行ける。

松の廊下跡 by haruhiko_iyota
(松の廊下跡)
本丸跡をぐるっと一周する。
西側に、松の廊下跡。
今はこんな石碑があるだけ。

皇居東御苑の展望台から見える景色 by haruhiko_iyota
(皇居東御苑の展望台から見える景色)
皇居東御苑の展望台に上がってみる。
白鳥壕の向こうに、毎日新聞東京本社が見える。
(左右に幅の広い低層のビル)

汐見坂 by haruhiko_iyota
(汐見坂)
汐見坂を下って、二の丸庭園へ向かう。

二の丸庭園 by haruhiko_iyota
(二の丸庭園)
二の丸庭園もなかなか広い。
外人観光客が多く集まっていた。

庭園内に、都道府県の木が植えられている場所がある。
高知県はヤナセスギ。
歩道から離れていて見にくい場所に植えられている。

平川門 by haruhiko_iyota
(平川門)
皇居東御苑のけんがくを終え、入ってきた場所とは別の、平川門から外に出る。

東御苑を出て、日本橋方向へ歩いて行く。

日本銀行貨幣博物館 by haruhiko_iyota
(日本銀行貨幣博物館)
現在地の地図を見ると、すぐ近くに日本銀行旧館があるのに気づいた。
せっかくだからと見に行く。

日本銀行旧館 by haruhiko_iyota
(日本銀行休館)
日本銀行旧館は、確かに歴史を感じさせる重厚な建物だ。
上から見ると、建物が「円」の文字になっていると聞いたことがあるが、道路から見ると当然だがまったく分からない。

日本銀行の前に、「日本銀行貨幣博物館」がある。
見学無料なので入ってみる。

和同開珎から現在の貨幣まで、いろいろ展示されているので、おもしろかった。
小判と一分銀、小判のほうがかなり大きいが、実際には一分銀が4枚で小判1枚の価値。
つまり小判はかなり薄い、ということが良くわかる。

日本銀行中庭 by haruhiko_iyota
(日本銀行中庭)
日本銀行の見学は予約が必要だそうだが、中庭までなら予約なしで見学できると聞き、入ってみる。
中庭は割りと狭い。

三井本館 by haruhiko_iyota
(三井本館)
日本銀行のすぐ近くに三井本館の立派なビルが見える。
現在は三井住友銀行日本橋支店などが入っている。

80年ぐらい前に建てられたビル、ベネチア産の大理石が使用されているそうだ。

三井本館の銘板 by haruhiko_iyota
(三井本館の銘板)
写真は三井本館の壁に取り付けられている名盤。
現在、三井本館は重要文化財に指定されている。

機会があれば1度は、中へ入ってみたいものだ。

コレド室町で俺式ラーメン by haruhiko_iyota
(コレド室町)
三井本館の正面に、コレド室町がある。
存在は知っていたが、ここに入るのは初めて。

コレド室町で俺式ラーメン by haruhiko_iyota
(俺式ラーメン)
このビルに入っているテナントはほとんどが飲食店。
3階の土佐の男が作ったとんこつラーメン俺式でとんこつラーメンを食べる。

こってりした味ではないが、おいしく食べられる。
注文時に麺の固さを指定できる。
麺は細麺、私は太麺の方が好みなので、その点だけが残念だった。

コレド室町で俺式ラーメン by haruhiko_iyota
(にんべん日本橋本店)
一階、入り口のすぐ横に、にんべん日本橋本店がある。
私が行った時点では売り切れだったが、ランチタイムには100円のだし汁カップが販売されている。

隅田川テラス 遊歩道 by haruhiko_iyota
(隅田川テラス遊歩道)
昭和通りを横切って、隅田川方向へ歩く。

隅田川テラス by haruhiko_iyota

隅田川河畔にたどり着く。
上流に行くべきか、下流に行くべきか。

奥の方に見える橋は、首都高速6号が隅田川を渡る部分、この右が両国ジャンクション。
古河に住んでいた頃、首都高6号線はよく利用した。

隅田川を下流に by haruhiko_iyota
(隅田川を下流に)
あまり時間も無いので、隅田川を下流に向かって歩いてみる。
この選択が失敗であることにあとで気づくのだが・・・

向こうに見える東横インは「東横イン東京駅新大橋前」だろう。

隅田川テラス案内図 by haruhiko_iyota
(隅田川テラス案内図)
この地図の左下、浜町公園あたりから隅田川テラスを歩きはじめた。

清洲橋 by haruhiko_iyota
(清洲橋)
清洲橋のたもとを通過する。
昭和3年にできた、きれいなデザインの吊り橋。
清澄橋の向こう岸は清澄1丁目となる。

首都高速9号深川線の下を通り、さらに進む。
右側に門型の大きなビルが見えてくる。

リバーサイド読売ビル by haruhiko_iyota
(リバーサイド読売ビル)
これが「リバーサイド読売ビル」。
川岸にそびえていて、川風の影響を受けやすいので、このように真ん中に空気の通り道を作っているのだろう。

中央大橋の向こうに佃島の高層ビル by haruhiko_iyota
(中央大橋の向こうに佃島の高層ビル)
中央大橋の向こうに着く佃島の高層ビル群が見える。

中央大橋の橋脚 by haruhiko_iyota
(中央大橋の橋脚)

中央橋を佃島方向に渡ってみる。
三角形の橋脚からぶら下がるワイヤが特徴。

中央大橋から見る東京スカイツリー by haruhiko_iyota
(中央大橋から見る東京スカイツリー)
中央大橋から上流方向見ると、遠くに東京スカイツリーが見える。

佃大橋 by haruhiko_iyota
(佃大橋)
隅田川左岸を歩き、また橋を渡る。
これは佃大橋。

聖路加タワー by haruhiko_iyota
(聖路加タワー)
少し歩くと、高層ビル 聖路加タワーが見えてくる。
隅田川河畔から見ると余計巨大に見える。

聖路加タワー下から見る隅田川 by haruhiko_iyota
(聖路加タワー下から見る隅田川)
隅田川を下る観光船。
イベント開催中で無料で乗ることができるため満員。

勝鬨橋に到着 by haruhiko_iyota
(かちどき橋に到着)
今日の最終目的地、勝鬨橋が見えてきた。
勝鬨橋って、こういう形だったのかと改めて思う。
意外とスマートな印象だ。

勝鬨橋 by haruhiko_iyota
(かちどき橋)
夕暮れ時の勝鬨橋を見ながら、ベンチでしばらく休む。

晴海通りを銀座へ by haruhiko_iyota
(晴海通りを銀座へ)
勝鬨橋から、晴海通りを銀座方面へ向かって歩く。
ちょっと休憩しすぎて、時間おそくなった。

やっと銀座通り by haruhiko_iyota
(やっと銀座通り)
やっと和光ビル前まで辿り着く。
そのまま、まっすぐに有楽町方面へ向かう。
この辺りは、人通りが多くて思ったようなスピードで歩けない。

午後5時前、有楽町マリオン by haruhiko_iyota
(有楽町マリオン)
銀座から急ぎ足で有楽町へ歩いて行き、午後5時前やっと有楽町マリオンに到着した。
羽田発高知行のANA便は6時40分発なので、けっこうギリギリの時刻になってしまった。
有楽町から品川経由で羽田に急ぐ。

結局、羽田は3連休最後という事で、ものすごく混んでいて、途中かなり焦ったがなんとか間に合った。

<前

|

« 熱海・東京 旅行記(2) 笠松はる ウェストサイド物語 | トップページ | 森下頭取を招いて研修会 »

旅行記 東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱海・東京 旅行記(2) 笠松はる ウェストサイド物語 | トップページ | 森下頭取を招いて研修会 »