« 熱海・東京 旅行記(1) 大観荘泊 | トップページ | 熱海・東京 旅行記(3) 皇居東御苑〜隅田川 »

2012.11.10

熱海・東京 旅行記(2) 笠松はる ウェストサイド物語

2012年11月2日~11月4日 熱海・東京

熱海のアーケード by haruhiko_iyota
(熱海のアーケード)
来宮神社から歩いて、熱海駅へ向かう。
途中、平和通り名店街を通る。
ゆるい上り坂になっている。

熱海駅 by haruhiko_iyota
(熱海駅)
熱海駅に到着した。
自動販売機で新幹線ひかり号の指定席チケットを買う。
11時2分発のひかり460号
出発まで20分ほど時間があるので、コーラを買って、ホームのベンチですごす。

品川駅に到着 by haruhiko_iyota
(品川駅に到着)
約30分で品川駅に到着した。
品川駅の新幹線ホームに降り立つのも何年ぶりだろうか。
山手線に乗り換える。

浜松町駅に到着 by haruhiko_iyota
(浜松町駅に到着)
浜松町駅に到着した。

浜松町駅のコインロッカー by haruhiko_iyota
(浜松町駅のコインロッカ)
今晩の宿は、天王洲アイルの東横インをとっている。
帰り便利なこの駅のコインロッカーに手荷物を入れる。
これでずいぶん身軽になった。


文化放送ハピリー by haruhiko_iyota
(文化放送ハピリー)
浜松町駅から外に出る。
貿易センタービルで、文化放送の「玉川美沙ハピリー」という番組に関係したTシャツ販売をしていて、かなり多くの人が集まっていた。
右の女性が玉川美沙さん。
東京らしい風景だ。

文化放送 by haruhiko_iyota
(文化放送)
文化放送は、道路を挟んで、貿易センタービルのすぐ正面にある。
幅の狭いビルだ。
「文化放送、文化放送、JOQR」がこんなところにあるとは知らなかった。

愛宕山方面へ by haruhiko_iyota
(愛宕山方面へ)
浜松町から愛宕山方面に向かって歩く。
地下鉄御成門駅入り口の横を通過。
向こうに森ビルの高層ビル群が見える。
りっぱなビルだ。

愛宕グリーンヒルズ by haruhiko_iyota
(愛宕グリーンヒルズ)
歩道橋を渡ったところにあるビルにスターバックスを見つけ入ってみる。
きれいなビル。

スターバックスは意外なほど空いていた。
客はひと組いるだけ。

愛宕グリーンヒルズのスターバックス by haruhiko_iyota


(愛宕グリーンヒルズのスターバックス)
店員の女性に、ドリップコーヒーとポピーシード&クリームチーズパウンドを注文する。

すると「韓国人ですかぁ?」と聞かれた。
いいえ、と答えると、「お持ちになっているバッグが韓国で流行っているものに似ていたので、失礼しました」と言う。

話をしてみると、この女性は韓国から留学している大学生で、早稲田の3年生らしい。

スターバックス愛宕グリーンヒルズ店 by haruhiko_iyota
(スターバックス愛宕グリーンヒルズ店)
レシートを見ると「スターバックス愛宕グリーンヒルズ店」と書いてある。
祝日なので客がいないのかと思っていたが、しばらくすると、満席になった。

愛宕山周辺地図 by haruhiko_iyota
(愛宕山周辺地図)
スターバックス愛宕グリーンヒルズ店(MORIタワー)を出て、愛宕山方面へ向かう。

愛宕グリーンヒルズフォレストタワーの前に、愛宕山周辺の地図があったので見る。
愛宕神社前の信号を左に折れてみる。

愛宕山へ上がるエレベーター by haruhiko_iyota
(愛宕山へ上がるエレベーター)
突きあたりが愛宕トンネルで、その手前左側に、愛宕山に上がるエレベーターがあるのに気づいた。

このエレベーターで上に上がる。

愛宕山エレベーター出口 by haruhiko_iyota
(愛宕山エレベーター出口)
写真はエレベーターで上に上がったところ。
このエレベーター、1階と2階の表示しか無い。
しかし2階と言っても、普通のビルの6階くらいの高さまで上がる。

愛宕山には似つかわしくないような、モダンなエレベーターだった。


NHK放送博物館へ入る by haruhiko_iyota
(NHK放送博物館へ入る)
NHK発祥の地、愛宕山には、NHK包装博物館があるので、入ってみた。
ラジオ放送やテレビ放送がスタートした頃からの資料や機械類がいろいろと展示されている。

中に小ホールがあり、「小さな旅」の上映会をしていたので、しばらく見る。
この番組は「関東甲信越小さな旅」の頃にはよく見た。

大きな画面でテレビを見るというのは、なかなか微妙な体験。

イの文字を再現 by haruhiko_iyota
(イの文字を再現)
大正15年12月25日のテレビ実験放送として有名な「イ」の文字が丸いブラウン管に再現されている。

ひょっこりひょうたん島の人形 by haruhiko_iyota
(ひょっこりひょうたん島の人形)
ひょっこりひょうたん島で実際に使われていた人形を展示。
案外大きい。

この隣に、声優と人形が並んで写っている写真があった。
声優と人形の顔が非常に似ている。

高層ビルに囲まれたNHK放送博物館 by haruhiko_iyota
(高層ビルに囲まれたNHK放送博物館)
展示内容がけっこうおもしろかったので、2時間ぐらい見ていた。
外に出て、あらためて博物館を見返す。

愛宕山は山手線内標高最高地点らしいが、写真のように高層ビルに囲まれてしまっており、昔のような眺望は無い。

出世の石段 by haruhiko_iyota
(出世の石段)
NHK放送博物館を出て、すぐ隣の愛宕神社へ向かう。
途中、何も無い広場に、写真のコレがある。

NHKブラタモリでも取り上げられていたコレだが、こんな寂しそうな場所にぽつんとおかれていたんだ。

出世の石段を見下ろす by haruhiko_iyota
(出世の石段を見下ろす)
愛宕神社に、一応、参拝する。
小さな神社だが、横に大きめの池がある。

そして、今日の目的だった「出世の石段」を上から見下ろす。
確かに急な階段だが、思っていたほどには怖い感じではなく、手すりをつかまなくても降りられる程度だった。

愛宕神社 by haruhiko_iyota
(愛宕神社)
下から見上げると、鳥居と鳥居の間に急な石段があることがわかる。
次、訪れる機会があれば、下から上がってみたい。

2012年11月3日 熱海から東京へ

愛宕神社すぐ近くに建築中の高層ビル by haruhiko_iyota
(愛宕神社すぐ近くに建築中の高層ビル)
愛宕神社を出て、表通りを歩くと、すぐにこの工事中のビル前に出た。
新しい高層建築のビル。
4-5階あたりまでは、特殊な構造になっている。

このビルの前の通りも、地下工事をしている。
東京はいつ来ても工事中の街ばかりだ。

浜松町の四季劇場へ by haruhiko_iyota
(浜松町の四季劇場へ)
愛宕山から歩いて、有楽町へ出る。
そして山手線で有楽町から、浜松町へ。

浜松町の四季劇場 春・秋に到着した。
入口は同じだが、左側が秋、右側が春になっている。

四季劇場の前で開場を待つ by haruhiko_iyota
(四季劇場の前で開場を待つ)
5時の開場まで、まだ時間があった。
入口横のコーヒーショップに入ってみる。
店内も外の席も人がいっぱいで、コーヒーを立ったまま飲む。

入口付近では多くの人が、開場を待っている。

マリア役は笠松はる by haruhiko_iyota
(マリア役は笠松はる)
5時になってやっと開場。
左側の「秋」へ入場する。
演目は「ウェストサイド物語」。

右側の「春」では、同じ時間帯に「ライオンキング」をやっている。

ウェストサイド物語・シャーク団のマリア役は、私が好きな笠松はるさんだった。
笠松はるさんは、まぁ容姿は普通だが、声がさわやかでかわいらしい。

5時半から始まって、20分間の休憩を挟んで、8時半まで。
けっこう長い。

やはりおなじみの「Tonight」という曲を歌う個所がいちばんの見せどころだった。
笠松はるさんの歌声はすばらしい。

モノレールで天王洲アイルへ by haruhiko_iyota
(モノレールで天王洲アイルへ)
ミュージカルが終わり、浜松町駅へ戻る。
コインロッカーの荷物を取り、モノレールに乗る。

天王洲アイルに到着 by haruhiko_iyota
(天王洲アイルに到着)
浜松町駅から1駅で天王洲アイルに到着。
今晩の宿は、東横イン品川駅港南口天王洲。

ホテルに入る前に、駅前のコンビニ・ファミマ天王洲ファーストタワー店で買い物。
出てきたところで、若い男性に、「東横インはどこですか?」ときかれた。

私も今から行くのでいっしょにどうぞと、ホテルまで歩いてきた。
彼は関西の人だが、明日は1日中、展示会があるため、今晩はここに泊まるそうだ。

※関連投稿:大阪四季劇場で「オペラ座の怪人」笠松はる良かった。

<前  次>

|

« 熱海・東京 旅行記(1) 大観荘泊 | トップページ | 熱海・東京 旅行記(3) 皇居東御苑〜隅田川 »

旅行記 東京」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱海・東京 旅行記(1) 大観荘泊 | トップページ | 熱海・東京 旅行記(3) 皇居東御苑〜隅田川 »