« 80PLUS BRONZE認証の電源とZ9 PLUSを手配 | トップページ | コンビニの買い物とホームセンターの買い物 »

2013.04.03

ホンダアクティのバッテリー上がり

会社の営業車ホンダアクティ、久しぶりに乗ろうとするとエンジンがかからない。そういえば、このクルマにはタイ行きの前から乗ってないので、1ヶ月近くエンジンをかけていなかった。何回かトライしてみたが、ダメ。仕方ないので、自家用車(ホンダインサイト)を寄せてきて、バッテリー同士をつなぐことにした。

ホンダアクティーのエンジンは、車体中央にあるが、バッテリーはフロント側にある。まずは、ボンネットというほどのものでもないフロントの小さい覆いを上げる。すぐに見えるのは、ウオッシャー液タンクで、そのずっと下の方にバッテリーがある。

Battery

ウオッシャータンクを隙間から引っ張り上げて上にはずし左にずらす。そうすると、下のバッテリにさわれるようになる。ケーブルでバッテリー通しをつなぎ、スイッチオン。軽自動車ということもありエンジンはすんなりかかった。しばらく、アイドリング状態で充電してみた。

後日、またバッテリー上がりになるようだと、バッテリー自体の問題なので、交換しなければならない。最近、営業車にはあまり乗っていないので距離は伸びてない。しかし、考えてみれば17年登録車なので、もう8年目。バッテリーを換えた記憶がなく、交換になっても当然だろうとは思う。

|

« 80PLUS BRONZE認証の電源とZ9 PLUSを手配 | トップページ | コンビニの買い物とホームセンターの買い物 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 80PLUS BRONZE認証の電源とZ9 PLUSを手配 | トップページ | コンビニの買い物とホームセンターの買い物 »