« 夕方、会社近くを散策 | トップページ | 平凡な土日が終わる »

2013.07.27

スペインの列車事故

24日スペインで起きた列車脱線、13日のパリ近郊での脱線もあったので、海外での事故とはいえ、こういう事はわりと起こるものなんだという事実を見せつけられたようでショックを受けた。
脱線した高速列車アルビアは、サンティアゴ デ コンポステラ行き。映画 サンジヤックへの道の色々なシーンを思い出す。
従来マドリッドからサンティアゴ デ コンポステラまで8時間以上かかっていたのが、アルビアによって6時間程度に短縮されたらしい。
ヨーロッパの時間地図をみると、20年前と比べて、時間距離が大幅に短縮されている事がわかる。半分くらいになっている路線も多い。
時間短縮やインターネットでチケットが買えることから、旅行客にとっても鉄道が身近なものになっているだけに、他人事とは思えない事故ですね。

1374882689418.jpg

|

« 夕方、会社近くを散策 | トップページ | 平凡な土日が終わる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕方、会社近くを散策 | トップページ | 平凡な土日が終わる »