« よさこいの夏が過ぎ去っていく | トップページ | 高知空港から東京へ(2013/8/13) »

2013.08.12

1985年(昭和60年)8月12日18時56分

 あれから28年が過ぎました。
 日航機123便が行方不明になったというニュース速報を見たのは、その当時住んでいた西荻の寮の部屋で、確か7時半頃でした。第一報では、行方不明という表現だったので、すぐには墜落とは理解できませんでした。しかし時間が経つにつれ、これは墜落だなぁという思いが膨らんできました。

 飛行機事故はある確率では起こるものとわかってはいますが、その対象が東京-大阪間を飛ぶジャンボ旅客機ということで、ニュースで行方不明だと言っている段階から、その結果がどれほどの惨事であるか、皆、理解していたのでしょう。その夜はしばらくテレビで報道を見ていましたが、なかなか具体的な情報が出てこなかったことが印象に残っています。
 もう少し早く、救出活動が行われていたら・・・という思いは残ります。

|

« よさこいの夏が過ぎ去っていく | トップページ | 高知空港から東京へ(2013/8/13) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よさこいの夏が過ぎ去っていく | トップページ | 高知空港から東京へ(2013/8/13) »