« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の27件の投稿

2013.08.31

2013年8月まとめ

 とても暑かった8月も今日で終わり。お盆休みは例年通り3日間だけ。それでも、旅行に出かけると非日常となり、ちょっと休んだ気になります。まぁ、休むと言うよりリフレッシュです。
 8月は終わってみれば、全体的にはヒマだったことに気づく。9月になれば、季節も変わってくるので、もう少し忙しくなるでしょうか。
 8月は小ネタがおもしろいと評判のNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」をけっこう真剣に見ていた。いよいよ終盤ですね。

夏祭り
 今晩は高知市花火大会
 週末は、よさこい祭り
 よさこいの夏が過ぎ去っていく

旅行記
 高知空港から東京へ(2013/8/13)
 湘南モノレールで江ノ島へ(2013/8/13)
 江ノ島で修行(2013/8/13)
 東京タワーの夜景を見に行ったのだが(2013/08/13)
 オリエンタルホテル東京ベイ「2階 コインランドリーの使い方」(2013/8/14)
 四季劇場「秋」のC席で、劇団四季「夢から醒めた夢」を鑑賞(2013/8/14)
 秋葉原駅からニコライ堂、書泉グランデへ(2013/8/14)
 コニカミノルタプラネタリウムで銀河鉄道の夜(2013/8/15)

コンサート
 中島美嘉コンサートへ 高知県立県民文化ホール(2013/08/18)

| | コメント (0)

2013.08.30

台湾 基本情報 覚え書き

正式名:中華民国
首都:台北
面積:約3万6000平方km(九州とほぼ同じ面積)
人口:約2300万人
言語:中国語、台湾語、客家語、台湾原住民語
通貨:台湾元(1台湾元 = 3.27円)
民族:漢民族、原住民
宗教:仏教、道教、儒教、キリスト教など
時差:1時間(日本より1時間遅れ)
元首:馬英九(中国国民党 2期目)

国際空港:台湾桃園国際空港、台北松山空港

桃園空港ATM
第二ターミナル 1階到着ロビー 左側、トイレの手前

桃園空港SIM
到着ロビーを出て左に「中華電信 Chunghwa Telecom」「台灣大哥大 Taiwan Mobile」「遠傳電信 Far Eastone」の3社が並ぶ
3日型(完整72小時無限連續使用) 250元

桃園空港第二ターミナルビル地階フードコート
台湾小吃:酸辣湯(スワンラータン)酸味豊かな辛味のあるスープ
度小月:擔仔麺(ターアーミー)小麦粉のストレート麺、エビをベースとしたスープとこだわりの肉ソース

桃園空港第二ターミナルプライオティパスラウンジ:
More Premium Lounge,Max 3hours,Air side level4 エスカレーターで4階へ
After Immigration proceed upstairs and turn right. Follow signs 'Business Center'.

桃園空港から台北
空港バス:國光(グオグァン)客運、長栄(チャンロン)巴士、飛狗(フェイゴウ)巴士、大有(ダーヨウ)巴士
片道100〜150元

台北駅から金山站(金山郵局):バス1815 約1時間
台北駅から淡水:MRT淡水線 所要約40分、50元
淡水から金山站(金山青年活動中心の1つ手前):バス、所要1時間、107元
金山:鄧麗君紀念墓園

猫空ゴンドラ:MRT動物園駅から徒歩約3分、50元、悠遊カード利用可能

中正記念堂:初代総統である蒋介石を顕彰し1980年に竣工。MRT中正紀念堂駅すぐ、9-18時。

総統府:中華民国の元首である総統の官邸、土日休業。中正記念堂から歩いて10分

司法院:台湾の最高司法機関。総督府の前。

台北101:
高さ509.2mで、地上101階、地下5階。500元、音声ガイド付き。91階スカイデッキ。MRT市政府駅から徒歩約15分(無料の送迎も)

西門紅樓(シーメンホンロウ):
西門紅樓は赤レンガ造り、八角形をした2階建て洋風建築で、日本統治時代の初期(1908年)に近藤十郎の設計。MRT西門町駅から徒歩約1分

世博台灣館&環球新竹世博店:
2010年の上海万博で公開された台湾館を新竹へ移設、ショッピングモールが併設する施設としてオープン、250元。
高鐵新竹駅からタクシーで約20分

明月湯包:小籠包と焼き餃子 台北101から15分 MRT六張犁駅から

| | コメント (0)

2013.08.28

アワーズイン阪急を予約してみた

 朝晩、涼しくなってきた。11月くらいまでは日に日に過ごしやすい気候に変わっていく。

 10月にはまた東京へ出かける。前回は航空券と宿泊のセットを利用して、赤坂アビーに泊まったが、今回は、シンプルに「アワーズイン阪急」を予約してみた。
 アワーズイン阪急は、大井町駅前に2011年3月に開業した客室数1100のビジネスホテル。シンプルなサービスと低価格を売りにしたホテルだ。
 部屋にバスタブは無くシャワーのみ、歯ブラシなどのアメニティ類も省略し、価格をおさえている。立地もそこそこ良くて、泊まるだけならこれで充分だろう。

Img

| | コメント (2)

2013.08.26

コニカミノルタプラネタリウムで銀河鉄道の夜(2013/8/15)

 3日目の今日は新浦安駅からソラマチに向かう。まずは京葉線で八丁堀へ、ここで営団地下鉄日比谷線に乗り換え人形町へ。さらに都営浅草線に乗り換え押上駅で降りる。
 人形町での乗り換えはいったん外に出る必要があった。営団地下鉄と都営地下鉄が統合されれば、ずいぶん便利になるだが、なかなか実現されない。

 押上駅は地下駅。出口近くのコインロッカーに荷物を預け、ソラマチを見て回る。ソラマチに来るのは二回目で、それほど目新しさはないが、人の多さに圧倒された。前回は平日、今回はお盆休みなので、人出が違っても当然だろう。

 コニカミノルタのプラネタリウムに入る。プラネタリウムと言っても、今風なアレンジがしてあって、選んだのは「銀河鉄道の夜」。約40分間の上映で、リクライニングチェアに座って、ゆっくり鑑賞できた。

コニカミノルタプラネタリウム by haruhiko_iyota
(コニカミノルタプラネタリウム )

 この後、押上駅から浅草駅に移動。江ノ島での修行のせいで、脚が痛くなってきた。特に階段の下りがダメ。下りはエスカレーターも少ないので移動に苦労する。
 浅草に着くと、もう昼近くになっていたので、近くのそば処「丸屋」に入り昼食とする。

 食後、浅草寺に。浅草寺の仲見世はいつものようににぎわっている。ただ、寺に向かって右側は日差しが入り暑い。ほとんどの人は左側を歩いているので、余計に混み合って、歩みが遅くなっていた。
 やっと本堂にたどり着く。賽銭箱に100円入れ参拝する。御利益があるだろうか。とりあえず、家族が健康で、帰りの飛行機が落ちないことをお願いしておく。

ふなっしー by haruhiko_iyota
(ふなっしー )

 浅草から、また東京スカイツリーに戻る。往路は地下鉄だったが、階段が嫌だったので帰りは東武線で浅草駅からとうきょうスカイツリー駅に。
 もう一度、ソラマチに入りおみやげなど買う。人が多くておみやげを買うのも一苦労だった。

羽田空港 第二ターミナル by haruhiko_iyota
(羽田空港 第二ターミナル )

 帰りは、押上駅から京急線直通の羽田空港行きに乗る。浅草から乗り換え無しに羽田まで出られるので便利。

 羽田空港は案外空いていた。出発まで2時間くらい余裕があったので、検査場がD近くのエレベーターを上がったところにあるフードコート(UPPER DECK TOKYO)で食事をすることに。こんなところにフードコートがあるとは知らなかった。2010年の第二ターミナル拡張工事で新たにできた施設らしい。価格は高めだが、空港内を見下ろせる席は気分が良い。
 注文したのはベトナムチョのベトナム料理「フォーの豚肉入り」。トッピングにパクチーや香辛料などいろいろ入れる。激辛になってしまったが、旨い。

 高知空港までのANA便は、搭乗者がかなり少なめ。半分も埋まっていなかったのではないか。ゆったりした空の旅でした。

豚肉入りフォー by haruhiko_iyota
(豚肉入りフォー )

出発ロビーを見下ろす席 by haruhiko_iyota
(出発ロビーを見下ろす席 )

| | コメント (0)

2013.08.25

金高堂 朝倉ブックセンター 営業時間

 金高堂朝倉ブックセンターで一時間くらい過ごす。冷房が効いていて、ゆったりと過ごせる。
 買った本は二冊。「週末アジアでちょっと幸せ」下川裕治著、「人類資金1」福井晴敏。人類資金は昨日映画館で予告を見たせいで、つい買ってしまった。

 金高堂朝倉ブックセンターは9月から営業時間が変わり、朝9時から夜9時までになる。

金高堂 朝倉ブックセンター 営業時間 by haruhiko_iyota
(金高堂 朝倉ブックセンター 営業時間 )

| | コメント (0)

2013.08.24

台湾観光協会から悠遊カードが届く

 台湾観光協会大阪事務所にFaxで申し込んであった悠遊カードが届いた。悠遊カードは台北のMRT やバスで使える非接触型ICカード、MRTは二割引き、乗り継ぎ6元引きとなる。

 現地で買うとデポジットを含めて500元かかるが、これを持っていれば、駅やセブンイレブンやファミリーマートでチャージするだけで使える。コンビニでの買い物にも使えるようなので、チャージ分が余っても買い物で使い切ることができるだろう。

 添付の説明書には、このカードがスペシャルバージョンであると記載されている。要するに、デポジットが含まれていない特別バージョンです、と念押ししているですね。

台北観光協会から悠遊カードが届く by haruhiko_iyota
(台北観光協会から悠遊カードが届く )

| | コメント (0)

秋葉原駅からニコライ堂、書泉グランデへ(2013/8/14)

 四季劇場でミュージカルを見たあとは、秋葉原へ向かう。目的地は秋葉原ではなくて、駅から歩いて行ける淡路町あたり。
 秋葉原駅の降りるのは久しぶり、かなり印象が変わっている。お昼を食べていなかったので、駅構内のCafe Wheel Barでサルサセットを注文する。微妙な時間帯なので客は少なめだが、それなりにいる。秋葉原という立地のせいか妙に落ち着く。
 電気街口から駅を出る。広場横にAKB48 CAFE&SHOPがあり、賑わっていた。アジアからの観光客も多そう。しばらく、駅前の雰囲気を味わったあと、淡路町方面へ歩く。

Cafe Wheel Bar by haruhiko_iyota
(Cafe Wheel Bar )

AKB48 Cafe & Shop by haruhiko_iyota
(AKB48 Cafe & Shop )

 ワテラスモールと、その隣の御茶ノ水ソラシティを見て回る。秋原駅から歩いても10分かからないぐらいの距離にある。今年開業の施設なので、当然、きれい。ただ、もっと多くの人出を予想していたのだが、人はほとんどいなかった。平日賑わうビジネス街ということだろうか。もう少し混雑している場所だと総想像していたので、意外な印象だった。

ワテラス cafe 104.5 by haruhiko_iyota
(ワテラス cafe 104.5 )

ソラシティ by haruhiko_iyota
(ソラシティ )

 あまり見るものがなく、どうしようかなぁと考えていると、広場の向こうにニコライ堂が見えた。名前は知ってても、いままで見る機会はなかったので歩いていく。ニコライ堂は、本郷通りを渡った場所にある。正式名称は「東京復活大聖堂」といい、建物の設計はロシア工科大学教授シチュールポツ博士、工事監督は有名な英国人コンドル博士です。明治24年完成。
 ビザンチン様式の立派な建物ですね。中に入ってみたかったが、時間が遅かったので見学時間は終わっていた。またの機会にということ。

ソラシティから見るニコライ堂 by haruhiko_iyota
(ソラシティから見るニコライ堂 )

ニコライ堂 by haruhiko_iyota
(ニコライ堂 )

敷地内から見るニコライ堂 by haruhiko_iyota
(敷地内から見るニコライ堂 )

東京復活聖堂の説明 by haruhiko_iyota
(東京復活聖堂の説明 )

 御茶ノ水駅周辺を少し散策する。まずは聖橋の上から、御茶ノ水駅を眺める。跨線橋のかまぼこ型の屋根が味わい深い。
 さらに歩いて、明治大学の前に来ると、応援団らしき団体が男女合わせて25人程度集まっていた。皆、大きなスーツケースを持っている。海外研修旅行から帰ってきたのだろうか。別れを惜しんでいるような雰囲気で、何をするでもなく、佇んでいた。こういうのを端で見ていると、学生っていいなぁ、と思ってしまう。

御茶ノ水駅の跨線橋 by haruhiko_iyota
(聖橋から見る御茶ノ水駅の跨線橋 )

明治大学リバティータワー前 by haruhiko_iyota
(明治大学リバティータワー前 のベンチ)

 御茶ノ水から神保町へさらに歩く。書泉グランデが見えたので、入ってみる。中はちょっと狭い。有名書店だが時代の流れだろうか、書店というものに、ワクワク感がなくなってしまったのは。ウイキで調べると、2011年にアニメイトに買収され、子会社になっている。
 書泉グランデの入口近くで目についた本「週末台湾でちょっと一息」下川裕治著 を買う。近くのスターバックス神保町一丁目店に入り、3階の席でこの本を読む。旅行先で本をのんびり読むというのも、それはそれでいいものです。

書泉グランデ by haruhiko_iyota
(夜の書泉グランデ )

| | コメント (0)

2013.08.22

Xperia tipo DualのSIMを、DTIのLTE対応新SIMに変更

 DTIに申し込んであったLTE/3G対応の新SIMが届いたので、Xperia tipo dualのSIMを入れ替えた。今回の変更では、SIMサイズの選択も可能だったので、標準SIMからマイクロSIMにサイズ変更してみた。

 まずは、Xperia tipo dualの裏蓋を取り外し、さらにバッテリーを外す。2つあるSIMスロットのうち、下の1番を使っているので、旧SIMを引っ張り出す。次に、アダプターに新SIMを入れて、標準サイズに変換した上、SIMスロット1に挿入する。
 これで電源をオンにすると、電波表示は3本立つのだが、データ通信はできません。APN設定が変わっているので、設定変更を行う。

DTI new SIM by haruhiko_iyota
(DTI new SIM )

 設定⇒ その他⇒ モバイルネットワークUSIMの選択⇒ SIM1⇒ アクセスポイント名と進み、SIM1を選ぶ。
 APN: dream.jp
 ユーザー名:user@dream.jp
 パスワード:dti
 認証タイプ:CHAPまたはPAP

 以上の設定を済ませると、データ通信が可能になった。Xperia tipo dualは、そもそもLTE対応ではないので、実質的には何も変わらないが、将来、端末をLTE対応品に変えた場合は、役に立つかもしれない。

| | コメント (0)

2013.08.21

四季劇場「秋」のC席で、劇団四季「夢から醒めた夢」を鑑賞(2013/8/14)

 浜松町に四季劇場「秋」到着した。午後1時半から「夢から醒めた夢」の公演。「夢から醒めた夢」は、2003年 大阪MBS劇場での公演以来2回目、10年ぶりということになる。夏休み中ということもあって外で待っている客には子供が多い。あしながおじさん?が外を歩いていた。

浜松町 四季劇場 by haruhiko_iyota
(浜松町 四季劇場 )

 1時になって入場。今回はチケットレスサービスを選択したので、iPhoneの画面を受付の機械にかざすだけ。
 配役表を見ると、主役ピコは岡村美南さん。席は、いつものC席で、2階 8列 21番。後ろから2列目、中央列の右端から2番目。専用劇場なら、このような後ろの席でも、充分に鑑賞できるので、低価格なC席を選んでいる。

指定席 by haruhiko_iyota
(指定席 )

 「夢から醒めた夢」はCDも持っており、何回も曲を聴いているので、全曲よく覚えている。今回の主役、岡村美南さんは、歌声が高音域の透明感には劣るものの、笑顔とのびやかな演技が印象に残った。

 公演最後の挨拶は、「それでは皆さん、ロビーでお待ちしています~」で終わった。役者は皆ステージから、そのまま降りて客席の間を通って移動。ふだんと違う終わり方で驚いた。お盆休み限定の特別サービスだろうか。
 下へ降りると、役者達がならんでお客一人ひとりに挨拶をしていた。私はさすがに握手はしなかったが、ファンにとっては想い出に残る公演になったことだろう。

マコとお母さん by haruhiko_iyota
(マコとお母さん )

ピコ役の岡村美南さん by haruhiko_iyota
(ピコ役の岡村美南さん )

| | コメント (0)

2013.08.20

オリエンタルホテル東京ベイ「2階 コインランドリーの使い方」(2013/8/14)

 オリエンタルホテル東京ベイで朝をむかえる。ものすごく疲れていたので、ぐっすり眠れた。クーラーが効いていたせいもある。

 朝食後、どうしてもやらないといけない仕事があった。前日、炎天下、江ノ島を歩き回ったせいで、服が汗でびっしょりとなった。今日の分はだいじょうぶだが、明日着ていく服がないので、まずは洗濯。

コインランドリーコーナー by haruhiko_iyota
(コインランドリーコーナー )

 2階フロアーの喫煙コーナーの横にコインランドリーがある。洗濯機が4台、その上に乾燥機が4台設置されていた。1台がやっとあいたので、洗濯物を入れる。洗剤自動投入式で、8kg対応、料金は500円。

 コインは100円玉しか対応していないので、フロントで両替する。ドアをしっかりしめ、コインを入れて、スタートボタンを押すと洗濯がスタートする。料金が表示されていたディスプレイは時間表示と兼用になっているため、スタート後は洗濯終了までの残り時間表示となる。

洗濯機と乾燥機が4セット by haruhiko_iyota
(洗濯機と乾燥機が4セット )

 洗濯完了まで30分程度かかるので、その間、ホテルのまわりを歩いてみる。すぐ近くにアトレというショッピングモールがあるが、まだ開店前で入れない。アトレのぐるっと回るように歩く。しばらく歩いてホテルに戻ってくると、洗濯完了まで残り10分くらいだった。近くのベンチに腰をかけて待つ。

下が洗濯機、上が乾燥機 by haruhiko_iyota
(下が洗濯機、上が乾燥機 )

 洗濯が終わると、次に乾燥。洗濯物を取りだし、上にある乾燥機に入れる。乾燥機は10分で100円。まずは10分間、乾燥させてみたが、ほとんど乾いていない。もう、100円投入して、さらに10分乾燥させる。

 ふだん乾燥機など使わないので、洗濯物が何分くらいで乾くのかが分からない。あとは、ホテルの部屋に置いておけば、自然乾燥できるだろうと読んで、乾燥機から洗濯物を取り出し、部屋に戻る。本格的に乾かすなら、30分以上は乾燥機を回さないといけないのだろう。
 結局、洗濯作業だけで1時間近くかかってしまった。

| | コメント (0)

2013.08.19

東京タワーの夜景を見に行ったのだが(2013/08/13)

 東京駅では、キャラクターズショップや丸の内駅舎、KITTEなど、お上りさんコースを辿ります。夕方近くだとKITTEの屋上はちょうど日影になり、風も通って気持ちの良いスペースとなり、しばらくそこで休んだ。
 次に東京駅から有楽町へ移動しました。駅前のマルイやマツモトキヨシでいろいろ買い物を済ます。しかし、ここで時間がかかった事が、この後、残念な結果につながるとは、この時は知る由もありません。

KITTEから見る駅舎 by haruhiko_iyota
(KITTEから見る駅舎 )

KITTEから見る東京駅構内 by haruhiko_iyota
(KITTEから見る東京駅構内 )

はとバス by haruhiko_iyota
(はとバス )

 東京タワーの夜景をみようという事で、GoogleMAPで調べたところ、日比谷線銀座駅から神谷町へ行き、その辺りから見れば割合大きく夜景が見られそう分かる。神谷町に着き、周りを見回すと、ライトアップされた東京タワーの先っぽが見えた。きれい!
 もう少し先まで行けば、東京タワーの全景が見られると、喜んで歩く。5分以上あるいただろうか、ちょうど大きな交差点のかどまで近づき、いよいよそこに着けば、ライトアップされた綺麗な東京タワーが見られると期待が最高潮に高まった後、交差点で左に振り向くと、そこには東京タワーが無かった。正確に言えば、ライトアップが終わっていた。

 時刻はまだ20時頃で、通常であれば、当然ライトアップが行われている時間だった。ところが、ネットで改めて調べてみると、今日13日のちょうど20時〜22時の時間帯だけがライトアップを止める時間になっていた。ショックで疲れがどっと出てきた。

ライトアップされてない東京タワー by haruhiko_iyota
(ライトアップされてない東京タワー )

 仕方なく大門駅方向へ歩く。そろそろ夕食をということで入ったのが「寿々木」という居酒屋。入ってみると、当然だが、タバコの煙が広がっている。いやだなぁと思い、帰ろうというそぶりを見せると、奥の席ならタバコの煙も気にならないはずと案内された。あまり期待せずに入った店だが、注文した料理はいずれもおいしく、満足できました。オリエンタルホテル東京ベイ泊。

| | コメント (0)

2013.08.18

中島美嘉コンサートへ 高知県立県民文化ホール(2013/08/18)

 すっかり忘れていた。今日は中島美嘉コンサートの日だった。iPhoneのカレンダーを見て思い出した。夕方6時開場ということで、6時前に自宅を出る。
 開場に着くと、開場を待っている客の多さに驚いた。入口に長い列ができている。当然、指定席なので早く入ろうが遅くなろうが関係ないが、皆並んでいる。仕方なく列の最後尾近くに並び、入場する。
 席は、2階5列49番。これは2階5列目の右端になる。端っこで音響的には損だが、右側に人がいないので、気がラクかもしれない。

県民文化ホール by haruhiko_iyota
(県民文化ホール )

オレンジホール by haruhiko_iyota
(オレンジホール )

中島美嘉コンサート会場入口 by haruhiko_iyota
(中島美嘉コンサート会場入口 )

 コンサートがスタートすると1曲めから一階席は総立ちに近い状態、二階席も一部の人は最初から立ってしまう。その後、10曲目ぐらいまでは、トークがないまま、この状態が続く。中島美嘉ってロック歌手だったっけ?という雰囲気で、やや圧倒された。
 その後、数曲バラードがあったあと、やっとトークタイムとなった。トークと言っても、本人がしゃべるというより、開場のお客さんが中島美嘉にしゃべりかけて、それに答えるというパターン。歌とトークの感じがまったく違っていて面白い。

 中島美嘉の歌うスタイルは相変わらずの前かがみで変わっていない。ほとんど腰を折って歌うシーンもあり、独特なスタイルは健在。
 選曲について、こんな真夏なので「雪の華」は聴けないだろうなぁと思っていが、ラスト前に聴けた。これで満足。
 アンコールは2曲。中島美嘉は、Tシャツに、はだしという軽快な格好で登場。1曲は新曲で「僕が死のうと思ったのは」という秋田ひろむ作詞作曲の歌。2曲め、曲名は忘れたが、よく知っている曲。観客とのやりとりが面白くて結構楽しめたコンサートでした。

中島美嘉 LIVE IS REAL 2013 by haruhiko_iyota
(中島美嘉 LIVE IS REAL 2013 )

| | コメント (0)

2013.08.17

江ノ島で修行(2013/8/13)

 江ノ島は約30年ぶり。エスカーに乗り、島内をざっと見て回ります。島内の道は当然ですがアップダウンが激しくて、日射しもとてもきつくて、修行をしているような感じでした。よくばって岩屋洞窟まで行ったのでとても疲れてしまいました。
 岩屋の内部は、一部天井が低い部分があり、そこをローソクの燭台を持って歩いて行くのがちょっと雰囲気があっていいのですが、まぁ、たいしたことはありません。龍河洞の方がはるかに洞窟らしくていいですね。

江ノ島エスカー利用券売場 by haruhiko_iyota
(江ノ島エスカー利用券売場 )

 真夏にこういう場所に来るのはなかなかたいへんな事ですね。洞窟自体はややひんやりして落ち着くのですが、帰り道の階段がきびしい。階段途中の店「海花亭」で昼食とする。江ノ島ビールと江ノ島丼を注文する。

江ノ島展望灯台 by haruhiko_iyota
(江ノ島展望灯台 )

展望台からの景色 by haruhiko_iyota
(展望台からの景色 )

 弁天橋のたもとでは、横断歩道を水着の男女が当たり前のように歩いているのが妙に気恥ずかしく、見てはいけないものを見ているような変な感じです。

 江ノ島水族館は前までは行きましたが、あまりに疲れていたので入らず、そこから1番近い小田急線片瀬江ノ島駅から藤沢へ向かいました。
 藤沢からは東海道線で東京駅まで向かいます。1時間弱かかる。睡眠しながらの移動。

岩屋橋 by haruhiko_iyota
(岩屋橋 )

岩屋入口 by haruhiko_iyota
(岩屋入口 )

江ノ島ビール by haruhiko_iyota
(江ノ島ビール )

江ノ島丼 by haruhiko_iyota
(江ノ島丼 )

| | コメント (0)

2013.08.16

湘南モノレールで江ノ島へ(2013/8/13)

 羽田には予定より少し早く到着。モノレールで浜松町へ出ます。浜松町駅のコインロッカーに重い荷物は預け、まずは品川駅へ移動。10:12品川発、熱海行きの東海道線に乗る。
 当初は、藤沢から江ノ電を使って、江ノ島へ行く予定だったが、グーグルマップで経路検索すると、湘南モノレールを利用する経路が検索された。こちらの方がおもしろそうだということで、このルートで江ノ島へ行くことに。

 東海道線を大船で降りて、少し休憩という感じで、駅のスターバックスへ入る。席がいっぱいだったが、店員さんが場所をあけてくれました。スタバのおねえさん、ありがとう!

湘南モノレール by haruhiko_iyota
(湘南モノレール )

 大船からは湘南モノレールに乗る。始めて乗ったが、遊園地の乗り物のような乗り心地で楽しめます。北鎌倉の高級そうな住宅街をアップダウンしながら駆け抜けていきます。

 終点の湘南江ノ島駅で下車し、江ノ島に向けて、両側に土産物屋が並ぶ狭い道を歩きます。さすがに真夏、なかなか暑くてすぐに汗が吹き出してきました。

湘南江ノ島駅 by haruhiko_iyota
(湘南江の島駅 )

| | コメント (0)

2013.08.15

高知空港から東京へ(2013/8/13)

 6時15分頃、自宅を出発する。7時35分高知発、ANA便で東京へ向かいます。一便に乗るのは久しぶり。
 高知空港でO君に声を掛けられる。彼は、羽田、成田、バンコクを経由し、バンコクで一泊したあとミャンマーへ向かうとの事。友達がミャンマーで暮らしていて、向こうで落ち会うそうです。いいですね。

 写真の左側が今日乗るANA562便東京行き。右側にはJALの東京便が見える。どちらもほぼ同じ時刻に飛び立ちます。

高知空港 by haruhiko_iyota
(高知空港 )

 今日の一便はふだんと違ってのんびりした雰囲気。搭乗者も少なめ。女性や子供が目立つ機内です。お盆時期なので、さぞかし混み合ってるかと思ったのですが、そうでもない。
 雲が多く、富士山は頭の先がちょっと見えるくらい。天気はいいのですが、積乱雲が多くて景色は楽しめないフライトでした。

| | コメント (0)

2013.08.12

1985年(昭和60年)8月12日18時56分

 あれから28年が過ぎました。
 日航機123便が行方不明になったというニュース速報を見たのは、その当時住んでいた西荻の寮の部屋で、確か7時半頃でした。第一報では、行方不明という表現だったので、すぐには墜落とは理解できませんでした。しかし時間が経つにつれ、これは墜落だなぁという思いが膨らんできました。

 飛行機事故はある確率では起こるものとわかってはいますが、その対象が東京-大阪間を飛ぶジャンボ旅客機ということで、ニュースで行方不明だと言っている段階から、その結果がどれほどの惨事であるか、皆、理解していたのでしょう。その夜はしばらくテレビで報道を見ていましたが、なかなか具体的な情報が出てこなかったことが印象に残っています。
 もう少し早く、救出活動が行われていたら・・・という思いは残ります。

| | コメント (0)

2013.08.11

よさこいの夏が過ぎ去っていく

 昨日に引き続き、今日も暑い一日だった。踊り子さん達はほんとにエライ。この暑さの中で踊り、この暑さの中で待機する。今年のように暑いと、体にはかなり悪いんじゃないかと思う。
 少し外に出ると汗びっしょりになる天気なので、踊りを見るのは少しだけ。それでも着替えが必要なくらい汗が出る。
 夕方、はりまや橋商店街へ飲みに行く。はりまや橋アーケードは狭いので、踊り子にぶつかりそうな距離感だし、音がこもり大音響となり、なかなか迫力ある。
 帰りは話ししながら、ぶらぶら歩いて帰ってきた。街はよさこいの時期独特の雰囲気で心地よい。よさこい祭りが終われば、お盆を待たずに高知の夏は終わる。そんな気がする。

セントラルグループ踊り子隊 by haruhiko_iyota
(セントラルグループ踊り子隊 )

よさこい大賞は「ほにや」 by haruhiko_iyota
(2013年のよさこい大賞は「ほにや」 )

| | コメント (0)

2013.08.10

週末は、よさこい祭り

 今日からよさこい祭りの本祭。土日開催になるのは久しぶりです。今回も地元 枡形会場の審査を頼まれたので、スタート直後の1時間30分を担当した。
 目立っている人を選び1チーム平均5個のメダルを渡す事になっているが、なかなか予定どうりにはいかない。にぎやかに頑張っているチームに多くわたしたくなるし、妙におとなしいチームには渡しにくい。
 審査員というと優雅に聞こえるが、やってる方はなかなか忙しい。人をさがし、呼び寄せて、メダルを渡し、一つのチームが終われば、また次のチームに渡すメダルを用意する。写真も撮りたいが、なかなか時間が無い。
 担当の1時間半で結局12チームの審査を行った。例年だとこの時間帯は子どものチームが集中してくるのだが、今年はそんな事はなかった。
 今日、明日の二日間は、高知がもっとも高知らしく賑わう日。短い夏を少しでも記憶に残る夏にしたい。

よさこい祭り60周年メダル by haruhiko_iyota
(よさこい祭り60周年メダル )

| | コメント (0)

2013.08.09

今晩は高知市花火大会

 会社から電車通りまでクルマで送ってもらい、電車通りをぷらぷら歩いて帰ってきた。距離は4kmくらい。
 今晩は高知市花火大会なので、人が多く出ている。はりまや橋交差点などは、ここは都会?と錯覚するような人の流れで驚く。
 歩いていると、打ち上げ花火がたまに綺麗に見える。意外に大きい。自宅からちょっと出れば花火が見られる環境だが、ほぼ見に行くことはないので、こんな事でも新鮮に感じる。
 そして明日からは、ヨッチョレ。よさこい祭りが始まる。

今晩のはりまや橋交差点 by haruhiko_iyota
(今晩のはりまや橋交差点 )

| | コメント (0)

2013.08.08

緊急地震速報

 今日の緊急地震速報には驚いた。こういう音がなるという事は、会議などで確認してあったが、何人かのケータイが一斉になるとびっくりする。
 速報を確認し、そのあとしたのは、テレビをつけたことくらい。NHKはちょうど甲子園の中継をやっていた。アナウンサーが緊急地震速報が出ていることを喋っていて、それを聴くとなんだか落ち着いた。
 緊急地震速報聴いてからできることは、本当に少ない。ちょっと身構えるくらいかな。

本日の夕景 by haruhiko_iyota
(本日の夕景 )

| | コメント (0)

2013.08.07

毎日暑い、週末はよさこい祭り

 日中は四万十市で38℃という高温、夜も熱帯夜で過ごしにくく、ややバテぎみ。体が火照って眠れないのは困ります。
 週末には、よさこい祭りの本祭です。今年は珍しく土日開催になるので、ちょうどいいですね。会社近くのこじゃんと広場では、毎晩、セントラルグループ踊り子隊が練習しています。
 復活したセントラルグループの踊りをまだちゃんと見た事はないので、どこかの会場で見てみたい。

セントラルグループ by haruhiko_iyota
(セントラルグループ )

| | コメント (0)

2013.08.06

68年目の広島原爆の日

 今日は68年目の広島原爆の日でした。前回広島へ行った時に、平和公園を見て回りましたから、今年の原爆の日は、いつもより身近な事と思える。
 平和宣言などは、言葉だけが踊っているようで・・・。こんな暑い夏の日に原爆が投下され、多くの人が亡くなった。ただ、その事実を受け止めるだけ。

広島平和資料館 by haruhiko_iyota
(広島平和資料館 )

| | コメント (0)

2013.08.05

8月最初の月曜日

今日もまた、とても暑い暑い一日でした。クーラー全開な日々が続いています。午後からは、けっこう雨も降ったので良いお湿りになったのではないでしょうか。

お昼に自家用車の保険を更新してくる。今回は、車両保険無しにした。車両価値もだいぶ下がっているので、もういいだろう。

夕方はいつものように会社周りをウォーキングします。さすがに夕方になると、涼しいまでは行きませんが、過ごしやすい気温になっている。

国分川沿いの盛り土がしっかり斜面処理されて、立派な土地になっているのに気づきました。下の道路からクルマが上に登ってこられるようになっています。何が出来るのでしょう。

ウォーキング中の景色 by haruhiko_iyota
(ウォーキング中の景色 )

| | コメント (0)

2013.08.04

宮脇俊三と土佐ノ海

今日も朝から暑かった。午前中から冷房が必要な天気で、結局ほとんど外出はせずに自宅で過ごす。休みの日はいろいろできそうで何もできない。

そんなわけで冷房がやや効いた部屋で本を読んだりネットを見たりして過ごす。今日読んでいたのは、先日買った宮脇俊三著 ヨーロッパ鉄道紀行です。この本は、たぶんあまり気合を入れずに書かれた本で、出版社が無理強いして作ったような内容だが、一箇所、個人的におもしろいと思ったエピソードがあった。

それは、パリのホテル「ル グラン コンチネンタル」のエレベーターで、著者が偶然、海外巡業中の関取 土佐ノ海に会う場面。宮脇俊三は相撲ファンで、土佐ノ海のこともよく知っており、先場所での土佐ノ海の活躍を賞賛し、来場所でも頑張って下さいと言うと、土佐ノ海がとても素直に返事をして、筆者に好感を持たれる。

宮脇俊三の本は昔から読んでいるが、本人はもう亡くなっているし、過去の人という感じだが、土佐ノ海なら宴席で間近で見たこともあるので、その二人がエレベーター中の偶然の出会いとはいえ、接点があったということに妙にリアルなイメージを感じた。

Europe_train

| | コメント (0)

2013.08.03

IBM x3200 M3 サーバーの置き場所を少し移動

会社事務所となりに置いてあるIBMのサーバー、ここのところ暑さのせいか、ファンの音が大きくとても気になってきた。そこで、置き場所を少し移動した。

ドア一枚隔てたすぐ横にあったものを、3メートルほど移動。これだけで音はだいぶ気にならなくなった。音が大きくても動作にはまったく問題はなかったが、念のため、横に扇風機の風を当てて、熱がこもらないようにしている。

IBM Server by haruhiko_iyota
(IBM Server )

| | コメント (0)

2013.08.02

TANITA でか見えタイマー マンゴーイエローでエコ生活

キッチンタイマーを買った。用途は、お風呂へお湯を張るときに、忘れてお湯を入れすぎないようするため。iPhoneやiPadのタイマーを流用することも可能だが、やはりめんどう。そこで、安いキッチンタイマーを買うことにしたのです。

Amazonの検索で上位に出てきた「TANITA でか見えタイマー マンゴーイエロー TD-384-MY」(518円)を選ぶ。機能はシンプルでも、表示が大きくて使いやすそうなところが気に入った。

商品が実際に届き、使ってみた。時間の設定は、「分」と「秒」のボタンを押す。「分」を2回押すと、2分となる。説明書を読んでないので良くわからないが、もうちょっと簡単な設定方法があるのかもしれない。

Tanita_timer

時間の設定が終わると、あとは「スタートストップ」ボタンを押すだけ。残り時間が表示され、0になると、ピピピという連続音がなる。放っておくと30秒間鳴り続ける。音が鳴っている間に止めると、また最初の設定時間に戻るので、連続使用にも便利になっている。このタイマーで、我が家もエコ生活。

| | コメント (0)

2013.08.01

2013年8月になりました。

2013年の8月になりました。だいたい月初は忙しいのだが、今日はそんなことはなく、どっちかというと暇な感じの一日でしたね。
ここ3日くらいは、特に毎日暑くて、過ごしにくい日が続いている。確かに注意していないと熱中症になりそうな気候です。
何気なく過ごしているとあっという間に終りそうな夏ですから、少しでも心に引っかかったことは、このブログに残していこう。

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »