« 2013年8月まとめ | トップページ | Malti Writer 5750 C を新しいものに交換 »

2013.09.01

IMAX3D版のスタートレックを見に行く e-BOXで発券

 スタートレックイントゥダークネスIMAX3D字幕を見たくて、四国で唯一IMAX3Dに対応したシアター「シネマサンシャイン衣山」にやってきた。高知から高速利用で2時間以上かかる。雨の中、頑張って運転してきた。

パルティフジ衣山のシネマサンシャイン by haruhiko_iyota
(パルティフジ衣山のシネマサンシャイン )

映画館への階段、別に内階段もある by haruhiko_iyota
(映画館への階段、別に内階段もある )

シネマサンシャイン 階段上からの景色 by haruhiko_iyota
(シネマサンシャイン 階段上からの景色 )

 サンシャイン衣山は、パルティフジに併設されている。場末のゲームセンターという雰囲気。実際、映画館の下はゲームセンターになっている。
 今日は映画の日ということで一般の映画は1000円なので、込み合っている。ただし3Dは通常どおりの価格です。

 映画は12時50分から。入場券はあらかじめインターネットで購入してある。座席はセンターが見やすいということで、前から5列目の真ん中あたりを指定した。
 映画館ロビー脇にあるe-boxという機械に、予約時に取得したQRコードをかざし、暗証番号を入れると発券される。ただここの機械のタッチパネルの感度が悪すぎて、画面を相当強く押す必要があった。

発券機e-BOX by haruhiko_iyota
(発券機e-BOX )

タッチパネルの反応が悪過ぎ by haruhiko_iyota
(タッチパネルの反応が悪過ぎ )

 10分ほど前に場内に入る。人は少なめだが、皆さん真ん中に集まっているので、あまり空いている感じはしなかった。
 IMAX3Dの印象は、確かに映像は鮮明で迫力がある。ただ、2200円次も出すかと言われれば、そこまでの価値はないかなぁと思う。
 映画自体は充分面白かった。特に印象に残ったのは、元祖Mr.スポック役のレナード・ニモイが登場したシーン。82歳の今も現役というのが素晴らしい。

 帰りもまた、雨の中を走行。安物ナビが松山市駅を通るようなルートを表示してくるので、よけい時間がかかった。高速道路も、ややクルマは多め。夏休み最後ということで、出かける人が多かったのだろう。

IMAXシアター入口 by haruhiko_iyota
(IMAXシアター入口 )

半券 by haruhiko_iyota
(半券 )

|

« 2013年8月まとめ | トップページ | Malti Writer 5750 C を新しいものに交換 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年8月まとめ | トップページ | Malti Writer 5750 C を新しいものに交換 »