« 信義新幹線バスで中正記念堂へ | トップページ | 台北旅行記 2013 目次 (ウエルカムホテルタイペイ泊) »

2013.09.29

台湾新幹線で桃園空港へ、スカイトレイン乗車、そしてTHE MORE PREMIUM LOUNGEで過ごす

 台湾新幹線に乗って、桃園空港へ向かう。切符は自動販売機で購入した。切符の裏面はこのようになっている。こちらの面を上にして、自動改札機に矢印通りの方向で挿入する必要がある。日本の新幹線の切符と比較すると、ややめんどうな仕様になっている。

切符裏面 by haruhiko_iyota
(切符裏面)

 15時18分発の新幹線(左営行き)に乗るため、この改札から中へ入る。MRTなどでも同じだが、自動改札機に切符を挿入して、すぐ前あたりに出てくる切符を取った後に、改札が開くようになっている。日本だと、改札を通った先に切符が出てくるので、切符の取り忘れが発生するが、台湾などの方式だと、切符取り忘れは起こらない。

改札口 by haruhiko_iyota
(改札口)

  15時18分発の新幹線は、1番のプラットフォームから出るのだが、発車の10分くらい前までプラットホームへは降りられず、待合室で待機する必要がある。

プラットフォームへ向かうエスカレーター by haruhiko_iyota
(入口がとじられたエスカレーター)

しばらく待機 by haruhiko_iyota
(しばらく待機)

 発車時刻が近づき、やっとホームへ降りることができた。ところが、降りたところは指定席車両。ずっと先の自由席車両まで、足早に移動。

やっとホームへ by haruhiko_iyota
(やっとホームへ)

 自由席車両にたどり着き、11号車11E(左側窓側)に座る。発車待ちをしている間にも、自由席にはどんどん人が入ってきて、発車前にはほぼ満席となった。

11号車11E by haruhiko_iyota
(11号車11E)

 車内は日本の新幹線と全く同じ。車両の造りだけでなく、走り始めた時の音や振動、英語の車内アナウンスまで同じ。

車内の様子 by haruhiko_iyota
(車内の様子)

座席 by haruhiko_iyota
(座席)

テーブルの表示 by haruhiko_iyota
(テーブルの表示)

 20分ほどで、高鐵桃園駅に到着した。駅舎は新しいのできれい。ここから、案内に従ってバス乗り場へ向かう。一番手前に、空港行きのバスが停まっていた。

 このバスは、全員椅子に座る必要があるようで、バス手前のカウンターで係員が人数をカウントしているらしい。私がこのカウンターをすっとばしてバスに乗ろうとしたら、係員に呼び止められた。悠遊カードを見せると、運転席横の機械にタッチするように念押しされる。手持ちの乗車券がない人は、このカウンターでチケット買うようになっている。私は、悠遊カードをかざして乗車。

高鐵桃園駅 by haruhiko_iyota
(高鐵桃園駅)

 バスは20分ほど走り、桃園国際空港に到着。まちがって第1ターミナルに降りてしまった。第2ターミナルに移動するため、第1ターミナルと第2ターミナルを結ぶスカイトレイン(モノレールのような乗り物)に乗る。私が乗ったのは南路線のスカイトレイン。2両連結で、制限区域内と制限区域外を車両により分けているようだ。

桃園空港スカイトレイン by haruhiko_iyota
(桃園空港スカイトレイン)

スカイトレインの車内 by haruhiko_iyota
(スカイトレインの車内)

スカイトレインからの景色 by haruhiko_iyota
(スカイトレインからの景色)

 ピーチのカウンターにやって来た。この時点では、まだ登場手続きが始まっておらず、列に並んで10分ほど待つ。手続きが始まると、列はどんどん進み、特に問題無くチェックインは完了。

ピーチのカウンター by haruhiko_iyota
(ピーチのカウンター)

 チェックイン後すぐに、手荷物検査・イミグレーションへ向かう。

出境 by haruhiko_iyota
(出境)

 イミグレーションは大して混み合ってはいなかった。入国時と同じように、顔写真撮影のためカメラを見るように言われる。スムーズに通過する。

イミグレーション by haruhiko_iyota
(イミグレーション)

 エレベーターで出発ロビーの上の階にあがる。ここは、各社のラウンジが並んでいる。ずっと、向こう側の正面に見えるのが、目指すラウンジです。

エスカレーターで4階へ by haruhiko_iyota
(エスカレーターで4階へ)

THE MORE PREMIUM ROUNGE by haruhiko_iyota
(THE MORE PREMIUM ROUNGE)

 プライオリティーパスが使えるTHE MORE PREMIUM LOUNGEに入る。搭乗前のひとときを、ラウンジで過ごすのも旅の楽しみのひとつ。このラウンジにはいくつかの部屋があるが、一番広いフロアー、奥の端の席に座る。まずは、台湾ビールとおかゆと肉まんを取ってくる。

台湾ビールなど by haruhiko_iyota
(台湾ビールなど)

 チェックイン時に受け取った搭乗券をあらためてじっくり見る。関空のレシート状の感熱紙搭乗券と違って、立派です。

帰り便のピーチ搭乗券 by haruhiko_iyota
(帰り便のピーチ搭乗券)

 次に、おでんを取ってくる。ひとつひとつが小さいおでん。

おでん by haruhiko_iyota
(おでん)

 最後に、アイスとコーヒーをいただきます。アイスは固くて、ここまで取るのに一苦労。

アイスとコーヒー by haruhiko_iyota
(アイスとコーヒー)

 アイスを食べ終えたら、出発ゲートに向かう。途中の店で、余った台湾元を使ってゴディバの板チョコを買う。3Dゲートに到着。ここから下に降りたところが待合室となっている。和風(?)なゲート入口です。

桃園空港第2ターミナルD3ゲート by haruhiko_iyota
(桃園空港第2ターミナルD3ゲート)

 出発の時間まで、この待合室で過ごす。

待合室 by haruhiko_iyota
(待合室)

 出発の15分前くらいになってやっと搭乗が始まった。ピーチの係員が、パスポートの写真のページを開き、搭乗券といっしょに見せて下さい、と中国語・日本語・英語の順でアナウンスしている。まずはA、B、C列が優先搭乗となる。D,E,F列の人はその後。私はC席なので、先に機内へ入る。

搭乗 by haruhiko_iyota
(搭乗)

機内へ by haruhiko_iyota
(機内へ)

 ピーチ便は定時に桃園国際空を出発、順調に飛行し、関空にはほぼ定時に到着した。あわただしく、入国、税関を通過し、第1ターミナル行きバスに飛び乗る。バスが停まると、また走って南海電車のホームへ。なんとか10時35分発の急行に間に合った。この電車を逃すと、あとは各駅停車になり、時間がかかる。急行に間に合ってよかった。

 今晩は、東横インなんばに宿泊。明日、朝の高速バスで帰る。

東横インなんば by haruhiko_iyota
(東横インなんば)

 ピーチ1周年記念の1,000円航空券から始まった今回の「週末台北」旅行は、なんとか無事終了した。ATMのキャッシングでつまずいたのを初めとして、小さなトラブルはいろいろあったが、おおむね予定どおり行動できたと思う。また機会があれば、こんな自由な旅をしてみたいものです。

|

« 信義新幹線バスで中正記念堂へ | トップページ | 台北旅行記 2013 目次 (ウエルカムホテルタイペイ泊) »

旅行記 台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信義新幹線バスで中正記念堂へ | トップページ | 台北旅行記 2013 目次 (ウエルカムホテルタイペイ泊) »