« Welcome Hotel Taipei(家美飯店)泊、士林夜市へ出かける | トップページ | 信義新幹線バスで中正記念堂へ »

2013.09.29

猫空ロープウェイ(猫空纜車)に乗る

 6時に起きてシャワーを浴びる。
 昨日も遅かったので眠いが、時間が限られているので仕方ない。7時からフロント脇のレストランで朝食。シンプルな朝食です。朝食会場は広くてゆったりしている。

朝食 by haruhiko_iyota
(Welcome Hotel Taipeiの朝食)

朝食会場 by haruhiko_iyota
(朝食会場)

 朝食の最後はやはりコーヒーで締めます。

コーヒー by haruhiko_iyota
(コーヒー)

 ホテルをチェックアウト。今日も良い天気です。向こうに、昨夜、野外コンサートをやっていた広場が見えます。

ホテル前の広場 by haruhiko_iyota
(ホテル前の広場)

 ホテルから善導寺駅までは歩いて5-6分くらい。善導寺駅からMRTに乗り、猫空ロープウェイを目指す。忠孝復興駅で文湖線に乗り換える必要があります。

MRT善導寺駅 by haruhiko_iyota
(MRT善導寺駅)

 忠孝復興駅に到着した。板南線と文湖線が交わるでこの駅で文湖線に乗り換える。日曜日らしくレジャー客が目立つ。

忠孝復興駅 by haruhiko_iyota
(忠孝復興駅)

 文湖線の車両は、他のMRTより一回り以上小さい。車両一台一台が独立しており、他の車両へ移動することはできない。

文湖線の車両 by haruhiko_iyota
(文湖線の車両)

 MRT文湖線の動物園駅に着いた。
 ここを左手に出て、しばらく歩くとロープウェイの動物園駅です。MRTの動物園駅から、ロープウエイの動物園駅までの経路は、道沿いにまっすぐ歩くだけ。一応、グーグルストリートビューでチェックしてあった。表通りを歩いて、ロープウェイの駅に向かう。日向は暑いので日陰を探して歩く。

動物園站 by haruhiko_iyota
(MRT動物園站)

MRTの駅からロープウェイへ by haruhiko_iyota
(MRTの駅からロープウェイへ)

 猫空ロープウェイの動物園駅に到着した。大きな建物だ。

猫空ロープウェイ動物園站 by haruhiko_iyota
(猫空ロープウェイ動物園站)

 猫空ロープウェイは悠遊カードが使えるので、ここに並んで切符を買う必要は無い。入口右側から入って、エスカレーターで上に上がる。まだ時間が早いため、一般車の列は短かく、それほど待たずに乗れそうです。

入口付近 by haruhiko_iyota
(入口付近)

乗り場 by haruhiko_iyota
(乗り場)

 このようなゴンドラに乗り込む。一般車廂(Regular Cabins)は真下は見えませんが、別に床がガラスで出来た水晶車廂(Crystal Cabins)があり、それに乗れば真下が見えます。怖いし、列に並ぶ必要があるので、水晶車廂には乗りません。

猫空纜車 by haruhiko_iyota
(猫空纜車)

 6人ぐらいで1台のゴンドラに乗る。扉が閉まると、ゴンドラが加速する。動物園駅のビルがどんどん遠ざかっていく。対岸の山にマンションが何棟も建っているのが見える。

遠ざかる動物園駅 by haruhiko_iyota
(遠ざかる動物園駅)

 高速道路が真っ直ぐ通っているのが分かる。立派な高速道路ですね。

高速道路 by haruhiko_iyota
(高速道路)

 ゴンドラはどんどん高度を上げる。遠くに台北101が見えてきた。

台北101 by haruhiko_iyota
(台北101)

 ロープウェイの支柱は、このような独特の形をしている。猫空ロープウェイは、進行方向を変えるため、いったんロープを離し、持ち直す施設が2カ所ある。

ロープウェイの支柱 by haruhiko_iyota
(ロープウェイの支柱)

 終点だと思ってロープウェーを降りてみると、なんだか様子がおかしい。よく見ると途中駅の指南宮站だった。せっかくなので、指南宮を見学していくことにした。前の小道を下に降りていく。

指南宮站 by haruhiko_iyota
(指南宮站)

階段を下りた先が指南宮 by haruhiko_iyota
(階段を下りた先が指南宮)

内部の装飾 by haruhiko_iyota
(内部の装飾)

 内部は金ピカ。目がくらむような装飾ばかり。

外観 by haruhiko_iyota
(外観)

指南宮站に戻る by haruhiko_iyota
(指南宮站に戻る)

 帰りは上り坂になるので、暑い。指南宮站に戻り、ふたたびロープウェイに乗る。この時間、この駅から乗る人は少ない。何台か満席のゴンドラが通過したあと、係員に乗るように指示されたゴンドラは、なんと当初避けていた床がガラスの水晶車だった。

 このゴンドラには、他に若い3人の男女が乗っていた。一人女性から、どこからですか、と英語で聞かれた。JAPAN と答えると、私たちはChinaから、と言う。3人一緒のところを写真に撮ってと言われ、カメラを変えながら、何度かシャッターを押す。

 今度はあなたの写真も撮りましょう。ほら、床に座って、と言われ、ビクビクしながらガラス床にしゃがむ。ちょっとした日中交流ができて、楽しい乗車となりました。

ロープウェイ by haruhiko_iyota
(なぜか水晶車に乗ることに)

 やっと猫空站に到着。ここからは、歩いて散策するのだが、あまり時間がなかったのと、けっこう暑かったこともあり、近くの店に入ってビールを1本飲んだだけで、猫空站に戻り、ふたたびロープウェイに乗って下に降りた。

猫空駅 by haruhiko_iyota
(猫空駅)

氷入り台湾ビール by haruhiko_iyota
(氷入り台湾ビール)

往きに寄った指南宮が見える by haruhiko_iyota
(往きに寄った指南宮が見える)

 帰りのゴンドラは、ずっと一人きりだったので、風に揺れるゴンドラがややスリリングでした。

帰りはずっと一人 by haruhiko_iyota
(帰りはずっと一人)

|

« Welcome Hotel Taipei(家美飯店)泊、士林夜市へ出かける | トップページ | 信義新幹線バスで中正記念堂へ »

旅行記 台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Welcome Hotel Taipei(家美飯店)泊、士林夜市へ出かける | トップページ | 信義新幹線バスで中正記念堂へ »