« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の18件の投稿

2014.04.30

今年も広島へ(8)温井スプリングスの夕食(本格フレンチコース)

2014/04/11

夕食のテーブル
夕食のテーブル

午後6時半になったので、部屋から食堂へ向かいます。

食堂内には、私以外に、2組ぐらいおばさんの団体がいた。
合計で20人くらいだろうか?

私が案内された席は、そのおばさん達から一番離れた席だった。
がやがや言うおばさん達から、できるだけ離れた席ということで、ホテル側の配慮がうかがえる?

青豆のサンジェルマンスープ
青豆のサンジェルマンスープ ズワイ蟹のキッシュ 幼桃の生ハムピンチョ

まずは、ビール(中生)を注文する。
ほどなく、料理が順に運ばれてきます。

一皿目が、これです。
アミューズ、というようなものでしょうか。
実際に食べると、アミューズというほどの味では無いが、生ハムは旨かった。

フランス産フォアグラとトリュフのコロッケアーモンド風味 安芸農園旬のキノコと県産鶏のテリーヌ添え
フランス産フォアグラとトリュフのコロッケアーモンド風味 安芸農園旬のキノコと県産鶏のテリーヌ添え

二皿目です。
フォアグラとトリュフというと、いかにもグルメ~という感じだが、味はそれほどでもない。

雑小魚クネル添え芳醇なスープドゥポアソン
雑小魚クネル添え芳醇なスープドゥポアソン

次はスープです。
難しい名前ですが、すりみ入スープ、というようなところでしょうか。


春野菜のクリームミネストラ湯来町ニジマスのソテー小さなラビオリとヨモギのクーリーと共に
春野菜のクリームミネストラ湯来町ニジマスのソテー小さなラビオリとヨモギのクーリーと共に

次は魚料理。ソースがなかなかこってりとしていて、ニジマスソテーとの相性もばっちり。
このコースの中では一番旨かった。

レモンソルベ
レモンソルベ

メイン料理の前に、シャーベットでいったん休憩、という感じでしょうか。

国産牛フィレポアレと神石高原ポーク胸肉とホワイトアスパラガスのルーレ
国産牛フィレポアレと神石高原ポーク胸肉とホワイトアスパラガスのルーレ

メインです。
フィレ肉はそれなりに旨いが、大きなホワイトアスバラガスが、しっかりとした食感で、存在感があった。左後ろに見えるのは、「飲む野菜とスティックサラダ」。


パイナップルのパルフェグラッセ 色鮮やかな旬の果実炭酸ジュレ仕立て
パイナップルのパルフェグラッセ 色鮮やかな旬の果実炭酸ジュレ仕立て

デザートです。
上にのっている丸いのが、パイナップル薄切りチップスのようなもの。
見た目は派手だが、味は・・・。ちょっと酸っぱいだけ。

コーヒーとクッキー
コーヒーとクッキー

締めにコーヒーとおまけのクッキー。
ちょっと量が少ないかなぁ~と思っていたが、充分おなかいっぱいになる。

食事が終わって、部屋に戻ると、八畳間の真ん中に布団が敷かれていた。
少し休憩してから、1階の大浴場へ。

予想通り、中には誰もいない。
露天風呂やサウナの付属する大浴場で、のんびりくつろげました。

温井スプリングスの位置
温井スプリングスの位置を表示

<前 次>

| | コメント (0)

2014.04.28

ガソリン値上げ前に満タンに

ガソリン値上げ前に満タンに

5月から、また値上げということで、会社帰り、ガソリンスタンドに寄って、満タンにする。4月は消費増税で上がり、今回は値上げ。ますます物流コストがアップする。困ったものだ。

| | コメント (0)

今年も広島へ(7)温井スプリングスに宿泊

2014/4/11

初めてのセブンカフェ
初めてのセブンカフェ

中国道戸河内インター近くの道の駅内に、セブンイレブンがあったので寄ってみる。
今まで、機会がなくて、試した事のなかった、セブンカフェを注文。

レジでカップを渡されるので、機械にセットし、ボタンを押すだけ。
自動販売機の200円カフェラテほどのうまさはないが、まぁまぁかな。

セブンイレブンいい気分
セブンイレブン広島戸河内インター店

温井スプリングス
温井スプリングス

セブンイレブンから、国道186号線を北上し、今日の宿泊場所「温井スプリングス」に到着。
「温井」は「ぬくい」と読む。
この宿は、数年前にリニューアルされたらしい。

Photo
セブンイレブンから温井スプリングスへの経路

温井スプリングス玄関
温井スプリングス玄関

午後5時半過ぎに、温井スプリングスにチェックインする。
駐車場はガラガラで、宿泊客は少なそう。

今回は、楽天トラベルを使って「本格フレンチコースプラン 1泊2食付」というプランで予約した。
ちょっと贅沢だが、たまにはいいだろう。

チェックインの時、夕食の希望時間をきかれたので、「6時半から」と答えておいた。

308号室
308号室

308号室は、フロントより1階上の和室。
部屋は八畳で、ひとりで泊まるには広すぎるくらい。
食堂は2階、大浴場は1階にある。

温井ダム
温井ダム

部屋から、右方向を見ると、温井ダムが見える。
温井ダムは2001年に完成したアーチ式コンクリートダム。
高さは156mで、黒部ダムに次ぐ大きさ。

明日、朝、時間があれば、見学してみるつもり。
ちなみに、黒部ダムの高さは186mです。

ダム湖
ダム湖

左方向には、ダム湖が一部見える。
ダムによってできたこの人造湖は龍姫湖(りゅうきこ)という名前が付いている。

<前 次>

| | コメント (0)

2014.04.27

ホームセンターダイキ

 昨日、オープンしたダイキ、午後7時半でも、駐車場ほぼいっぱいのようだ。落ち着いたら、行ってみよう。

ホームセンターダイキ by haruhiko_iyota
(ホームセンターダイキ)

| | コメント (0)

2014.04.26

東部自動車道を使って、土佐ロイヤルホテルへ

土佐ロイヤルホテル by haruhiko_iyota
(土佐ロイヤルホテル)

 13階から見た太平洋です。昔、駐車場だったスペースに太陽光パネルが設置されている。

13階からの景色 by haruhiko_iyota
(13階からの景色)

| | コメント (0)

龍馬郵便局のATM

 龍馬郵便局へ行き、入金してきた。土曜日の午前中はここのATMが使えて便利。ただ密閉空間なのでそわそわする。

龍馬郵便局のATM by haruhiko_iyota
(龍馬郵便局のATM)

| | コメント (0)

2014.04.25

今年も広島へ(6)ウッドワン美術館

2014/4/11

Img_1132

中国道の吉和インターを降りたところで信号待ち

ウッドワン美術館は、信号を右に曲がって、またすぐ右折。 吉和インターから2kmほど離れている。

Img_1133

ウッドワン美術館に到着

ウッドワン美術館は、住宅建材メーカーのウッドワンが所蔵する美術品を展示している。 内容は、近代日本絵画、マイセン磁器、アールヌーヴォーのガラス作品など。

展示品で、一番有名なのは、フィンセント・ファン・ゴッホ 「農婦」(1884-85年)だろうか。 小さな作品で、ゴッホ作と言われなければ、価値を感じないでしょうね。

美術館の隣、ガラガラの駐車場にクルマを停める。 時期はずれなのか、人気がない。

Img_1137

美術館内から外を見ると

山すそに建てられた美術館ということが良くわかる景色です。

Img_1141

ウッドワン美術館 新館

旧館を見終えてから、新館へ。 新館は、旧館の左奥にあります。

Img_1144

新館と旧館の間に池が

新館の鑑賞を終えて、外へ出る。 マイセン磁器というと、皿のイメージだったが、実際に展示されているのは、ゴテゴテと人形などが飾り付けられたつぼや花瓶が多かった。

Img_1145

ウッドワン美術館をあとにする

美術館の中も、ほとんど人がいなかったので、なんだか寂しい印象だった。 もっと、人が集まっている場所へ行きたくなった。

<前 次>

| | コメント (0)

2014.04.23

今年も広島へ(5)中国道を西へ 大佐SA~筒賀PA

2014/4/11

北房ジャンクションから、中国道に入り西進すると、9つのSA・PAが続く。
そのひとつひとつに停まっていきます。

Img_1091

まずは、「大佐サービスエリア」
中国道沿いは、ずっと桜が満開状態。

Img_1094

次は「神郷パークエリア」
昔ながらの平凡なつくりのPAですが、ここも桜がきれい。

Img_1100

続いて「帝釈峡パークエリア」
ここもまったく同じようなつくりのPA。
蛇口が外にあったので、ここでタオルを濡らして、フロントガラスを拭いてみた。

Img_1103

さらにお次は、「本村パークエリア」
平凡なPAが続く。桜が咲いているのが救い。

Img_1109

やっと「七塚原サービスエリア」に到着。
中国道は、今走ると、くねくね曲がっていて狭く、まるで一般道路ように感じる。
中国道は無料化してもいいんじゃない?

Img_1116

中国道「江の川パークエリア」

Img_1122

中国道「本郷パークエリア」

Img_1125

中国道「安佐サービスエリア」に到着。
ずいぶんと時間がかかってしまい、美術館の閉館時間が気になる。

Img_1129

中国道「筒賀パークエリア」

やっと最後のパークエリアに着く。次の、吉和インターで降りるて、ウッドワン美術館に向かいます。

<前 次>

| | コメント (0)

2014.04.20

エールフランスAF293

Img_1300

昨日の日経の一面広告。エールフランス羽田発着便の案内です。私が乗るのは、AF293 羽田を22:15分に出発し、翌日4:00にパリに着く便。早朝で、乗り換えまでの時間をつぶすのに困りそう。

※関連投稿:AF293便の食事

| | コメント (0)

2014.04.18

モバイルバッテリー ANKER Astro M3を買ってみた

Img_1297

基本的に、出かけるときは、サンヨーエネループモバイルバッテリーを持っています。iPhone5Sに変えてからは、それほどバッテリー消耗も激しくはないのですが、少し使い込むと、iPhoneは急激にバッテリーを消耗するので、精神衛生上、モバイルバッテリーの携帯は必要です。

ただ、永年使い込んだエネループなので、たぶん、だいぶへたってきており、そろそろ買い換えの時期でした。少し前から、どの商品にするかを考えていたのですが、最近ではAmazonでずっと一番人気になっているこの商品「ANKER Astro M3」を買ってみました。

バッテリー容量は13000mAhと、今まで使っていたエネループの倍以上。ここまで容量の大きなものは、とりあえず必要なかったのですが、低容量のものと価格差があまりなかったので、ついこれを選んでしまいました。

付属品として、ACアダプターが付属しています。入力が100-240V、出力が5V・2000mAとなっています。専用のACアダプターが付属するのは便利ですし、安心感があります。

Img_1299

ACアダプターの他に、写真のような袋が付属します。まぁ、あってもなくてもかまわないようなものですが、これに入れておけば、バッテリーに細かい傷がつくのを防ぐことはできそうです。

| | コメント (0)

2014.04.17

今年も広島へ(4)鴻ノ池サービスエリアから高梁サービスエリア

2014/4/11

Img_1077

瀬戸中央道の与島PAから10分で、鴻ノ池サービスエリアに到着しました。

ここは昔はパークエリアだったが、改修されてサービスエリアに昇格した。鴻ノ池サービスエリアのつくりは、以前からなんとなく好き。

その理由は、サービスエリアが、高速道路の本線からやや離れており、しかも、本線より高い位置にあること。このため、サービスエリアの出入りがスムーズになり、しかも静か。そういうところが気に入っています。

Img_1079

鴻ノ池サービスエリアから、7分で、粒江パーキングエリアに到着しました。設備はトイレと自販機だけ。まったく特徴が無いように感じるパークエリア。

ただ、昔は、自販機も無いようなパークエリアが多かったので、自販機があるだけでもましかと思う。

粒江を出ると、倉敷ジャンクション。山陽自動車道を、神戸方向へ向かう。

その後、すぐに岡山ジャンクションがあり、岡山自動車道に入る。このあたりは、分岐が多いので気をつける必要があります。

ひとりで運転していると、そうでもないが、人としゃべりながら運転していると、分岐を見逃してしまうことがあるので、注意が必要です。

Img_1082

岡山自動車道に入って、最初のパーキングエリアは「総社」。ここもトイレと自販機だけのシンプルな設備となっている。トイレの壁が、石造り風になっているところが特徴と言えるでしょうか。

13912277401_11fdb22817_b

総社PAから16分で、森のオアシス高梁サービスエリアに到着。サービスエリアに入る前の、道路標識に「森のオアシス」と書いてあります。高梁サービスエリアは、入口の看板部分が円形になっているところに特徴があります。

高梁市は、備中の小京都と呼ばれているそうで、昔は備中の中心地として栄えた。昔から、一度ゆっくり見て回りたい街と思っていたが、いまだにその機会はないままです。

13912152436_ce40c89454_b

ゆっくり食事でもしたかったのですが、時間がないので、売店で、もちもち生チョコワッフルを買って車内で食べます。

<前 次>

| | コメント (0)

2014.04.15

今年も広島へ(3)南国サービスエリアから与島パークエリア

2014/4/11

Img_1056

高知インターから、高速道路へ。すぐに、南国サービスエリアに入る。このサービスエリアに入ることは、まずありません。あらためて、ここを見ると、安っぽいつくりだなぁ、と思ってしまう。

Img_1061

南国サービスエリアから、およそ30分で馬立パークエリアに着く。トイレがリニューアルされ、きれいになっている。

Img_1063

少しのどが渇いたので、自動販売機でカフェラテを買った。注文時にドリップするタイプの自販機で、このカフェラテがけっこう旨い。下手な喫茶店のコーヒーより上等だと思う。

Img_1064

次は、豊浜サービスエリア。馬立から15分くらいの距離にある。土曜日ということで、駐車場は、そこそこ賑わっています。

Img_1066

ぴっぴ天が旨そうだったが、今日は先が長いので、やめておく。

Img_1067

豊浜から12分で、高瀬パークエリアに到着。10分くらいしか走れないので、なかなか忙しい。ここもトイレがリニューアルされ、きれいになっています。

Img_1069

次は、瀬戸中央道の与島パークエリアに降りる。いつもは、通過するので、ここへ来るのは、ずいぶん久しぶり。

Img_1073

展望台に上がり、四国側を眺める。巨大な橋梁の下に、穏やかな海が見える。

Img_1076

駐車スペース側を振り返ると、このような景色となっています。はじめて与島に降りる人にとっては、感激する場所でしょう。しかし、広々とした駐車場に、停まっている車は少ない。

以前は、隣接した場所にフィッシャーマンズワーフの建物があって賑わっていましたが、今はそれも無い。開通して25年もたつと、時代が変わってしまう。にぎやかだったあの頃に戻ることは、もう無い。

| | コメント (0)

2014.04.14

今年も広島へ(2)高知ICから吉和ICまで、全てのPA/SAで休憩する

Pasa_1

今回、広島の吉和インターへ行くにあたって、決めたことの一つは、山陽自動車道ではなくて、遠回りだが中国自動車道を使うこと。

ただ、これだけだと、面白みが無いと思い、もう一つテーマを考えました。それは、経路上のすべてのサービスエリア・パークエリアに停車する、こと。

ふだんは、時間短縮のため、休憩回数は少なくなる傾向にありますが、今回は、休憩することを目的にしてみました。

Pasa_2

高知インターから広島の吉和インターの間に存在するサービスエリア・パークエリアは、高知自動車道が2個所、高松自動車道が2個所、瀬戸中央道が3個所、岡山道が2個所、中国自動車道が9個所で、合計18個所。

SA/PAに停車するための必要時間を平均5分と考えても18個所だと、90分かかる。かなり忙しそうな行程だが、この計画を実行してみます。

| | コメント (0)

2014.04.13

今年も広島へ(1)中国道を利用してウッドワン美術館へ

Img_1292

最近は、毎年4月〜5月ころに、広島出張が入る。今年も同様に広島へ行くことになった。

いつもは一泊二日の出張となりますが、毎年のことなので、同じパターンで行くと飽きてしまう。そこで今年は、1日早く出て、広島北部を少し観光することにしました。

期間:2014年4月11日(金)〜13日(日)

以前、ある人から、「ウッドワン」という美術館が、意外に良かったので、行ってみたら、と言われていた。広島には毎年行くので、寄ってみます、と答えていたが、調べてみると、公共交通機関が無く、自家用車で行くしか無いような不便な場所に立地する。

去年、菓子博で広島に来た時は、新幹線利用だったので、この美術館に行く方法がなかった。今年こそはと思い、今回は、自家用車利用で、余裕をもった行程としました。出張に1日プラスするだけで、味気ない出張が、「旅」になります。

Top

ウッドワン美術館は、株式会社ウッドワンが財団を設立し1996年9月に開館している。

展示内容としては、近代日本絵画・マイセン磁器・アールヌーヴォーガラス作品・清の陶磁器・薩摩焼など。特に著名な作品としては、ゴッホの「農夫」、ルノワールの「花かごを持つ女」などがある。

ウッドワン美術館の最寄りインターは、中国道の「吉和」。高知からの最短コースは、瀬戸中央道から山陽自動車道を広島まで行き、広島自動車道を北上し、中国道に入り、吉和インターに至るルート。

しかし、今回は遠回りだが、久しぶりに中国道を走ってみたいと思い、岡山から岡山自動車道で北上し、北房JCTから中国道へ入り、中国道をそのまま西へひたすら走るコースを選びました。

| | コメント (0)

2014.04.10

消費税8%で初めての給油

Img_1051_2
少し遠出する予定なので、給油。消費税増税後、初めての給油となる。

増税後、まだあまり日もたたないので、増税の実感は少ない。まだ、8%だから良いが、これが10%、あるいはそれ以上になれば、かなりの負担感にはなるだろう。

その日が来るのも、さほど遠い未来ではない。

| | コメント (0)

2014.04.09

今日でWindows Xpのサーポートが終わる

Img_1049
写真は、卸団地組合会館前の花壇。

さんざん報道されているように、今日でWindows Xpのサポートが終了する。会社のWindowsパソコンは、OSをWindows 7に統一しているので関係ないが、自宅には一部Xpが残っている。

サポート期間が終わっても、ネット接続さえしなければ、特に問題なく使えるだろうが、今どき、ネット接続せずにパソコンを使うのは、かなり用途が限られるので、OS移行が推奨されるのも、仕方ないことなのだろう。

しかし、うちの会社では、Windows Xpどころか、いまだに、DOS 6のパソコンが現役で動いていて、基幹業務に使われている。そろそろ、Windowsのシステムに移行するつもりだが、今のところ現役。

DOSのシステムは軽く動くので、CPUがPentium 166でも、サクサク動く。Windowsとは、比べ物にならないくらい速い。パソコンは、進歩しているようで、それほどでもないような気もしてくる。

| | コメント (0)

2014.04.04

イタリア旅行 準備編 サンマルコ寺院の予約

Photo

ローマのバチカン美術館の予約に続いて、ベネツィアのサンマルコ寺院の予約を行います。サンマルコ寺院もインターネットで予約が可能。費用はかかりますが、予約があれば、長い列に並ぶ必要はありません。

まずは、サンマルコ寺院の公式ホームページから、「Plan your visit」=>「Reservations」と進む。

1

ページが変わるので、説明文の最後にあるリンク「st mark's basilica tickets」をクリック。
すると、チケット購入の別ページが表示される。

「Individual Travelers」をクリックすると、カレンダーが表示されるので、見学日と時刻を選ぶ。
私が選んだのは日曜日だったため、ミサの関係だろうが、予約できる時刻は14:05以降となる。

2

早いほうがあとの予定が立てやすいと思い、14:05~14:15の入場時間を選びました。次に、名前や住所、電話番号、メールアドレスを入力する。最後に、クレジットカードで決済。代金は2ユーロでした。

3

以前は1ユーロだったらしいので、値上がりしている。それでも、列に並ばすに、寺院に入れるのはメリットが大きい。前回、ベネツィアに来たときには、サンマルコ寺院には入っていないので、楽しみにしています。

<前 次>

| | コメント (0)

2014.04.02

イタリア旅行 準備編 バチカン美術館の予約

Photo

イタリアへ行くにあたって、いろいろと鉄道にも乗りたくなった。そこで、先日、フィレンツェ~ローマの往復チケットを手配しました。

しかし、日帰りなので、ローマに滞在できるのは、7時間程度。この短い時間で行けるところは限られる。バチカン美術館はムリだろうと、最初から諦めていました。

しかし、よく調べてみると、美術館の予約ができることに気づいた。そこで、さっそくインターネットサイトから予約を入れてみる。

まずは、バチカン美術館のチケット予約ページにアクセスする。

英語の入口から入り、「Admission tickets:」=>「Vatican Museums and Sistine Chapel」と進み、予約したい「月」と「人数」を選ぶ。次に進むと、カレンダーが表示されるので、日付を選び、さらに9時~15時まで30分ごとに分かれた予約時刻を選択する。

このあと、私の場合は、「Full price ticket 16,00ユーロ」を選びました。他に、オーディオガイド付きなどのチケットや子供学生向けのチケットなども選べます。

Vatican_museums_online_ticket_offic

チケット代の他に、予約手数料が4ユーロかかるので、合計で20ユーロとなりました。支払いをカードで済ませると、バウチャーがメール添付で送られてくるので、これを印刷して終わり。

Vatican_museums_online_ticket_off_2

予約時間は悩ましいところですが、ローマ・テルミニ駅の到着予定時刻が11:10なので、少し余裕をみて、12:30で予約しました。

美術館とシスティーナ礼拝堂、サンピエトロ寺院だけでも、かなり時間がかかるはずなので、他の観光地は、ざっと見て回るだけになるでしょうが、限られた時間の中では仕方ありません。

<前 次>

| | コメント (2)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »