« イタリア・リアルタイム旅行記 7日目 | トップページ | 旅行記 高知〜名古屋〜難波/FDA利用で関西へ(1) »

2014.05.29

イタリア・リアルタイム旅行記 8日目,9日目

2014年5月28日(水)~29日(木)

×17:50アムステルダム/スキポール-12:00東京/成田 KL863
×16:30東京/羽田-17:50高知 NH565

○14:55アムステルダム/スキポール-08:40大阪/関西 KL867
○13:20大阪/伊丹-14:05高知 ANA1607

アムステルダム スキポール空港で一晩を過ごす。眠ろうとしたが、ベンチに座ったまま寝ることは、なかなか難しい。ホテルをとったほうが良かったなぁと後悔しながら、仮眠する。出発ロビーは、朝4時頃には出発客で賑わってくる。それでも、少しでも眠ろうと、6時半ごろまでは、じっとしていた。

そろそろ活動しようと近くの売店でコーヒーを買う。それを飲みながら今日の予定を考える。帰国便は、14:55発の関空行き。搭乗前に、ラウンジで休憩するとしても、11時過ぎぐらいまでは自由時間がある。そこで、空港から離れて市内中心部に出てみることにした。

空港の地下に駅があるらしい。自動販売機が数台並んでいたので、どう使うかを観察してみる。

切符を買うには、画面タッチしていき、決済はコインかカードになるようだ。コインが少し残っていたので、手持ちコインで大丈夫そうだ。意を決して、自販機に向かう。まずは、言語ボタンの英国旗を選ぶ。そしてトップ画面を良く見ると、I want go to Amsterdam centraalというボタンが出ている。空港からセントラルへ出る人が多いのだろう。ボタンを押していき、難なく、2等乗車券を購入する。

セントラル駅行きの電車は3番乗り場から。やってきた快速電車に乗る。3駅目が目的の中央駅。まずは外へ出て、駅を見返してみる。よく東京駅のモデルになった駅として紹介されるが、実際見ると、さほど似ているようには思えない。

駅前にはトラムの路線が集中しており、トラムがあちこちに止まっている。トラムは突然動き出すので、注意してないと危ない。セントラル駅行きの電車は3番乗り場から。やってきた快速電車に乗る。3駅目が目的の中央駅。

まずは外へ出て、駅を見返してみる。よく東京駅のモデルになった駅として紹介されるが、実際見ると、さほど似ているようには思えない。駅前にはトラムの路線が集中しており、トラムがあちこちに止まっている。トラムは突然動き出すので、注意してないと危ない。

駅前から、中心部を歩いて回る。まず向かったのは、アンネフランクの家。運河を幾つか越えながら、昔ながらの三角屋根の家が立ち並ぶいかにもオランダらしい町並みを歩く。

車道は、自転車がビュンビュン飛ばして走っているので、かなり注意が必要。トラムもかなり細い通りにまで入り込んでいて、意外なところから突如出てくる。アンネの家の前には、多くの観光客が集まっているので、すぐわかる。予約列と予約無し列に分かれていて、予約無し列はかなり長く、中へ入るのは諦めた。ここにアンネフランクがいたのだなあと確認するのみ。

あとは、プリンセングラハト、ムント塔、ダム広場などをざっと見ていく。予定に無かった観光なので、iPhoneで適当にみつくろって街歩きした。雨が降り始めたので、駅へ戻る。アムステルダム中央駅から、また逆コースを辿り、スキポール空港へ。

関空行きKL867便のフライトが出るDゲートへ向かう。パスポートコントロールを通過するとショップフロアに出る。プライオリティパスが使えるNO.41のラウンジでくつろぐ。昨日、飛行機を降りてから何も食べないままベンチで過ごしてきたので、ゆったりとビールが飲め、きれいなトイレを安心して使えるラウンジは、本当、価値があるなあと、今回はつくづく感じた。

大阪のおばちゃん達を多数乗せたKL867便は定刻に出発。翌朝、8時半ごろ、関空に到着した。関空からバスで伊丹に移動。伊丹のANAカウンターで、これまでの経緯を、説明。やや時間はかかったが、KLMからの手配がちゃんとできていたらしく、無事、高知便の発券が完了。ただし機体は私の嫌いなボンバルディアQ45。いつも避けているので乗った事はなかったが、今回ばかりは仕方なく、乗ることに。

高知行きANA1607便は、私の不安をよそに、何の問題もなく飛行を続け、無事、高知空港に到着した。本来の予定より到着が1日遅れたとは言え、大きな問題はなくトラベルが終了したことに安堵しつつ、帰宅する。

今回のイタリア旅行、自身にとって、どんな意味があったのだろうか。今はまだぼんやりしていてわからない。時間が経てばまた、その意味が感じられるのかもしれない。

旅はトラブルが楽しいという。その想いは、私も同じで、予定通り行けた部分よりも、予想外の出来事で苦労した方が印象に残る。そういう意味では、今回の旅はそれなりに成功だったのではないかと今は思う。また、自由な旅に出られたらいいなと思うし、そういう旅が出来るような健康な体力を保持しなければ、と痛感する旅でもあった。

|

« イタリア・リアルタイム旅行記 7日目 | トップページ | 旅行記 高知〜名古屋〜難波/FDA利用で関西へ(1) »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

再来週からイタリアへ行くのでとても参考になりました。
ありがとうございました。

投稿: みりお | 2017.01.14 19:25

コメントありがとうございます。
少しでも参考にしていたければ幸いです。

投稿: いよた | 2017.01.16 09:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア・リアルタイム旅行記 7日目 | トップページ | 旅行記 高知〜名古屋〜難波/FDA利用で関西へ(1) »