« イタリア旅行記:羽田空港国際線シャワールーム | トップページ | イタリア旅行記:エールフランスAF293便 機内食 »

2014.06.17

イタリア旅行記:エールフランスAF293便は、羽田空港国際線ターミナル「141番ゲート」から出発

2014/05/21
15036673699_e3d975e1f4_c
出発ロビー L チェックインカウンター

エールフランスAF293便パリ行き(22時15分発)は、羽田空港国際線ターミナル拡張部分にある141番ゲートからの出発となる。拡張部分は3月末から供用開始されている。

imageチェックイン

まずは、出発ロビーの左端「L」にあるエールフランスのカウンターでチェックイン手続きを行う。長い列ができていたが、近くの係員に高知からの乗り継ぎであることを伝えると、優先的に早い列にまわしてくれた。ちょっとした配慮だが、すごくうれしい。

エールフランス チェックイン窓口の人、最初、日本人かと思っていた。「最終目的地は、フローレンスですね」と言う時の "フローレンス" の発音がすばらしく良いので、名札を確認したら、韓国人。きれいな女性でした。

Hanedakokusai
フロアマップ(羽田空港国際線ホームページより抜粋)

20140617_235201
北口

20140617_235202
出国

チェックインはすんなり終了。「L」のそばに新しくできた出国手続き(北口)から中に入る。この入口は、混み合っておらず、割と早く通過できる。

20140617_235203
AF293便が出発する141番ゲートは、ターミナル拡張部分の右端にあるため、出国手続き(北口)から500mほど離れている。出発まではかなり時間があるので、のんびり歩いてゲートへ向かう。

ターミナルからの風景
ターミナルからの風景

突き当たりまで進め
突きあたりまで進む

突き当たりの案内板
突き当たりの案内表示

20140617_235205
3月末に供用されたばかりということで、どこもピカピカできれい。人がほとんどいないので、余計そう思う。

20140617_235206
左のエスカレーターで下に

20140617_235207
141番ゲート

通路を端まで歩き、エスカレーターで降りたところが141番ゲートとなる。出発まで、まだ2時間ほどあるので、待合室に人はほとんどおらず、ガランとしている。

20140617_235208
とりあえず、トイレに入ってみる。
TOTOの設備で、当然だが最新式らしく、ボタン類が大きい。

20140617_235209
トイレリモコン。使用方法の説明は「日本語」「英語」「中国語」「韓国語」で表示。

20140617_235445
そして、どういう意味が有るのかは分からないが、便器の内側に照明が装備されている。

外にエールフランスAF293便
外にエールフランスAF293便

141番ゲート待合室
141番ゲート待合室

搭乗口表示
搭乗口表示

ひとけの無い待合室で、1時間ほど過ごす。そのうち、少しずつ、人が増えてくる。搭乗30分前になって、だいぶ人が増えてきた。20人ぐらいだろう。空っぽだった搭乗口にも、いつの間にか地上係員が入っている。

ボーディングパス
ボーディングパス

日本円の小銭が邪魔だったので、飲み物を買う。そして、財布の中身をユーロに入れ替える。小銭は長女から買い上げた2ユーロが6枚と1ユーロが3枚。

20140617_235446
搭乗が近づき、フランス語があちこちで飛び交うようになった。今回の目的地はイタリアで、パリは素通りするだけ。しかし、羽田空港にいる時点から、パリの雰囲気?をちょっとだけ味わえる。

image
B777

image
機内へ

20140617_235449
9時半頃から搭乗が始まった。乗るのはB777の古めの機体。エコノミー席は3-4-3の横10列で狭い。11時間の空の旅に耐えられるだろうか。

<前 次>

|

« イタリア旅行記:羽田空港国際線シャワールーム | トップページ | イタリア旅行記:エールフランスAF293便 機内食 »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記:羽田空港国際線シャワールーム | トップページ | イタリア旅行記:エールフランスAF293便 機内食 »