« イタリア旅行記:エールフランスAF293便は、羽田空港国際線ターミナル「141番ゲート」から出発 | トップページ | イタリア旅行記:シャルルドゴール空港 ターミナル2Eから2Fに移動 »

2014.06.19

イタリア旅行記:エールフランスAF293便 機内食

2014/05/22

image
AF293便機内

エールフランスAF293便、離陸して1時間くらいたってから、やっと飲み物のサービスが始まる。まずはメニューが配られる。メインは肉料理が「カントリー風牛肉ソテー」、魚料理が「舌平目の雲丹ソース添え」。"カントリー風"というのがちょっと気になるが、ここは肉料理を選択かな、と考えた。

image
メニュー

image
ハイネケン

飲み物はビールを選択。銘柄は「ハイネケン」。ちょっとしたクラッカーのおつまみが付く。ビールを飲み干して、しばらくたってから、ミールサービス。予定通り、「ビーフ、Please!」。いっしょに、ワインも頼む。ワインは、プラスチック製の小さな容器に入っている。

image
カントリー風牛肉ソテー

日本時間で考えると、午前1時過ぎの夜食、しかしパリ時間だと夕方6時くらいの早めの夕食。空港で夕食はとっていないので、ヨーロッパ時間の夕食と思って、ビーフをおいしくいただく。

食後、映画を少し見たあと、照明が落ちてきたので寝る。途中、気流が乱れて、ベルトサインが何度が点いた。そのたびに、スチュワーデスさんが客席を点検、ベルトを締めずに寝ている人を起こし、注意をしていた。

照明が消え、暗くなっているなかで、なんとなく起きていると、スチュワーデスさんが何かを配ってきた。条件反射で受け取ると、小さなチョコアイスバーだった。ちょっとした気配りがうれしい。

image
朝食

少しは眠ることができただろうか。パリ時間の午前3時前ころから、朝食となる。朝食も、全部食べる。意外と食べられるものだ。

しばらくして着陸態勢に入る。私の座っている通路側の席からも、街の明かりがきらきらと輝いて見える。そして、まだ暗いシャルルドゴール空港に、無事到着。ターミナルは2E。

image
ターミナル2Eに到着

<前 次>

|

« イタリア旅行記:エールフランスAF293便は、羽田空港国際線ターミナル「141番ゲート」から出発 | トップページ | イタリア旅行記:シャルルドゴール空港 ターミナル2Eから2Fに移動 »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記:エールフランスAF293便は、羽田空港国際線ターミナル「141番ゲート」から出発 | トップページ | イタリア旅行記:シャルルドゴール空港 ターミナル2Eから2Fに移動 »