« イタリア旅行記(9)フィレンツェ駅前で TIM SIM を購入し、Nexus 7 でテザリング(2014/05/22) | トップページ | イタリア旅行記(11)フィレンツェカードでジョットの鐘楼に(2014/05/22) »

2014.07.02

イタリア旅行記(10)サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(2014/05/22)

 長旅でとても疲れていたので、しばらく休んでいたかったが、それももったいないので、さっそく出かける。

Img_1633

 まず向ったのは、フィレンツェの中心、サンタマリアデルフィオーレ大聖堂。宿泊場所から、歩いて10分くらいで、近い。

Img_1634

 大聖堂入口。ここは何と言ってもフィレンツェを代表する場所。巨大な建物に感動するかと思っていたが、そうでもない。そういう感情は湧いてこない。疲れすぎているのだろうか。それとも年齢を重ねたせいだろうか。いずれにしろ、知識通りの景色が周りに見える、というような感覚しかない。

Img_1636

 それでも、とりあえず大聖堂に入ってみることにした。大聖堂へは無料で入れる。入口の列も大したことはなく、すぐに中へ入れた。大きな建物なので、内部も当然広い。

20140522_211549
時計?

20140522_211723
聖堂内部

20140522_211800

 教会中央部分は、仕切りがされ、入れないようになっている。壁沿いにぐるっと回る。内部には、ゴテゴテした装飾は無く、シンプルな造り。ゆっくり歩いて一周りして、外に出る。

20140522_212100
最後の審判

Img_1637

 次に、大聖堂の隣にあるジョットの鐘楼に登る

 時差でよれよれになっている身には、414段の階段はなかなかきつかった。それでも、特に問題なく登って、降りてこられたので、ちょっと安心した。ドゥーモにも上がりたいが、それは後日のこととする。

Img_1649
ヴェッキオ宮殿

 ジョットの鐘楼のあとは、シニョリーア広場へ移動する。この広場にはヴェッキオ宮殿がどーんと建っている。

Img_1651

 横の入口からヴェッキオ宮殿内部に入ると、吹き抜けの中庭がある。真ん中に見えるのは、ヴェロッキオ作「イルカを抱いた天使」。外から見た感じと、中の優雅さが対照的に思える。

Img_1652

 ヴェッキオ宮殿を通りすぎて、アルノ川河畔に出てみる。川岸で、ボート漕ぎの練習をしている人たちが見えた。浮き桟橋の横に、ボートの練習台があり、そこで一所懸命に櫂を漕いでいる人たち。

 やっている人は真剣なんだろうが、固定されている練習台は、漕いでも漕いでも、前後に少し動くくらいなので、なんともユーモラスに見えた。

|

« イタリア旅行記(9)フィレンツェ駅前で TIM SIM を購入し、Nexus 7 でテザリング(2014/05/22) | トップページ | イタリア旅行記(11)フィレンツェカードでジョットの鐘楼に(2014/05/22) »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記(9)フィレンツェ駅前で TIM SIM を購入し、Nexus 7 でテザリング(2014/05/22) | トップページ | イタリア旅行記(11)フィレンツェカードでジョットの鐘楼に(2014/05/22) »