« イタリア旅行記(20)普通電車でフィレンツェへ戻る、夜汽車の雰囲気が心地よい(2014/05/23) | トップページ | イタリア旅行記(22)サンタ・マリア・ノヴェッラ駅で13番のバスを待つ(2014/05/24) »

2014.07.04

イタリア旅行記(21)フラワーカフェでブリオッシュとカプチーノの朝食(2014/05/24)

Img_1840

 午前6時、フィレンツェのB&Bで迎える2日目の朝、今日も早く目覚める。昨日は歩きすぎてかなり疲れたので、今日はバスをうまく利用して、できるだけ歩かずに済まそうと思っている。

Img_1845

 7時頃、部屋を出て、2階の扉を開き、薄暗い階段を降りる。B&Bの通路の照明は、スイッチを入れてから1〜2分で、タイマーで切れるタイプ。廊下などは、照明が消えると、完全に真っ暗になる。

Img_1846

 B&Bの玄関ドア。この扉を開けると外に出られる。この扉、鍵に癖があって、外から帰ってきたとき、当初、鍵がなかなか開かず苦労した。少し鍵を持ち上げるようにして回すと簡単に開くようだ。

Img_1847

 外へ出て、まず向かったのは、近所のフラワーカフェ。昨日と同様に、B&Bから支給された食券で朝食をとる。

Img_1848

 ブォンジョルノと言って、店に入る。二日目なので、店主も笑顔で迎えてくれる。ショーケース内には、昨日はなかったブリオッシュが見える。

Img_1850

 プレーンブリオッシュとカプチーノ。今日も、コーヒーには砂糖を入れて飲む。日本では、クリームのみで砂糖は入れないが、イタリアでは入れてみる。簡素な朝食だが、これで充分。

Img_1851

 食事を終え、通りに出る。すぐ近くもバス停から、バスに乗り、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅に出るつもり。駅までは、歩いても10分位の距離だが、少しでも歩かずに済むように、バスを使う。

Cafe

|

« イタリア旅行記(20)普通電車でフィレンツェへ戻る、夜汽車の雰囲気が心地よい(2014/05/23) | トップページ | イタリア旅行記(22)サンタ・マリア・ノヴェッラ駅で13番のバスを待つ(2014/05/24) »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記(20)普通電車でフィレンツェへ戻る、夜汽車の雰囲気が心地よい(2014/05/23) | トップページ | イタリア旅行記(22)サンタ・マリア・ノヴェッラ駅で13番のバスを待つ(2014/05/24) »