« イタリア旅行記(6)シャルルドゴール空港 2F ターミナルで エールフランスAF1066便を待つ(2014/05/22) | トップページ | イタリア旅行記(8)フィレンツェ Lanterna Fiorentina B and B(2014/05/22) »

2014.07.02

イタリア旅行記(7)エールフランス AF1066便 機内軽食(2014/05/22)

 パリ・シャルルドゴール空港から、エールフランスAF1066便でイタリア・フィレンツェに向かう。

Img_1597

 この便の使用機材はA318。エアバスA320ファミリーの短胴型旅客機で、エアバス社の体の中ではもっとも胴体が短い。

 席は、前から5列目くらいの窓側。この席の前までは、JALのJクラスのような、ちょっとだけ広い席になっていて、前後が申し訳程度にカーテンで仕切られている。カーテンのすぐ後ろの席なので、どうもこのカーテンが鬱陶しい。機内は、前の方はほぼ満席だった。

Img_1599
窓からの景色

 AF1066便は7:20発で、フィレンツェ到着は9:10なので飛行時間は2時間足らず。

Img_1600

 シャルルドゴール空港を飛び立ち、しばらくして安定飛行になると、パンと飲み物のサービスがある。パンはブリオッシュというのだろうか。クロワッサンよりも固めのパン。

 フィレンツェに近づくと、雲が多くなってきた。高度が下がっても地面が見えない状態が続く。

20140522_161305

 やっと下界の景色が見えたと思うと、すぐにペレトラ空港に着陸。雨は降ってなさそうで、良かった。

Img_1603

 機内からはタラップで地上に降りる。すぐ近くに低床バスが待っており、それに乗り込む。しばらく待ってドアが閉まり、バスは動き始めた。しかし、ほんの20メートルほど移動しただけでバスは止まり、乗った時と反対側の扉が開いた。

Img_1604
バス車内

Img_1605
飛行場内の低床バス

 直接、歩いて行ったほうが遥かに早そうな距離だったが、バスにいったん乗せるというルールがあるのだろう。預け荷物はないので、そのまま空港到着ロビーへ進む。やっと今回の旅の目的地、フィレンツェに到着した。

Img_1606
到着ロビーへ続く扉

 再び通るはずがないこの扉を、1週間後、また通過することになるとは、神のみぞ知ること。

|

« イタリア旅行記(6)シャルルドゴール空港 2F ターミナルで エールフランスAF1066便を待つ(2014/05/22) | トップページ | イタリア旅行記(8)フィレンツェ Lanterna Fiorentina B and B(2014/05/22) »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記(6)シャルルドゴール空港 2F ターミナルで エールフランスAF1066便を待つ(2014/05/22) | トップページ | イタリア旅行記(8)フィレンツェ Lanterna Fiorentina B and B(2014/05/22) »