« イタリア旅行記(34)Italo 9980 ヴェネツィア行き(2014/05/25) | トップページ | イタリア旅行記(36)高速列車イタロ 車内でくつろぐ(2014/05/25) »

2014.07.06

イタリア旅行記(35)高速列車イタロが出発(2014/05/25)

2014/05/25 08:52 イタロ イタロ 9980列車 サンタ・マリア・ノベッラ駅、8番ホームに、イタロが入線してきた。サンタ・マリア・ノベッラ駅駅は、頭端式ホームなので、ここで進行方向が変わる。ヨーロッパの列車は、日本と違って向かい合わせの固定座席が多い。その大きな理由は、大きな駅に着く度に進行方向が変わる、からだろう。 italo 2両目はPrima イタロの車両は、Club(特等)、Prima(1等)、Smart(2等)の3区分となっている。今回は、Primaを予約してある。Primaは、横3列座席で、通路を挟んで片側2列、反対側が1列となっている。私は、1列座席のトイレが無い側の車両端(COACH2 SEAT1)を指定。車両中央部は向かい合わせの座席となるため避けている。 Prima Prima COACH2のドアから、車内に乗り込む。 Italo 車内 イタロ車内 SEAT1は、入ってすぐの左側だった。車内は意外に東洋人が多い。 そろそろ出発 席に落ち着いたところで、そろそろ出発となる。 出発 イタロ9980列車は、フィレンツェ、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅を出発した。 後ろ向きの席、駅が遠ざかって行く。 コンセントとゴミ箱 コンセントとゴミ箱 シートの前には、コンセントとフタの付いた小さなゴミ箱がある。ゴミ箱の大きさが中途半場に小さく、ゴミ箱の掃除はどうやってやるんだろう?と、ちょっと疑問に思う。 トンネル内で290km トンネル内で290km しばらくすると長いトンネルに入った。アペニン山脈越えのトンネル、この中で、列車はスピードを上げ、前方の電光掲示板に290kmと表示される。座席は車両の一番端だが、特に揺れが大きいということもなく快適だった。

|

« イタリア旅行記(34)Italo 9980 ヴェネツィア行き(2014/05/25) | トップページ | イタリア旅行記(36)高速列車イタロ 車内でくつろぐ(2014/05/25) »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記(34)Italo 9980 ヴェネツィア行き(2014/05/25) | トップページ | イタリア旅行記(36)高速列車イタロ 車内でくつろぐ(2014/05/25) »