« イタリア旅行記(27)シエナ大聖堂へ(2014/05/24) | トップページ | イタリア旅行記(29)カンポ広場で遅めのランチ Ristorante Alla Speranza(2014/05/24) »

2014.07.05

イタリア旅行記(28)シエナ大聖堂内部を見学(2014/05/24)

2014年5月24日 午後2時10分
そもそも、シエナへ来ようと思ったのは2つの理由がある。

一つは、10年以上前に見た雑誌の影響。昔、シリーズものでよくあったうちの一つで、毎号、各地の世界遺産を特集していた。その雑誌が、健康診断を行っているクリニックに置いてあり、待ち時間に読んでいた。その中にシエナの特集があり、カンポ広場などが取り上げられていた。気持ちよさそうな場所なので、一度は訪れたいと思っていた。

もう一つの理由は、イタリア旅行を計画していて、よくトリップアドバイザーを見ていたが、おすすめ観光名所のレビューに、シエナ大聖堂がとてもよかった、という話が良く出てくる。写真を見ると、縞模様のデザインで特徴ある教会。なかなか良さそうなので、今回の旅でぜひ行きたい場所として、予定に入れていた。

シエナ大聖堂内部
シエナ大聖堂入り口

シエナ大聖堂の入場チケットを4ユーロで購入し、大聖堂へ入る。入口は多少人が集まっていたが、スムーズに入場する。天気が良すぎて、外が明るいため中は暗く感じそう。

シエナ大聖堂内部
大聖堂の中へ

係員に、チケットのバーコードをチェックしてもらい、中に入る。

シエナ大聖堂内部
シエナ大聖堂床

入ってすぐのところに、このようなモザイク画でできた床がある。真ん中の絵は、シエナのシンボル、ロムルスとレムスが雌オオカミに育てられた場面。ロムルスとレムスは、ローマ建国の神話に登場する双子の兄弟で、この二人によってローマ市は建設されたことになっている。

シエナ大聖堂内部
大聖堂内部

教会内部は、白黒の大理石でできた縞模様が特徴となっている。柱も、単純な構造では無く、数本の柱が組み合わさって1本に見えるようなデザイン。

シエナ大聖堂内部
天井

縞模様を基本としながらも、天井まで美しくデザインされている。柱の上部あたりに、人の顔の彫刻がずらっとなrんでいるのが分かる。

シエナ大聖堂内部
縞模様の柱

1本の柱だけでも、かなり大きい。床のデザインも凝っている。床のモザイク画部分には、人が入らないようにロープが張られている。奥の方には、クーポラが見える。

シエナ大聖堂内部
奥に主祭壇

クーポラのさらに先に主祭壇がある。

シエナ大聖堂内部
主祭壇を撮っている女性

日本人女性が、主祭壇を熱心に撮影していた。

シエナ大聖堂内部
小さな扉

隅の柱の奥に、小さな扉が開いている。この奥は、おみやげコーナーになっている。この扉は、写真で見る感じよりも狭く、人ひとり通るのがやっとの幅しかない。

シエナ大聖堂内部
外へ

シエナ大聖堂内部をじっくり見学し、充分堪能したところで、外に出る。薄暗いところにずっといたので、外はまぶしすぎて、しばらく階段に座って休む。

|

« イタリア旅行記(27)シエナ大聖堂へ(2014/05/24) | トップページ | イタリア旅行記(29)カンポ広場で遅めのランチ Ristorante Alla Speranza(2014/05/24) »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記(27)シエナ大聖堂へ(2014/05/24) | トップページ | イタリア旅行記(29)カンポ広場で遅めのランチ Ristorante Alla Speranza(2014/05/24) »