« イタリア旅行記:Trattoria da Guido で夕食 | トップページ | イタリア旅行記:シャトルバスでフィレンツェ・ペレトラ空港へ向かう »

2014.07.07

イタリア旅行記:最後の夜、フィレンツェ中心部を歩く

2014年05月26日 20:56
Firenze
ヴェッキオ宮(シニョリーア広場)

明日には帰国、フィレンツェ最後の晩となる。食後、中心部をぶらぶら散歩する。さすがに5日間も同じ場所にいると、自宅の近所を散歩しているような感覚になってくる。

Firenze
コジモ1世の乗馬像(ブロンズ)

メディチ家出身で、初代トスカーナ大公となったコジモ1世。今日のフィレンツェの景観を作り上げたという。

Firenze
ネプチューンの噴水(大理石とブロンズ)

Firenze
ヴェッキオ宮を見上げる

がっしりとした力強さを感じる建物。今回、内部を見学する機会を逸した。残念。

Firenze
ヴェッキオ宮内部(吹き抜け部分)

Firenze
ダヴィデ像

ホンモノは、アカデミア美術館でじっくり鑑賞した。この写真だとスピーカーの上に乗っているようにも見える。

Firenze
ランツィのロッジア(Loggia dei Lanzi)

ヴェッキオ宮の前に椅子が並べられている。なにか催し物が行われるようだが、すぐに始まるような雰囲気では無い。

Firenze
シニョリーア広場から共和国広場方向へ歩く。9時半過ぎだが、それなりに人通りはある。

Firenze
共和国広場の夜景。初日に、老舗カフェGiLLiでくつろいだことなど想い出す。

Firenze
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂まで戻ってきた。きれいにライトアップされているので、建物の細かい装飾が昼間以上に良く見える。寒くは無いので、建物の前で座ってのんびり時間を過ごす人も多い。

Firenze
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の巨大なドーム屋根を見上げながら、ふたたびこの地を訪れる日はくるのだろうか、などと考えていた。

Firenze
結局、見学する機会がなかったサン・ロレンツォ聖堂(メディチ家礼拝堂)。いろいろとやり残したことが多い。やはり、もう一度、ここへ戻ってこなければならない、ということだろう。

振り返って見れば、丸1日フィレンツェに滞在した日はなかった。もう少し腰を落ち着けたスケージュールにするべきだった。

|

« イタリア旅行記:Trattoria da Guido で夕食 | トップページ | イタリア旅行記:シャトルバスでフィレンツェ・ペレトラ空港へ向かう »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記:Trattoria da Guido で夕食 | トップページ | イタリア旅行記:シャトルバスでフィレンツェ・ペレトラ空港へ向かう »