« イタリア旅行記:KLMオランダ航空 KL1642便は遅延、そしてCancel | トップページ | イタリア旅行記:ボローニャ空港 (BLQ)に到着 »

2014.07.08

イタリア旅行記:フィレンツェペレトラ空港から高速バスに乗り、ボローニャへ

2014/05/27 14:05
ペレトラ空港
ペレトラ空港で、ボローニャ空港行きバスの到着を待つ人々。
飛行機に乗るために空港に来たのに、乗るのはバス。

午後2時以降に出発の便は、普通に飛んでいるようで、時々、旅客機が離陸していくのが見える。

ペレトラ空港バス
大型バスが何台かペレトラ空港前に到着した。
しかし、すぐには搭乗は始まらない。
私はバックパック一つなので困らないが、荷物が多い人はたいへんそう。

ペレトラ空港
しばらく待って、やっと搭乗が始まる。
複数の便がCancelになっているので、乗り間違いがないように、搭乗券を厳密にチェックされながら、バスに搭乗する。

ペレトラ空港
バス車内の様子
この時点ではまだ満席ではないが、あとで満席となる。

ペレトラ空港
車内から外をみたところ
隣にも、同じ大型バスが並んでいるのが分かる。
同じ便の乗客だと思うが、隣のバスは、まだ搭乗が始まっていない。

ペレトラ空港
15:27
バスは空港の敷地を出て、一路、ボローニャ空港に向かう。

考えてみれば、KLMオランダ航空という大手キャリアだから、飛行機がCancelになっても、代替え手段を用意して、次善のルートで乗客を運んでくれるわけで、これが、同様にCancelになっていた、隣ゲートのブエリング航空(Vueling Airlines)のようなLCCだったら、払い戻しされるか、次の便に振替られるか程度の対応になるのだろう。
こういう場合は、大手キャリアのありがたみを実感する。

高速へ
14:34
すぐに高速道路に乗る。

image
大型バスは、高速道路「E35号線」を走っている。
E35号線は、欧州自動車道路のAクラス幹線道路で、オランダのアムステルダムからドイツ・スイスを経て、ローマまで続いている。

アペニン山脈越え
バスは山岳地帯に入ってきた。
一昨日は、高速列車イタロで通過したアペニン山脈を、今日はバスで越えることになった。

トンネルはあまり無く、山に沿った片側3車線の緩やかなワインディングロードが続く。

飛行機のCancelというハプニングから乗ることになったバスだが、これも貴重な経験として、楽しみたい。

|

« イタリア旅行記:KLMオランダ航空 KL1642便は遅延、そしてCancel | トップページ | イタリア旅行記:ボローニャ空港 (BLQ)に到着 »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記:KLMオランダ航空 KL1642便は遅延、そしてCancel | トップページ | イタリア旅行記:ボローニャ空港 (BLQ)に到着 »