« イタリア旅行記:Lanterna Fiorentina B and B | トップページ | イタリア旅行記:サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 »

2014.07.02

イタリア旅行記: フィレンツェ駅前で TIM SIM を購入し、Nexus 7 でテザリング

2014/05/22
今回の旅でも重要なポイントであるSIM購入について記してみたい。

image
駅前のTIMショップ

事前にイタリアの通信事情について調べてみた結果、TIM(テレコム イタリア モービレ)という通信会社のSIMを入手することに決めていた。フィレンツェ市内にも多くの店舗があり、確実にSIM入手が可能と考えていた。

SIMを購入したのは、フィレンツェ サンタマリアノベッラ駅前にある店舗。店舗の場所については、事前にTIMのホームページで調べた上、Google MAPのストリートビューで確認しておいた。

店舗の場所は、サンタマリアノベッラ駅を背にして、右側、トラムの線路を横切って、道を渡ったあたりの商店街の並びにある。

image
カウンター

店に入り、カウンターにいた男性に、「プリペイドSIMを購入したい」と英語で伝える。この男性は、英語が苦手らしく、「別の担当が英語が得意だから、ちょっと待ってね」と言われる。そして、ほどなく、その別の男性が登場。その彼に、データ通信用のSIMを購入したい旨伝える。

image

店員「プリペイドSIM買いたいんだね、OK。ところで、イタリアには何日ぐらい滞在するの?」
私「一週間ぐらい」
店員「それなら、一番安い2GBのSIMでいいね。25ユーロだけど、いいいかい?」
私「それでOK。」

店員「SIMのサイズは、マイクロそれともナノ?」
私「マイクロ」
店員「分かった。SIMを用意するから、ちょっと待ってくれ」
ほどなく店員がSIMを持ってくる。25ユーロを支払い、SIMを受け取る。
店員「SIMが有効になるまで、24minuteかかるから」
私「分かった」
 「24分」というのがどうも中途半端、ひょっとして「24時間」の聞き間違いかとやや気になったが、まあいいかと、SIMを受け取り、店を出る。

image
マックでSIMをセットアップ

SIMのセットアップをすぐしてみたかったので、駅構内のマクドナルドに入り、コーヒーアンドブリオッシュを注文。商品を受け取り席に座る。

包みを開き、SIMサイズに間違いないか確認の上、SIMをカードからバキバキ割って切り出す。このSIMを使うのは、今回も持参したSIMフリーのNexus7。さっそくNexus7にこのSIMを入れて電源オン。

image
TIM SIM

SIMは認識されたようで、TIMからのSMSを受信。しかしアンテナマークは立たない。SIMが有効になるまで、24分かかると言われているので、焦る必要はないと、ゆっくりブリオッシュを食べる。

image
SMSを受信

食事が終わっても、アンテナは立たず、先に宿泊先にチェックインすることに。チェックイン後、部屋に入ってから、Nexus7を見るが、やはりアンテナは立っていない。もう24分以上たったはずで、おかしいなぁと思い、電源を切って入れ直してみる。するとSIMが有効になったようでアンテナが立った。

そのあと、すぐにはネット接続できなかったが、10分くらいたった頃だろうか。完全にインターネット接続が出来る様になった。さらに、設定から、テザリングを選ぶ。テザリングも特に問題なく使用できるようだ。これで、イタリアでのネット接続回線が確保できた。


TIM SHOPの場所

海外一人旅では、ネット接続できるということがとても重要。今回の旅でも、徒歩の経路、バスの経路、電車の接続時間や乗車ホームの確認など、あらゆる場面でインターネット接続を利用してきた。

今後、SIMフリーのスマートフォンなどが一般化されれば、より便利に使えることになるだろうが、今のところはそうもいかないので、海外旅行では、Nexus7をモバイルルーターがわりにして、iPhoneを使用する。Nexus7は、やや重くて荷物になるが、バッテリーの持ちは良いので、こういう用途には安心して使える。

|

« イタリア旅行記:Lanterna Fiorentina B and B | トップページ | イタリア旅行記:サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記:Lanterna Fiorentina B and B | トップページ | イタリア旅行記:サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂 »