« イタリア旅行記:フレッチャロッサでフィレンツェへ戻る | トップページ | イタリア旅行記:最後の夜、フィレンツェ中心部を歩く »

2014.07.07

イタリア旅行記:Trattoria da Guido で夕食

2014年05月26日 19:00
Firenze
サンタマリアノベッラ駅前に出る。外はまだ明るい。実質的な最終日ということで、念のため早めにフィレンツェへ戻るように予定を立てていた。

Firenze
明日は帰国の途につくので、空港行きシャトルバスの場所と時刻を確認する。空港行きのバスは、駅のすぐ正面から発車する。1時間に2本の便があり、毎時20分と50分に発車するようになっている。

フィレンツェ最後の夜なので、レストランに入り夕食をとるつもり。いったん、B&Bへ戻り、すぐまた外出する。特に決めた場所もなかったので、近くを歩いて良さそうな店を物色する。

Firenze
Trattoria da Guido

駅前の通りから、1本入った通り沿いに、ちょっと感じが良さそうなトラットリアを見つけた。庶民的な雰囲気だったので、まず間違いないだろうと入ってみる。

案内の女性に、外の席にするか、中の席にするか聞かれた。外はちょっと寒そうだったので、中を選ぶ。間口は狭いが、奥行きはけっこうあって、内部には大勢の先客がいた。

Firenze
CASTELLO

まずはビールを注文。そして、プリモとしてカルボナーラ、セコンドとしてビステカ(骨付き牛肉)500gを注文した。

Firenze
ほどなくして、パスタが登場。ひとりめしはやや味気ないが、料理はうまい。

Firenze
次は、メイン料理、500gのビステカ。肉はそれほど好きじゃ無いが、フィレンツェ名物ということで注文してみた。日本で食べるビーフステーキのような油がのった肉ではなくて、あっさりした味。しかし、500gは多すぎた。全部は食べきれなかった。

Firenze
おなかに余裕があれば、デザートも頼みたかったのだが、もうおなかいっぱい。残念だが仕方ない。一人旅に出ると、なぜかおなかが空かなくなる。
テーブルで会計を済ませ、店を出る。

|

« イタリア旅行記:フレッチャロッサでフィレンツェへ戻る | トップページ | イタリア旅行記:最後の夜、フィレンツェ中心部を歩く »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記:フレッチャロッサでフィレンツェへ戻る | トップページ | イタリア旅行記:最後の夜、フィレンツェ中心部を歩く »