« イタリア旅行記:小雨の中、アムステルダム中央駅に戻る | トップページ | イタリア旅行記:オランダを出国 »

2014.07.09

イタリア旅行記:アムステルダム中央駅から電車に乗る Welkom bij NS

2014/05/28 10:18
アムステルダム中央駅
帰りも、往きと同様に自動販売機で切符を購入する。
自動販売機の画面を見ると、「ik wil naar schiphol」というアイコンがあるのに気づいた。
スキポール空港行きはこれだと思い、英語表示にするのも忘れたまま、次に進んだ。
「1e klass」「2e klass」は、「2e klass」を選択、次に枚数のところは「1 kaartje」を選ぶ。

アムステルダム中央駅
あとは、硬貨を4EUR投入するだけ、無事、切符が発行された。
コインを入れるごとに、「4.00」の部分が「0.00」に近づいていく

アムステルダム中央駅
今度のスキポール空港行きは、14aホームからの出発となっている。
アムステルダム中央駅からスキポール空港までは、Intercityで17分ほどかかる。

アムステルダム中央駅
ホームに上がる。
中央駅で驚いたのは、ホームにゴミが散乱していたこと。
掃除がまだ終わっておらず、昨晩の状態のままとはいえ、ちょっとこれはひどすぎる。
夜中も電車は動いているらいしので、その影響もあるのだろうが、もうちょっときれいにしてほしい。

アムステルダム中央駅
大きなドーム屋根がヨーロッパの駅らしくて良い。

アムステルダム中央駅
反対側を見るとこのような風景。
こちらもなかなか良い雰囲気。
ゴミが無ければ、もっといいが。

アムステルダム中央駅
こんな二階建て電車も時々やってくる。
基本的に1両の中に1等と2等が混している。
また、各駅停車と快速があるが、どちらに乗っても、スキポール空港には行ける。

アムステルダム中央駅
到着した電車に乗り込む。
発車を待っていると隣のホームに特急電車が滑り込んできた。
この特急は「タリス」、フランス・ドイツ・ベルギー・オランダを結ぶ高速列車。
フランスのTGVを基本としており、最高時速は300Km。
このタリスにも一度は乗ってみたい。
スキポール空港から、中央駅へ移動し、アムステルダム市街地を3時間くらいかけて散策した。
荷物がほぼバックパック一つ、身軽なひとり旅なので、こういう行動も簡単にできる。

|

« イタリア旅行記:小雨の中、アムステルダム中央駅に戻る | トップページ | イタリア旅行記:オランダを出国 »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記:小雨の中、アムステルダム中央駅に戻る | トップページ | イタリア旅行記:オランダを出国 »