« イタリア旅行記:SPIRITO SANTOからジュデッカ運河沿いを歩く | トップページ | イタリア旅行記:プロシュートピザを食べ、アカデミア橋へ »

2014.09.05

イタリア旅行記:サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂

2014/05/25 12:15
ベニス
ジュデッカ運河沿いをさらに進む。
このあたりの歩道は、きれいに整備されており、気持ちがいい。

Venice
歩行経路

ベニス
先端部分
SPIRITO SANTOからジュデッカ運河沿いを歩き、サンタ・マリア・デッラサルーテ聖堂(Basilica di Santa Maria della Salute)がある島の先端部分(税関岬)までたどり着いた。先端部分には、特に何も無いが、人気スポットとなっており、記念撮影をしている人が多い。しかし、残念ながら、ひとり旅の私は特に何もすることがない。

右手前方に見える教会が、サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂。小さな潟の上に建っており、潟の大部分が教会になっている。時間があれば、水上バスで渡ってみたいところだが、今回はムリ。

San Giorgio Maggiore
サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂

ベニス
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂
岬を回り込んで、さらに進むと、サンタマリアデッラサルーテ聖堂が見えてくる。1681年に完成した建物で、ペスト流行の終焉を感謝し、聖母マリアに捧げるためつくられた。

ベニス
15段ほど階段がある。
32年前、泊まったホテルの窓から、この教会が見えていたので、とても印象に残っている。当時、ホテルの部屋からだと、海の向こうにある教会のように見えて、歩いて行けるとは思っていなかった。あとで旅の仲間から、見てきたよ、と言われ、橋でつながっていることを知った。そんな想い出がある教会。

ベニス
サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂の内部
割とこぢんまりとした聖堂。中央部分は、柵に囲まれていて入れない。周辺をぐるっと回ってみる。

ベニス
正面祭壇から、入口を見返す
中央部分には、このようなものがぶら下がっている。香を焚く器具だろうか。

ベニス
正面階段でくつろぐ人々
写真は、サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂入口から外の景色を撮ったところ。ちょうど日陰になって涼しかったので、三々五々、くつろいでいる人がいた。すぐ前の運河には、ゴンドラが停泊できるようになっている。

向こうに、サンマルコ広場の鐘楼が見える。鐘楼の手前下部、左側の建物が、32年前に宿泊したホテル「バウアー イル パラッツォ(BAUER IL PALAZZO)」。

BAUER IL PALAZZO
BAUER IL PALAZZO

|

« イタリア旅行記:SPIRITO SANTOからジュデッカ運河沿いを歩く | トップページ | イタリア旅行記:プロシュートピザを食べ、アカデミア橋へ »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記:SPIRITO SANTOからジュデッカ運河沿いを歩く | トップページ | イタリア旅行記:プロシュートピザを食べ、アカデミア橋へ »