« イタリア旅行記:シャトルバスでフィレンツェ・ペレトラ空港へ向かう | トップページ | イタリア旅行記:KLMオランダ航空 KL1642便は遅延、そしてCancel »

2014.10.24

イタリア旅行記:フィレンツェ ペレトラ空港に到着

2014/05/27 10:20
空港に到着
シャトルバスはペレトラ空港(Aeroporto di Firenze-Peretola)に到着。
駅から20分くらいで到着、街から非常に近い空港である。

先週、22日(木)以来のペレトラ空港、やっと出発地点に戻ってきたという感じ。
天気は特に心配してないが、雲が多く、少し雨が降っている。

出発ロビーへ移動
バスを降り、柱が並んでいて、やや狭い通路を歩いて、出発ロビーへ移動。
小規模な地方空港なので、それほど歩く必要は無い。

エスカレーターで二階へ
シンプルな造りの空港1階から、エスカレーターで出発ロビーがある2階へ。
左奥には、エレベーターがあり、大きな荷物をもった客が並んでいる。

チェックイン
チェックイン手続きは、エールフランスとKLMオランダ航空の共通窓口で行う。

image
窓口で、Eチケット控えとパスポートを見せて手続き。
預け荷物はないので、手続きは簡単に終わり、無事、搭乗券を受け取る。
KL1642便アムステルダム行きは、8番ゲートからの出発。

image
セキュリティーチェックを受ける。
特に問題無く通過。
シュンゲン協定内の移動なのでパスポートコントロールは無し。

image
ペレトラ空港の搭乗ゲートは1階にある。
小さな空港なので、すべてバス移動での搭乗となっているようだ。
寂しげな階段を下へ降りる。

peretola
出発ゲートに降りてきた。
各ゲートごとの間隔は狭く、椅子も少ない。
バスの待合室のような雰囲気もある。

peretola
アムステルダム行きは8番ゲートからの出発だが、その隣のガラスで仕切られた9番ゲートは、シュンゲン協定外への出発ゲートとなっていて、ここにパスポートコントロールがある。
イギリス方面へ行く便などは、9番ゲートからの出発となる。

この時は、「空港に着き、搭乗券を受け取ったので、もう一安心。あとは、飛行機を乗り継ぎながら、日本へ帰るだけ」と、リラックスしていた。

しかし、予想外の出来事はここから始まる。

|

« イタリア旅行記:シャトルバスでフィレンツェ・ペレトラ空港へ向かう | トップページ | イタリア旅行記:KLMオランダ航空 KL1642便は遅延、そしてCancel »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記:シャトルバスでフィレンツェ・ペレトラ空港へ向かう | トップページ | イタリア旅行記:KLMオランダ航空 KL1642便は遅延、そしてCancel »