« イタリア旅行記:最後の夜、フィレンツェ中心部を歩く | トップページ | イタリア旅行記:フィレンツェ ペレトラ空港に到着 »

2014.10.21

イタリア旅行記:シャトルバスでフィレンツェ・ペレトラ空港へ向かう

2014/05/27 07:37
firenze bus
イタリア最後の日の朝となった。
部屋の窓から下を見下ろすと、駅方向へ向かう路線バスが見えた。
今日はオランダ・アムステルダムを経由して、成田行きの帰国便に乗る予定。

12:35 フィレンツェ/ペレトラ-14:50アムステルダム/スキポール KL1642
17:50 アムステルダム/スキポール-12:00東京/成田 KL863

フィレンツェ ペレトラ空港からの出発は12時35分。

2時間前までに空港に到着すると考えると、空港着が10時35分。
空港までのシャトルバスの所要時間は、20分程度なのだが、余裕をみると、9時台のバスに乗るのがベストな選択となる。

フラワーカフェ
いつものようにフラワーカフェへ。
5回目の利用ともなると、店主はちらっと見ただけで「チャオ!」と出迎えてくれる。

カプチーノとショコラブリオッシュの朝食
いつものあれ、という感じで、カプチーノとショコラブリオッシュを注文。
何でも無いことだが、ここで朝食をとるのも最後と思うと、ちょっと感傷的になる。

日本でコーヒーを飲むときには、砂糖はいっさい使わないが、イタリアでは勧められるままに砂糖を入れて飲む。
これも、郷に入れば郷に従え、ということか。

いったんB&Bに戻り、荷物を整理。
B&Bのオーナー、ジアナさんに挨拶してから、8時過ぎに宿を出る。

メディチ家礼拝堂
まだ時間があるので、もう一度、旧市街中心部へ歩いて行く。
昨夜も通ったメディチ家礼拝堂の横を過ぎる。地味な外観だが、朝日に反射し輝いて見える。

サンタマリアデルフィオーレ
大聖堂の前にやってくる。
この時間だと、観光客はほとんどいない。
今日でこのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂も見納め。

ベンチにすわって建物を眺めていると、ジプシーのおばちゃんが、お金をくれ、とやってくるが、無視して立ち去る。

ベッキオ橋
さらに南へ歩き続けて、ベッキオ橋までやって来た。
当然、橋の上の店はすべて閉まっている。橋の左右のほとんどを店が塞いでいるので、橋の上にいるとは感じにくい。

この時間帯は、観光客は目立たず、地元民が通勤で歩いているだけ。
マキャベリもこの橋を歩いていたのだろうか。

ベッキオ橋
川沿いから、ベッキオ橋を眺める。
この橋も今日で見納め。
振り返って考えれば、橋の向こう側へはほとんど行かなかった。
サンスピリト教会、ピティ宮やボーボリ庭園など見所が多いのだが、時間がたりなかった。

アルノ川の風景
ヴェッキオ橋のたもとからアルノ川を見渡す。
アルノ川は、このあたりの前後が堰止めされているため、水が多く、流れは穏やかに見える。
対岸もゆっくり歩いてみたかった。

空港行きシャトルバス
9:54 駅前に戻り、空港行きシャトルバスに乗り込む。
ちょうどいいぐらいの時間になった。

シャトルバスから駅を見る
シャトルバスの窓から、サンタ・マリア・ノベッラ駅を見る。
この駅には、毎日のように足を運んだ。
ふたたび、この駅を訪れることはあるだろうか。

|

« イタリア旅行記:最後の夜、フィレンツェ中心部を歩く | トップページ | イタリア旅行記:フィレンツェ ペレトラ空港に到着 »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記:最後の夜、フィレンツェ中心部を歩く | トップページ | イタリア旅行記:フィレンツェ ペレトラ空港に到着 »