« イタリア旅行記:スキポール空港のラウンジで生き返る | トップページ | イタリア旅行記:関西国際空港に到着 »

2014.12.11

イタリア旅行記:関空行きKL867便に搭乗

2014/05/28 13:37
image
ラウンジを出て、D47出発ゲート前にやってきた。

image
横の窓から、大阪行きのKL0867便となるボーイング777が見える。
外はあいかわらずの曇り空。

image
ゲートの入口でセキュリティチェック。
スキャナーをかけられた上に、ボディチェックまでやられる。
なかなか徹底している。

image
出発までの時間を、ゲートの待合室で過ごす。
この中は、大阪弁をしゃべるおばちゃんばかりいて、もうすでに日本に帰ってきたような雰囲気。

image
ボーディングブリッジから搭乗。
ほとんど日本人ばかり。

image
座席は、34G、右側列の通路側。
長時間のフライトはやはり通路側が安心できる。

隣の座席上に見える、白いふわふわした枕のようなもの、今まであまり活用してこなかったが、長時間のフライトでは、これをうまく使うと、腰痛がだいぶ軽減でき、とても役に立つ。

|

« イタリア旅行記:スキポール空港のラウンジで生き返る | トップページ | イタリア旅行記:関西国際空港に到着 »

旅行記 イタリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記:スキポール空港のラウンジで生き返る | トップページ | イタリア旅行記:関西国際空港に到着 »