« 全日空 ANA1606便 搭乗記 (高知空港KCZ->伊丹空港ITM) | トップページ | 伊丹空港展望デッキにて(2) 小型機の離着陸 »

2015.02.26

伊丹空港展望デッキにて(1) 雨の伊丹、晴れの伊丹

2015/02/26
itami
雨の中、駐機しているのは、ANA WINGSの2機、手前がボンバルディアDHC8-Q-400(JA845A)、奥がボーイング737-500(JA359K)。
どちらも小さい機体だが、さすがに、この2機が並ぶと、B737-500は大きく見える。

itami
こちらは、スポットに駐機しているJ-AIR機、エンブラエルERJ-170(JA225J)。
2014年3月に受領した新しい機体で、まだ1年経っていない。
標準座席数は76席なので、ANAのB737-500(126席)と比べても、さらに小さい。

itami
B767-300(JA8669)の向こう側、ボンバルディアDHC8-Q-400へ乗り込んでいく人々。
傘をさして歩いて搭乗するのは、ちょっとたいへんそう。

itami
ワンワールド塗装のJAL機、ボーイングB777-200(JA771J)。
「member of one world」と書かれている。

itami
ジェイエアーのエンブラエル機がプッシュバックされていく。
操縦席前のワイパーは、B787と同様に、縦に付いている。
同じエンブラエルでも、フジドリームエアラインズのものよりも、なんとなく小さく見える。

2015/02/27
itami
こちらは、誘導路を移動するジェイエアーのボンバルディアCRJ-200(JA201J)。
標準座席数は50席で、エンブラエルERJ-170よりさらに小さい。

itami
JAL ボーイング777-200(JA8978)、羽田から飛んできた機体だろうか。

itami
駐機スポットに近づくJAL B777-200、天井に付いている丸い蓋のような部分は、JAL SKY Wi-Fiの為の機器。

itami
離陸していくJAL ボーイング767-300(JA602J)。
JAL B767-300の標準座席数は、261席 or 232席となっている。

itami
さらに上昇していくボーイング767-300(JA602J)
伊丹空港では、ほぼANA系とJAL系しか飛んでこないので、あまり楽しくはない。

|

« 全日空 ANA1606便 搭乗記 (高知空港KCZ->伊丹空港ITM) | トップページ | 伊丹空港展望デッキにて(2) 小型機の離着陸 »

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全日空 ANA1606便 搭乗記 (高知空港KCZ->伊丹空港ITM) | トップページ | 伊丹空港展望デッキにて(2) 小型機の離着陸 »