« 伊丹空港展望デッキにて(1) 雨の伊丹、晴れの伊丹 | トップページ | 伊丹空港展望デッキにて(3) B777-200 »

2015.02.27

伊丹空港展望デッキにて(2) 小型機の離着陸

2015/02/27
itami
スポットに駐機しているJAL機は、B777-200だろうか。

itami
ANAのボンバルディアDHC8‐Q400が滑走、そろそろ離陸するところ。
ボンバルディアは極力避けているので、今まで乗ったのは1回だけ。

itami
目の前を離陸していくボンバルディア機。
エンジンが妙に長く、タイヤがエンジンの下に収納されるところがおもしろい。

itami
端正な姿を見せるANAのB737-800。ウイングレット付きの機体は、より引き締まって見える。
背景には、消防車。

itami
主翼の付け根、ライトがきらっと光る。

itami
旧塗装のジェイエアー機が着陸してきた。エンブラエルE170でしょう。
ジェイエアーは、JALの子会社で大阪空港をハブ空港として日本全国に飛んでいる。

itami
ジェットエンジンカバーの後ろ側が開き、逆噴射していることがわかる。
JA219Jは、2010年10月登録の機体。

--

昨年から飛行機事故が続いている。
先日の台湾での事故にひきつづき、今度は、ドイツルフトハンザ航空の子会社LCCジャーマンウイングス(Lufthansa's low-cost subsidiary Germanwings)A320の墜落。

事故原因は何なのか。
結局、人が操縦しているかぎりは、ミスは防げないし、パイロットが意図的にやった事であれば、なおさら防ぎようがない。

昨年のマレーシア航空370便のような迷宮入りにならないことを祈るばかり。

|

« 伊丹空港展望デッキにて(1) 雨の伊丹、晴れの伊丹 | トップページ | 伊丹空港展望デッキにて(3) B777-200 »

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊丹空港展望デッキにて(1) 雨の伊丹、晴れの伊丹 | トップページ | 伊丹空港展望デッキにて(3) B777-200 »