« 関空KIXカードはお得 | トップページ | 成田空港第二ターミナルの展望デッキにて »

2015.02.20

成田空港の検問

22~23年ぶりに成田空港を利用した。
特急料金不要のアクセス特急成田を利用し成田へ、空港第二ビル駅で降りる。
空港ビルに向かう途中に「検問」がある。

もう廃止されたかと思っていたが、ちゃんと昔通りやっていて、ちょっと懐かしく感じた。
検問と言っても、パスポートや運転免許証などを見せるだけなので、一瞬で終わる。
たぶん、ほとんど実際には見ていないだろう。

空港第二ビル駅の検問所
空港第二ビル駅の検問所

学生時代ヨーロッパへ行くときは、成田出発だったので、場所は違うが、やはりこの検問を受けた。
30年以上の月日が過ぎても、その瞬間のことは記憶に残っている。
成田空港というのは特別な場所なんだということを実感させる検問だった。

この形骸化した検問が、予定通りだと3月までには全廃されることになっている。
「成田が国際線、羽田が国内線」という枠組みは、とうの昔に崩れた。
LCCの台頭により、国内線比率が高まる成田空港にとって、検問という仕組みは、あまりに時代遅れに映る。

今回、第一ターミナル、第二ターミナル共に、いろいろ歩き回ってみたが、古い設備という印象が強い。
結局、成田の実態は、大きくて老朽化した地方空港だろう。
この地方空港が、それなりに利用され続けるため、もっと特徴を出していかないといけないだろう。
成田は、LCCの国内線からLCCの国際線に乗り継ぐ空港になればいいのじゃないか。

ターミナル3手前の検問所
ターミナル3手前の検問所

今度、供用開始される第三ターミナルを含めて、低価格路線は成田、レガシーキャリーは羽田という棲み分けが良さそう。
成田ならLCCの地方路線が増えても、既存路線とあまり競合しないはず。

便利な空港のフライトは値段が高く、不便な空港のフライトは安く、これで理にかなっている。
羽田はどんどん高級路線・高機能路線で発展させ、成田は古くからの設備を有効活用しながら、延命させ、LCCの国際線・国内線乗り継ぎで、もっと多くの観光客に来てもらう。
なかなかいい方向性と思うがどうかな?

|

« 関空KIXカードはお得 | トップページ | 成田空港第二ターミナルの展望デッキにて »

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関空KIXカードはお得 | トップページ | 成田空港第二ターミナルの展望デッキにて »