« 伊丹空港展望デッキにて(3) B777-200 | トップページ | 高知市上空を通過するフライト »

2015.02.27

全日空 ANA1605便 搭乗記 (伊丹空港ITM->高知空港KCZ)

2015/02/27
ANA 1605 大阪(伊丹)(10:10) - 高知(10:55) 普通席
旅割28 搭乗口6(南ターミナル) 17F

DSCN1362
これから乗る予定のANA1605便を6番ゲートで待っていたが、前の便がいっこうに到着しない。
福岡発伊丹行きの便がかなり遅れている様子。
仕方なく、となりのスポットに駐機しているB777を眺める。
機体番号JA707Aは、1999年10月登録のボーイング777-200。
伊丹空港には小さい飛行機も多いが、このB777-200も多くやってくる。

DSCN1365
ジェットエンジンのクローズアップ。
全長63.7mの巨体を2つのエンジンで飛ばすのだから、当然、エンジンも大きくなる。
ANAのホームページによると、このエンジンは、プラット・アンド・ホイットニー製、PW4074型。
ファンの直径が2.85 m、全長4.868 mのターボファンエンジン。
エンジンの重さだけで7トンを超える。
そして、ETOPS180(このエンジン1基のみで最高180分の飛行可能)に認定されたエンジン。

DSCN1364
B777胴体下の車輪部分。
一脚6輪は遠くから見てもすぐわかるB777の特徴となっている。

DSCN1367
折り返しで高知行きとなるB737-500がやっと到着した。
何度か遅くなるというアナウンスがあったが、結局、予定より50分ほど遅れた。

DSCN1368
待ちくたびれた頃、やっと搭乗する。
出発が遅れるのは、機体に問題があるのではないかと気になってイヤな感じがする。

DSCN1371
ボーイング737-500(JA304K)は離陸、雲を突き抜けて上昇する。

DSCN1374
眼下に明石大橋が見える。
昨日は雨、今日は良い天気になったが、気流はやや不安定。
雨の日の翌日フライトは良く揺れるような気がする。

DSCN1380
ANAウイングスのB737-500は、四国山地の端を横切る。
かなり高度が下がっているので、山がすぐ近くに見え、あたりそうで怖い。
山越えをしている時に、けっこうぐらっと揺れた。

DSCN1382
やや右旋回しながら、太平洋側に出る。

DSCN1384
着陸態勢に入り、高度がどんどん下がっていく。
もう、さきほどのようには揺れない。

DSCN1386
そしてランディング。
定刻より50分遅れの到着となった。
だいぶ遅れたが、それであせっているような乗客はいなかった。

|

« 伊丹空港展望デッキにて(3) B777-200 | トップページ | 高知市上空を通過するフライト »

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊丹空港展望デッキにて(3) B777-200 | トップページ | 高知市上空を通過するフライト »