« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の5件の投稿

2015.08.30

香港旅行記(16)香港トラムに乗り、北角の露店市場へ(2015/06/28)

Img_7579

 ウェルカムスーパーで買い物を済ませ、ビールを飲みながらくつろいだ後は、トラム乗り場へ向かいます。

Img_7582

 香港は3度目だが、いままでトラムに乗る機会はなかった。ここ百徳新街から2階建てトラムに乗ってみる。電停の向こうに見えるのは、サークル状になった陸橋ですが、その上にも、多くのフィリピン系?の人々がいるのがわかります。

Img_7583

 北角行きのトラムがやって来たので乗り込みます。なぜ、北角行きかというと、この電車は最後に市場の中を横切るのでおもしろいと知っていたから。

Img_7589

 電車に乗り込んだ当初、2階席がいっぱいで、1階席にすわっていた。せっかくの2階建てトラム、途中で2階から何人か降りてきて2階席があいたようなので2階へ移動。2階建てバスよりも乗車位置が高く見晴らしがいいですね。

Img_7585

 信号を見下ろすような位置になります。トラムにはクーラーは無いのですが、窓が全開となっており、走り始めれば心地よい風が吹いてきます。

Img_7591

 しばらく走って、やっと終点近く、市場の中に入ってきました。

Img_7592

 市場に入ったこのカーブのところが電停となっていて、ここでいったん停まります。

Img_7597

 ここからトラムは市場の真ん中を突っ切っていきます。道を歩いている人はトラムが来ることなど気にとめずに歩いているので、トラムは鐘を鳴らしながら超低速で進行していきます。おもしろいですね。

Img_7599

ここを右に曲がると、、、

Img_7600

 終点。ここでトラムを降りる。このあたりにも、フィリピン出稼ぎ女性達が多くたむろしている。

Img_7602

 こちら側では魚、肉など生鮮食品が売られている。反対側は、衣料品の店。買い物にはさほど興味はないので、通りを往復して店先をざっと見ていく。


North_point
百徳新街⇒ 北角

| | コメント (0)

2015.08.19

香港旅行記(15)銅鑼湾のWellcomeスーパー、支払いはセルフレジでオクトパスカード利用(2015/06/28)

 午後2時、レパレスベイのバス停、6番の中環行きのバスが来たので乗る。外は35℃を超えてかなり暑いが、バスの中はクーラーがこれでもかというほど効いていて涼しい。車内には、シュワシュワという、クーラーの音が大きく響いている。

 バスは、アバディーントンネルを抜けて、市街地へ。

Img_7568

 セントラルまでバスに乗っていくつもりだったが、金鐘(アドミラルティ)のバス停が見えたので、そこで降りる。金鐘は、香港島中心部の官庁街で、アドミラルティという名前は、この地にあったイギリス海軍の基地名に由来する。

 バス停すぐ近くの階段を降りて、MTR金鐘駅へ。

Drawan

レパレスベイ⇒ 金鐘⇒ 銅鑼湾

Img_7569

 香港の鉄道「MTR」に乗るのは初めて。MTRは、香港の都市高速鉄道・地下鉄で、路線数12、路線総延長は91km。

Img_7572_2

 MTRで向かったのは2駅先、銅鑼湾(どらわん)駅。目的地は、この近くにあるWellcomeというスーパーへ。銅鑼湾は、香港島の北岸にあって、たいへんに建物が集中して建っている場所。駅周辺は繁華街となっており、日曜日ということもあって、人出が多い。

Img_7573

 Wellcome スーパーの店内はなかなか広く、客も多い。後で気づいたが、Wellcomeの店はあちこちにあるようだ。

Img_7574

 出前一丁のいろいろなバリエーションなど、みやげものになりそうな商品をいくつかカゴに入れ、レジに向かうが、レジ前がものすごく混んでいて長い列ができている。どうしようかなと見ていると、奥にセルフレジがあるのに気づいた。近くにいた店員に、使い方を教えてもらいながら、オクトパスカードを使ってセルフレジで支払いを済ませる。セルフレジ、なかなか便利です。

Img_7575

 スーパーの2階へ上がる。2階はいくつか飲食店が入っている。

Img_7576

 飲食店には入らず、階段を上がったところにある踊り場の窓際で、さきほど買った黒ビールを飲む。

Img_7577

 ビールを飲みながら、下にあるタクシー乗り場に来る人たちの人間ウォッチング。タクシーの乗り方にもいろいろあり、おもしろい。ビールを飲みながら外の景色を眺めているだけだが、海外にいると、こんなシンプルな事がとても印象に残る。

Wellcome

| | コメント (0)

2015.08.12

香港旅行記(14)レパレスベイのベンチでくつろぐ(2015/06/28)

 暑さに耐えかねて、赤柱(スタンレー)のバスターミナルに戻る。ここから、またバスに乗って、レパレスベイへ行く。

Dscn1996

 赤柱から出るバスは、ほとんどがレパレスベイを通る。やってきたセントラル方面行き73番のバスに乗る。

Repulsebay

スタンレー(赤柱)からレパレスベイ(浅水湾)へ

Dscn2009

 レパレスベイ付近には、いくつかバス停がある。私はレパレスベイ海水浴場でバスを降りる。バス停からは、海岸方向へ降りる階段がつながっている。強い日射しの中、階段を降りていく。

Dscn2003

 18年ぶりのレパレスベイだが、とにかく外は暑すぎ。「慕情」の舞台のような雰囲気は全然感じられない。この時期、ここは海水浴に来るところだ。

Dscn2007

 それでも、海に向かって左側に進むと、ちょうどいい具合に木陰になっているベンチを見つけた。そのベンチにすわると、海風が涼しく感じられて、なかなか心地よい。ここで、しばらく休憩することにしよう。

Dscn2014_3

 ベンチにすわって、本を読んでいると、海岸の向こうから、スタイルの良い女性が歩いてきた。その後ろに、ぞろぞろ人がついてくる。そのうち、私がいるベンチの前で、撮影が始まった。モデルさんだったんですね。

Dscn2022

 海の向こうには、浮島のような場所が何カ所があり、海水浴客が沖合で休めるようになっている。泳いでいるのは、ほとんどが白人。この近くの高級ホテルに滞在しているのだろう。

Img_7546

 気温は35℃表示。しかし、体感気温としてはもっとちょっと高い感じ。

Img_7555

 レパレスベイ、波音の響く木陰で、本を読む。ちょっと暑いが、風は心地よい。水着モデルさんの撮影は、場所を変えて、まだまだつづいている。モデルも重労働です。

 このベンチで1時間ぐらい過ごした。あちこち移動するよりも、気に入った場所を見つけたら、しばらくその場所でのんびり過ごすのが、最近の旅のスタイルになっている。

Img_7557

 そろそろ移動を始める。レパレスベイ海岸の横には、天后廟が見える。派手さは、昔と変わりない。ここを素通りして、ショップが多く入っているビルを通り抜けて、バス停へ戻る。

Img_7560

 バス停がある通りは、海岸からはだいぶ高い位置にあるので、ここまで戻ってくるだけでかなり汗が出る。ここからバスに乗って、中環方面で戻ります。

Img_7563

 バス停から見える、この大きなビルは、高層マンション「ザ・レパレスベイ」。風水の関係で、建物の右側中央に大きな空洞がある。

| | コメント (0)

2015.08.11

香港旅行記(13)セントラル[中環]から260番のバスでスタンレー[赤柱]へ(2015/06/28)

 ホテルを出てまず向かったのがMTR中環駅。ホテルからは近く、下り坂ということもあって、歩いて5分くらいで着く。香港MTRは、地下鉄と郊外電車を兼ねたような鉄道システム、全部で7路線ある。

Img_7524

 MTRの駅にやってきたのは、電車に乗るためではなく、オクトパスカードにチャージするため。まずは、この機械で残高を確認する。残高は、32.5香港ドルになっている。

Img_7525

 次に、隣にあるチャージ機(増値機)にカードを読み込ませ、現金100香港ドルを投入。これでチャージが完了、簡単です。

Img_7523

 念のため、もう一度となりの機械で残高を確認すると、100香港ドルが加算され、合計132.5香港ドルになっているのが確認できる。

Img_7526

 MTRの中環駅から地上に上がり、中環バスターミナルへ向かう。MTR中環駅付近には、フィリピン人らしき人々が多く集合している。出稼ぎの人々が日曜日には香港島に集まってきて、仲間同士で日がな一日、おしゃべりして過ごすらしい。

Img_7528

 バスターミナルへ行く途中で、ひろびろとしたスペースに出てきた。ここは、空港行きの高速鉄道AEL(エアポートエクスプレス)の駅。AELは香港駅と空港をわずか24分で結んでいて、主要な航空会社であれば、この駅でチェックインおよび手荷物の預け入れ(インタウンチェックイン)ができる。

Img_7530

 やっとバスターミナルに到着。当初、レパレスベイまで行くつもりだったが、赤柱(スタンレー)行きのバス(260番)が停まっていたので、それに飛び乗る。

Stanley

中環から赤柱への経路

Img_7535

 260番のバスはまず、香港仔隧道(アバディーントンネル Aberdeen Tunnel)を通って、香港島の南側抜ける。その後バスは、山道を走って行く。狭い道を通ると、道脇の木が、二階の窓ガラスにバラバラと当たって、迫力がある。

Img_7537

 赤柱のバスターミナルに到着。ここには、バスが何台も駐車できるようなスペースがある。

Img_7539

 この路線図を見ても分かるように、赤柱は香港島南側のバス拠点になっているようだ。レパレスベイが目的地だったが、乗ったバスが赤柱行きだったので、レパレスベイでは降りずに終点までやってきた。

Dscn1989

 赤柱は、香港島最南端に位置する小さな半島。向こうに見えるのがスタンレーマーケット。赤柱は、美しい海や自然に囲まれ、オシャレなレストランやパブが軒を連ねている。

 18年ぶりのスタンレーマーケットを、ざっと見て廻る。市場の中は涼しいが、外はかなり暑い。赤柱はなぜか日本人比率が相当高いようだ。団体旅行のコースに組み込まれているのだろう。市場の中は、各店のクーラーで涼しいが外はかなり暑く、特に買いたいものもないので、早々に退散。

| | コメント (0)

2015.08.03

香港旅行記(12)朝食は中環のマックへ(2015/06/28)

Img_7506

 ホテルの白い部屋で目覚める。そこそこ、ぐっすり眠れたようだ。冷房がかなり良く効いているので、風邪をひかないように温度設定は25℃まで上げていた。布団をしっかりかぶって寝ていたので、風邪はひいてないし、疲れもあまり残っていない。

Img_7507

 ベッドの横に「空調を切らないように」という注意書きを置いてある。空調を切ると、湿度が上がりすぎるらしい。シャワールームの床は、濡れたままになっている。これだけ空調をしていても、湿度が高いのだろう。

Img_7508

 朝食のため、外に出る。このホテルは宿泊設備だけで、レストランなどは無い。近くに、ちょっとかわったレトロなスターバックスがあるというので、行ってみる。そのスターバックスは、ホテル前の道を少し下った先の階段の横にある。

Img_7509

 ダデル・ストリート(都爹利街 Duddell Street)と呼ばれる通りで、ここに立派な階段がある。100年以上の昔からある階段らしい。そして、階段の左側に、レトロスタバ(星巴克冰室)がある。

Img_7512

 階段の左右には、ガス灯風な照明が設置されている。ホテルから1分くらいの場所なので、昨晩来れば良かった。いい雰囲気の夜景が見られたことだろう。惜しい。

 残念ながら、この時間(AM08:30頃)には、まだレトロスタバの営業は始まっていなかった。仕方ないので、もう少し先に行ってみる。

Img_7513

 ダデル・ストリートを歩いて行くと、すぐに大きなこの通りに突き当たる。日曜日の朝ということで、交通量は少ないが、歩いている人はそこそこいる。

Img_7514

 この通りを左(西方向)に歩いて行くと、マクドナルドの看板が見えた。他に適当な店もなさそうだったので、ここに入ることにする。地下にある店で、階段を降りていく。

Img_7515

 中はけっこう客が多い。注文は無難に、フィレオフィッシュと飲み物をセットを頼む。ホット・コーヒーが飲みたかったのだが、うまく通じない。めんどうなので、アイスミルクティーに変更。アイスはちょっと高かった。

Img_7518

 入ったマクドナルドが地下で、電波を拾えず、ゆっくり朝食をとるような状況でなかったので、早々にホテルに戻る。ちょうど、ホテルの前では、従業員が窓掃除をしていた。グッドモーニングと挨拶。

Img_7520

 出発のため、荷物をまとめる。まとめると言っても、そもそもバックパック1つなので、簡単。すぐに出発準備が整う。

Img_7521

 エレベーターホールに続く廊下には、絵画が写真が多く飾られている。本来、狭く無機質なビルを、すこしでも心地よい空間に変えようとする工夫のひとつだろう。今日も香港は晴れ、また暑くなりそうだ。

Mac

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »