« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月の18件の投稿

2015.09.30

釜山旅行から1年、次はソウル

 昨年の今頃、ちょうど韓国 釜山に行った。日本から一番近い外国である韓国に、この年になるまで行った事が無く、初めての韓国訪問だった。そして、到着早々に財布の小銭をジャラジャ ラ落としてしまうというハプニングがあり、この先どうなる事かと思ったが、そのあとは無難に進み、無事帰ってきた。

 1年前の釜山旅行で一番印象に残っているのは、広安里海岸で過ごした事だろうか。やや陽射しはきつかったが、海岸沿いに設置された傘の下に入ると、海風がとても心地良かった。

Cqd9uituwaad8ofjpg_large

 次回、韓国に行くなら、やはりソウルへ行きたい。ソウルなら、マイルを使った特典航空券も入手しやすそう。買い物には特に興味ないので、主に食事と観光が目的となる。有名そうな観光地をざっと回って、今のソウルがどんな街なのかを感じとりたい。

| | コメント (0)

2015.09.29

また台湾へ出かけようと思っている。

Img_6645  来年初めに、また台湾へ出かけようと思っている。きっかけは、ピーチ便の関空〜桃園、片道3,870円のチケット。諸費用を入れてこの値段。

 ピーチ1周年 の時入手した片道1,000円(諸費用別)以来の低額航空券となる。帰り便は、いろいろ調べた上、エクスペディアでジェットスター便を取った。

 往路は安く取れたものの、帰り便は、なかなか安いチケットが無く、しばらく放置していたが、エクスペディアから予約すると、ジェットスター本家から買うよ りだいぶ安くなる事に気づいた。

 桃園〜関空で13,530円(諸費用込み)。特別安くもないが、まあまあ無難な金額におさまった。

 4度目の台湾となるので、今度こそ、高雄まで足を伸ばしてみたい。高雄は、昔、西脇俊三の台湾鉄路千公里を読んで以来ずっと行きたいと思っていた場所。

 短い滞在で高雄へ行くには、桃園空港に到着したその日に高雄まで移動する方が良さそう。桃園空港からすぐ高鐵桃園駅に移動し、台湾新幹線で移動すれば、なんとかその日のうちに高雄へ行けるのではないだろうか。

 また、高雄のホテルは、台北よりも安そうなので、気がラク。3ヶ月以上先の話なので、ぼつぼつ計画を練っていくつもり。

| | コメント (0)

2015.09.27

iPhone 5S から、iPhone 6Sへ機種変更

Cp1aav9u8aat1scjpg_large

 9月25日お昼過ぎ、予定通りにiPhone 6Sが届いた。ヤマト運輸で配送されるかと思っていたら、佐川急便だった。夜、自宅に帰ってから、設定を始めた。ただ、いつもの事だが、データの移行は簡 単ではない。なぜかいろいろとつまずいてしまう。まだまだ時間がかかりそうだ。

続きを読む "iPhone 5S から、iPhone 6Sへ機種変更"

| | コメント (0)

2015.09.26

台北旅行記2015(15)NH5812 全日空(エバー航空コードシェア便) で帰国

2015/05/06 
08:30 TPE 台湾桃園国際空港  NH5812 全日空(エバー航空コードシェア便)
12:10 KIX 関西国際空港

Cplz_lbuaaebqyjpg_large

 出発ゲートにやって来た。帰りはエバー航空の関空行き、ANAのコードシェア便。機材はB777-200。通常はA330-200での運行だが、連休ということで機材変更になっているのだろう。関空行きはキティジェットじゃないのが、残念。

Cplbgthuwaa3ga3jpg_large

 搭乗。エバー航空の利用は初めて。エコノミー席は3-3-3の配列。最近、LCCばかり乗っているので、こんなエコノミー席でも広く感じる。パーソナルモニターが付いているのもうれしい。

Cplbqorueaec9qjpg_large

 機内で今朝の新聞を読む。軍艦島が世界遺産に登録されるというニュースがトップに来ている。昨年、軍艦島に行っておいて良かった。

Cplchdeukaanunojpg_large

 エバー航空B777-200はそろそろ桃園空港を出発する。空は相変わらず、どんよりとした曇り空。4連休利用した台北旅行だったが、行き帰りで1日ずつ使っているので、あっという間に、帰りの時刻となった。

Cpldeuiu8aek5yrjpg_large

 離陸後、飛行が安定するとすぐ食事となる。まだ午前9時過ぎなので、これは朝食としたもんだろうか。

Cpl9z5eveaqv5n0jpg_large

 関空に到着。海外から日本への修学旅行生が多くいて到着ゲート付近のトイレがとても混み合っていて閉口する。往路は成田からだったが、帰りは関空。関空の方が気分的にはずっとラクに感じる。

Cpl_g8aucaarsd7jpg_large

 帰国後、まずはレンタルWiFiルーターを返却。次にリムジンバスの窓口へ行き、伊丹空港行きの切符を受け取る。海外から関空に到着し、伊丹乗り換えとなる場合、両方のフライトチケットを見せると、バスの切符は無料となる。これは嬉しいサービス。

Cpq8kcvusamgtlj

 関西空港発、伊丹空港行きのバスが出発。最終日は、ひたすら帰るだけの旅になる。仕方がない事だが、だるい。道は混んでおらず、定刻で伊丹に着きそう。

Cpq9dmruyaa0ldv

 伊丹空港に到着。高知行きのフライトまで、まだ、だいぶ時間がある。

Cpq916cukaazj0rjpg_large

 フードコートという名前の昔ながらのレストランで飛行機を見ながら昼食。食後は、特に行くところもないので、しばらくゲート前で待つ。そして高知行きB737-500に搭乗。高知までのフライトは特に大きく揺れる事もなく快適。3回目の台北旅行も無事終わる。

| | コメント (0)

2015.09.25

2015 香港旅行記 まとめ

 安い航空券が入手できたので、ひさしぶりに香港へ行く。往路はピーチ便、帰りはジェットスター便を利用した。実質、一泊二日の短期旅行だが、それなりに満足できた。

香港旅行記(1)返還後初めての香港
香港旅行記(2)ピーチMM63便で香港国際空港へ オクトパスカード[八達通]を購入(2015/06/27)
香港旅行記(3)香港国際空港からA21リムジンバスで市内中心部へ(2015/06/27)
香港旅行記(4)アベニュー・オブ・スターズ、私の過ごし方(2015/06/27)
香港旅行記(5)スターフェリーに乗って香港島へ(2015/06/27)

香港旅行記(6)AppleStoreでちょっと休憩(2015/06/27)
香港旅行記(7)ミッドレベルエスカレーター経由でミニホテルセントラルへ(2015/06/27)
香港旅行記(8)ミニホテルセントラル[Mini Hotel Central ](2015/06/27)
香港旅行記(9)Tsim Chai Kee Noodle[沾仔記威靈頓街店](2015/06/27)
香港旅行記(10)15番のバスでビクトリアピークへ(2015/06/27)

香港旅行記(11)スターフェリーから夜景を観賞 中環->尖沙咀->中環(2015/06/27)
香港旅行記(12)朝食は中環のマックへ(2015/06/28)
香港旅行記(13)セントラル[中環]から260番のバスでスタンレー[赤柱]へ
香港旅行記(14)レパレスベイのベンチでくつろぐ(2015/06/28)
香港旅行記(15)銅鑼湾のWellcomeスーパー、支払いはセルフレジでオクトパスカード利用(2015/06/28)

香港旅行記(16)香港トラムに乗り、北角の露店市場へ(2015/06/28)
香港旅行記(17)Oliver's Super Sandwichsで食事をしたあと、MTR東涌線で空港へ(2015/06/28)
香港旅行記(18)MTR 東涌駅から 香港国際空港行き S1バスへ(2015/06/28)
香港旅行記(19)香港国際空港 第2ターミナルで、ジェットスター GK64便 のチェックイン(2015/06/28)
香港旅行記(20)香港国際空港 シャトルを2本乗り継いで、搭乗ゲートへ(2015/06/28)

香港旅行記(21)ジェットスター GK64便は、47番ゲートから出発(2015/06/28)
香港旅行記(22)関空で朝まで過ごす(2015/06/29)
香港旅行記(23)関空発松山行き ピーチ MM301便 で帰る(2015/06/29)

| | コメント (0)

2015.09.24

川島なお美さんが亡くなった

 川島なお美さんが亡くなったという。先日の激やせ写真を見て、これは!とは思っていたが、あっという間の悲報。30数年前の学園祭、コンサートの幕間のゲストで、明大記念講堂のステージに登場した彼女の姿を想い出す。冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

旅の経路を考える

Sagradafamilia  旅の経路を考えるのは楽しい。いろいろ試行錯誤してもお金はかからない。今度またヨーロッパへ行くとしたら、こんな経路はどうだろう。ヨーロッパへの入り口は、バルセロナにする。そして出口はプラハの恋人じゃなくて、プラハ。

 この経路を高知出発で検索すると、やはりフィンエアー利用が便利。ヘルシンキからバルセロナは、やや遠く、到着が遅めの時間になるが、逆ルートだと日程が組みにくいので、やはりバルセロナを入り口にするのが良さそう。

 バルセロナでは2泊して、ガウディ建築を堪能。3日目には、バルセロナから空路、ウイーンに移動する。ブエリング航空利用なら、1万円もかからないはず。ウィーンに1泊、最後は、プラハかその周辺に2泊。ちょっとあわただしい感じもするが、短期旅行なら仕方ないところ。

 もし来年スペインへ行けば、34年ぶりのスペイン訪問となる。もっとも昔訪れたのは、マドリッドとその周辺だけなので、バルセロナは初めて。サグラダファミリア、ぜひ完成前に行っておきたい。

 しかし、バルセロナまで行くなら、もう一つ見ておきたい場所がある。それはイビサ島。バレンシアの東80㎞にある地中海の島でクラブミュージックの楽園とも言われる。バルセロナから空路50分なので行けないこともないだろう。

| | コメント (0)

2015.09.23

香港旅行記(23)関空発松山行き ピーチ MM301便 で帰る(2015/06/29)

Img_7663

 エアロプラザの左手にある第二ターミナル行きバスに乗る。一昨日は、香港へ行くために乗ったバス。今日は松山へ行くために乗る。朝日がビルに反射してまぶしい。今日も、いい天気だ。

Img_7664_3

 MM301便 松山行きのチェックインを済ませる。第二ターミナルは、今まで見たことがないくらい多くの人がいて混み合っている。さっそくセキュリティチェックの列に並ぶ。通過するのに30分は、かかりそう。

Img_7665

 列の途中に計りが置かれていて、キャリーケースなど、大きな荷物の人は重さをチェックされていた。以前は、計りは置いてあっても、実際に重さを測ったりはしてなかったのだが、だんだん厳しくなってきている。

Img_7667

 やっとセキュリティチェックを抜けて、待合室に入る。外の混雑が嘘のように、中はガラガラ。皆さん、時間ギリギリで、すぐ飛行機に移動してしまうので、ここはすいているらしい。

Img_7668

 松山行きのピーチ便、そろそろ搭乗となる。松山へ飛ぶのは2月以来だったか。あの時は、成田からのジェットスター便だった。今回は関空からなので、あっという間に着くだろう。

Dscn2043

 ピーチ松山行き、機体番号JA809PのA320-200への搭乗が始まった。天気が良く気持ちの良い青空だが、ほぼ寝てないので、空が眩しくて仕方ない。

Img_7669

 予定通りに松山空港に到着。そのまま空港を出て松山駅行きのバスに乗り込む。運転席、すぐ後ろの席が空いていたのでそこに座る。松山空港は市内中心部に近く便利。

Img_7670

 バスから外を見上げると、こんな空模様。空気が澄んでいて、空が高い。

Img_7671

 JR松山駅の待合室で、高知行き高速バスを待つ。バスの切符は関空にいる時にiPhoneから予約購入してある。便利な時代になった。

Img_7672

 高知行き高速バスに乗り込む。正味2日足らずの香港旅が終わる。3度目の香港は駆け足旅で、香港島をちょこっと見て回ったくらいだったが、また機会があれば、ぜひマカオまで脚をのばそう。やはり2泊はしたいと強く感じた今回の旅だった。

| | コメント (0)

2015.09.22

2015 北海道旅行記 まとめ

 5月末に、関空発 札幌行きジェットスター便が安くとれたので、これを使ってずいぶん久しぶりに北海道の地を踏んだ。

北海道旅行記(1)北海道が私を呼んでいる!
北海道旅行記(2)関空へ行く途中、寄り道(JR和泉府中駅)
北海道旅行記(3)関空へ行く途中、寄り道(不二家ロードサイドレストラン和泉小田店跡地)
北海道旅行記(4)関空旅博で遅い昼食、そしてKALラウンジへ
北海道旅行記(5)関空からJetstar GK159便で札幌へ
北海道旅行記(6)千歳空港から苫小牧へ移動 ホテルウィングインターナショナル苫小牧 泊

北海道旅行記(7)JR北海道の車両
北海道旅行記(8)新千歳空港でレンタカー(HONDA N-WGN)を借りる
北海道旅行記(9)カンパーナ六花亭
北海道旅行記(10)美瑛町 ケンとメリーの木など見てまわる
北海道旅行記(11)新千歳空港 フードコート前の展望スペースで過ごす
北海道旅行記(12)関西空港のベンチで過ごす夜

| | コメント (0)

2015.09.21

ソフトバンク iPhone 6S シルバー 本申し込み完了

Iphone6s  iPhone 6Sの本申し込み(機種変更)を済ませた。予定通りだと、25日に入手できる。iPhone 5Sの時は、ゴールドを選択したが、今回はシルバーにした。カバーをするとほぼ見えないので、スペースグレー以外なら、色は何でも大差ない。

 AppleでSIMフリー端末を入手することも考えたが、やはり10万円ほどの金額をポンと出すほどの価値は感じない。180日経過すれば、SIMロック解除できることになっているので、当面はいままでどおりの制限があっても仕方ないだろう。

| | コメント (0)

2015.09.20

香港旅行記(22)関空で朝まで過ごす(2015/06/29)

Img_7658

 深夜2時過ぎ、関空に到着。入国審査や税関はすんなり通過し、到着ロビーに出てくる。ピーチと違って、ジェットスターは第1ターミナルに直接到着するところが便利。朝まで、ここで時間をつぶすしかない。

Img_7659

 借りていたグローバルWi-Fiの海外無線LANルーターを返す必要がある。返却前に、中身をチェックする。中身は、ルーター本体と充電器とUSBケーブルと変換プラグの4点。特に忘れ物は無さそう。

Img_7660

 返却と言っても、この深夜の時間帯だと、窓口にある返却BOXへWi-Fiルーターを放り込むだけ。最近だと、海外でSIMを購入するという方法も一般的になってきたが、短期旅行だとやはりルーターを借りる方が確実で安心感もある

Img_7661

 Wi-Fiルーターを返却し、ローソンで買い物しているうちに、仮眠できそうな椅子はすべて取られてしまい、仕方なく、こんなテーブルで朝まで過ごす羽目に。

Img_7662

 関空で一夜を過ごすのは、5月の札幌行きに続き2度目。前回は、長いすがかなり空いている時間帯の到着だったので、横になって休めたが、今回は、ほぼ眠ることができないまま朝となった。やはり、深夜便での到着はきつい。

 午前5時半、そろそろ活動を再開。関西空港・第1ターミナルから第2ターミナルへ移動する。

| | コメント (0)

2015.09.18

香港旅行記(21)ジェットスター GK64便は、47番ゲートから出発(2015/06/28)

Img_7650

 プライオリティーパスを使って、Plaza Premium Lounge に入る。香港国際空港にはpriority passで入れるラウンジ3カ所あるがその1つに入った。中は奥行きがあってかなり広い。

Img_7649

 このラウンジは奥の方に食事のスペースがある。大したものはないが、とりあえず黒ビールとサンドイッチなど をいただく。ヌードル類をオーダーするコーナーもあったが、それは利用しなかった。そのあと席を移動し、コーヒーをいただく。

Img_7651

 ラウンジを後にし、47番の搭乗ゲートにやってきた。搭乗ゲートはかなり奥の方で遠かった。搭乗ゲート付近は天井が高く広々とした居心地が良さそうな空間。

Img_7654

 搭乗ゲートには所々にこのような設備がある。空調の送風口と充電ステーションを兼ねている。電源コンセントに加え、USBジャックもあり、使いやすそう。ちょっとしたことだが、旅人にとっては嬉しい環境。

Img_7655

 午後9時頃、ジェットスターGK064便(A320-200)への搭乗が始まった。トイレにもう一度入ってから、列の後ろに並ぶ。

Img_7656

 席は「7D」、つまり7列目の通路沿い右側。夜行便ということで、乗った瞬間から、けだるい空気が漂っている。この便、チーフパーサーは男性だった。

 GK064便は、ほぼ満席の乗客をのせて、定刻に出発。大して揺れることも無く、順調に飛行を続けた。

 1泊2日の超短期旅行なので、18年ぶりに訪れた香港を満喫するというわけにはいかなかったが、旅費も安くおさまり、今の香港を実感できる、いい旅だった。

Photo_3

香港国際空港(HKG) 21:25発 ⇒ 02:05着 関西国際空港(KIX)

| | コメント (0)

2015.09.16

ドレスデン 聖母教会 (ドイツ)

Photo_2   来年は、ぜひ、またヨーロッパに足を延ばそうと考えている。目的地をプラハとすると、周辺の地域で気になる街のひとつが、ドレスデン。

 ドレスデン(Dresden)は、ドイツ東の端、チェコとの国境から30kmぐらいに位置する。ザクセン州の州都であり、エルベ川の谷間にある都市。陶磁器の町、マイセンまでは約25kmと近く、エルベ川を通じて交流があった。

 ドレスデンに興味をもったのは、聖母教会の再建について知ってから。この教会は、第二次世界大戦・ドレスデン爆撃の翌日崩壊し、そのまま放置されていたが、2005年に再建された。

Photo

 プラハからドレスデンへは、EC(ユーロシティ)で 2時間15分ほどかかる。この間の景色はなかなか良いらしい。また、国境超えで、雰囲気ががらっと変わるというところも、おもしろそう。

Photo_2
プラハからドレスデン

| | コメント (0)

2015.09.12

香港旅行記(20)香港国際空港 シャトルを2本乗り継いで、搭乗ゲートへ(2015/06/28)

Img_7637

 長いエスカレーターで、香港国際空港 第2ターミナルの出国ゲートへ降りていく。第2ターミナル、広々としているわりには、人が少ない。

Img_7640

 手荷物検査と出国を済ませる。その先、すべてのゲート行きシャトルに乗って移動する。初めての香港空港シャトル乗車だが、帰りということで、ワクワク感はまったくない。

Img_7642

 シャトルに乗り込む。見た目は、関空や台北にあるのと同じようなシャトル。

Img_7643

 到着し、シャトルを降りたが、まだ先があるようで、シャトルを乗り換えて、さらに移動する必要がある。

 出発フライト表示を見ると、これから乗る予定のジェットスターGK064便の搭乗ゲートは変更され 47番 になっている。

Img_7645

 ゲート40~80番行きの2本目のシャトル乗り場で、車両の到着を待つ。密閉された空間、今どこにいるのか、さっぱり分からない。表示に従って、移動するだけ。

Img_7646

 2本目のシャトルを降りて、エスカレーターで上へ。この先には、人が多くいそう。出国手続きから、途中2本のシャトルの間は、人が少ない閉鎖された場所で、重苦しい雰囲気だった。やっと解放された感じ。

Img_7647

 空港内の新交通システム(シャトル)を2本乗り継いで、やっと免税店などがある出発スペースに到着した。第2ターミナルからは、けっこう遠く感じた。

 このシャトルの車体は、三菱重工製らしい。ゴムタイヤ駆動の車両となっている。ジェットスター便は47番ゲートからの出発。時間もあまりないので、そのまま、ラウンジへ直行する。

Map

| | コメント (0)

2015.09.10

クトナー・ホラ(チェコ)

Photo  今まで行ったことのない国の中で、気になっているのがチェコ・オーストリア・ハンガリーあたり。チェコの首都プラハ近郊の街で、ぜひ訪れてみたいのがクトナー・ホラ。

 クトナー・ホラは、プラハの東に位置する山あいの小都市。ここには、「聖バルバラ教会とセドレツの聖母マリア大聖堂のある歴史都市」として、1995年に世界遺産に認定されている。

 聖バルバラ教会は、1388年に建設が開始され、1558年に一応完成。その後も、改修が続けられ、今の姿になっている。後期ゴシックを代表する建築で、建築資金のほとんどが、市民によってまかなわれた。

 側面にある尖塔から、アーチ状の支柱が伸び、教会の身廊部を支えているような独特の構造が目を引く。

 世界遺産を構成するもうひとつの柱となっている聖母マリア聖堂は、1300年前後に建てられ、その後1700年にバロック・ゴシック様式で増築されている。当時のものとしては、チェコで最大のゴシック様式の聖堂。チェコが社会主義の時代には、タバコ工場となり、荒れ果ててしまったため、大規模な修復工事が行われた。

 聖母マリア聖堂の近くに、墓地教会(納骨礼拝堂)がある。教会内部のシャンデリアや十字架、紋章などが、すべて人骨で作られている。見たいような、見たくないような、そんな教会。

Praha_2

 Prahaから、Kutna Horaまでの経路を、いつものようにDB BAHNで調べてみると、列車にもよるが、Kolin経由の場合、およそ1時間で行けることがわかる。Praha hl.n.(プラハ本駅)から、Praha-Liben(プラハリベニ駅)までが7分。Praha-Liben駅から、Kutna Hora hl.n.(クトナホラ本駅)までが50分。

Praha

Prahaから、Kutna Hora

| | コメント (0)

2015.09.07

香港旅行記(19)香港国際空港 第2ターミナルで、ジェットスター GK64便 のチェックイン(2015/06/28)

Img_7622

 東涌(トンチョン)駅のバスターミナルから、香港空港行きS1バスに乗る。バスの車窓から、ロープウェイが見えてきた。

 これは、コンビン360(昂坪360)という名前の乗り物で、MTR東涌駅の近くから出発し、世界最大の屋外大仏のある昂坪に達する。全長は5.7kmと、かなり長い。

Img_7626

 S1バスは、香港国際空港のバスターミナルに到着。ここを出発したのは、昨日の午後だったが、ずいぶん久しぶりに帰ってきたような感じがする。

Img_7627

 バスターミナルから、空港入口へ歩いて行く。このあたりは空調が無いので暑い。

Img_7628

 香港国際空港、バスターミナル側の入口に到着。ここからは、「T2」の標識に従って、第2ターミナルへ向かう。到着機は、すべて第1ターミナルだが、LCCなどの出発は第2ターミナルからになっている。

Img_7629

 香港国際空港第2ターミナルに到着。第2ターミナルは2007年2月に開業、新しいだけあって、広々としていて、なかなかきれい。現在のところ、第2ターミナルは出発専用となっている。

Img_7632

 出発フライトの掲示板を見る。ターミナル1と比較すると、ターミナル2でのチェックインフライトは、かなり少なめ。第2ターミナルからの日本行きとして、ジェットスターGK64便の後には、0:35発のピーチMM068便がある。さらに、その後には、1:45発バニラエアーJW300便、成田行き。

Img_7633

 第2ターミナル、チェックイン窓口でチェックインを行う。チェックイン窓口は、隅の方にぽつんとあった。

Img_7634

 ジェットスターGK64便のチェックイン手続きが完了。シートは7D、出発ゲートは20番。往路のピーチ便と同様に、帰りも前方の席を指定してある。

 香港国際空港(HKG)ターミナル2  21:25発
 ジェットスター GK54(Airbus A320-200)

 関西国際空港(KIX)ターミナル1  02:05着
 (運賃:$552.00 HKD[7,760円])

 この便の到着は深夜になり、かなり中途半端。ピーチ便なら、もう少し遅く出発し、早朝到着なので、このジェットスター便より良さそう。でも、片道 7760円なら文句は言えない。

Img_7636

 出発(離港)のため、このエスカレーターを降りる。

Photo_4

| | コメント (0)

2015.09.06

香港旅行記(18)MTR 東涌駅から 香港国際空港行き S1バスへ(2015/06/28)

Img_7614

 MTR東涌駅に到着、電車を降りる。ここでバスに乗り換え、空港へ向かう。

Img_7618

 到着した東涌駅を振り返って見た。ガラス張りのきれいな駅。時間があれば、ゆっくり回りを見てみたかったが、それほど時間も無いので、バスターミナルへ急ぐ。

Img_7616

 MRT東涌駅前の広場には、噴水があり、子どもたちが水に濡れながらはしゃぎまわっている。

Img_7619

 MTR東涌駅、正面の建物。この奥に、香港国際空港行きのバスが出るターミナルがあるはず。この建物上には、広いレストランがあるようだ。

Img_7621

 東涌駅のバスターミナル、長い列の後ろに並ぶ。S1は、東涌駅と香港国際空港を結ぶバス。香港エアポートエクスプレスに乗れば、空港まで直行できるのだが、MTR利用だと、この駅でバスに乗り換える必要がある。一方、料金は安い。

 かなり長い列が出来ていたので、座れないかと思っていたが、大丈夫だった。さすが2階建てバス、収容人数が多い。

Photo_2

| | コメント (0)

2015.09.04

香港旅行記(17)Oliver's Super Sandwichsで食事をしたあと、MTR東涌線で空港へ(2015/06/28)

 北角(ノースポイント)からは、また香港トラムに乗って、中環(セントラル)へ戻ります。帰りも、2階席に座る。

Img_7604

 途中で、このようなサークル状の線路を見つけた。香港トラムは、運転席は前方にしか無いので、方向を変える場合は、このような円形線路を通って方向変換する。

Img_7606

 セントラル(中環)に帰ってきた。そろそろ空港へ行く時間だが、その前に食事に行くことにする。時間もあまりないし、ひとりで本格的なレストランへ入るのも気が引けるので、地元のファミリーレストランへ入ります。

Img_7608

 向かったのはセントラル駅に近いビルにあるファーストフード店。壁に書いてあるメニューから、スパゲティとドリンクのセットを指さしで頼む。本当は、コーヒーを頼んだのだが、コーラに化けた。

Img_7607

 店名は、Oliver's Super Sandwichs。料金は、60香港ドル。

Img_7610

 食事を済ませると、そろそろ出発までの時間に余裕が無くなってきた。すぐに、MTRセントラル駅へ向かい、空港近くの東涌駅行き電車に乗る。

Img_7612

 電車は、途中、欣澳駅(Sunny Bay Station)に停車。この駅からは別に支線が出ており、香港ディズニーランドへ行ける。向こう側に停まっている、ミッキー窓の電車がそれ。

Img_7613

 車窓に海が見えてきた。そろそろ終点・東涌駅。

Photo_3

| | コメント (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »