« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の12件の投稿

2015.10.31

高知市役所 本庁舎 解体取り壊し

Img_8321

 今朝の高知市役所の本庁舎。平成27年10月から本庁舎の解体工事が始まり、本庁舎で行っていたすべての業務が仮庁舎へ移転した。 もぬけの殻となった本庁舎は、解体・取り壊しを待つばかり。慣れ親しんだこの景色も、もうすぐ見られなくなる。

 

Photo

 高知市役所新庁舎のイメージ図や完成イメージ動画を見る限りでは、旧庁舎のイメージをこわさないような、あまり圧迫感の無い設計になっているようだ。

 内部は、入口の先が吹き抜けとなり、上下階で一体感の感じられるような窓口になる。また、庁舎から直接、電車通りへ抜けられるような遊歩道が整備される。

| | コメント (0)

2015.10.29

タラゴナ(Tarragona)

Tarragona_kathedrale

 タラゴナ(Tarragona)は、スペイン・バルセロナから80km西に位置する都市。人口34万人というから、地方都市といっていいだろう。ここに行ってみたい。

 タラゴナに行くには、バルセロナからだと、近郊列車を使い1時間ほどかかる。バルセロナ・タラゴナ間は、スペインでも屈指の絶景ルートらしい。

 進行方向左側に座れば、海側の車窓から、コスタ・ドラダ(黄金海岸)と呼ばれる美しい海岸線がぎりぎりまで迫る。

 タラゴナには、ローマ時代の遺跡があちこちに残る。タラゴナの駅から、町の中心部までは「地中海のバルコニー」(海を見下ろす遊歩道)を経由して10分以内、と近い。

 ローマの遺跡群としては、円形劇場、ラス・ファレーラス水道橋、サント・アントーニの門、バラーの凱旋門などがある。水道橋、円形劇場などローマ時代の遺跡は、2000年にタラゴナの考古遺跡群としてユネスコの世界遺産に登録されている。

 この他、タラゴナには歴史的な車両を集めた「カタルーニャ鉄道博物館」がある。14時半閉館なので、なかなか行きにくい場所だが、おもしろそう。

※左上の写真は、タラゴナ中心部にそびえるタラゴナ大聖堂(Catedral de Tarragona)

| | コメント (0)

2015.10.26

(2)大阪スカイビスタ2階建てバス 大阪・伊勢 旅行記(2015/8/14)

Img_78421

 近鉄上本町駅に到着した。やって来たのは、駅二階にある近鉄高速バスセンター。ここから、2階建てのバス(OSAKA SKY VISTA)に乗り、大阪市内中心部をバスの車内から見てまわる。

 だだし、問題は気温。今のところ、ちょうど曇り空でいい感じだが、日が射すと、とても耐えられないくらい暑くなる。曇り空のままが続くことを祈りながら、バスの発車を待つ。

 いちおう待合室はあるのだが、小さい。自動販売機で飲み物を買って、出発を待つ。

Img_7845

 時間になったので、バスに乗り込む。席は階段を上がった前の方。

 このバスは、「うめだルート」。近鉄高速バスセンターを出発し、大阪城、中の島中央公会堂、JR大阪駅、梅田スカイビル、グランフロント大阪、通天閣、あべのハルカス、四天王寺、とまわって、近鉄高速バスセンターに戻る。

Img_7853

 バスは、大阪証券取引所の前を通過。建物の前にある銅像は、五代 友厚(才助)。元薩摩藩士で、大阪商工会議所の前身である、大阪商法会議所を設立し、初代会頭を務めた。

 五代 友厚(才助)は、今、NHKで放送している、連続テレビ小説「あさが来た」では、ヒロインあさ(広岡浅子)と運命的な出会いをする相手として登場している。

Img_7856

 車窓に映るのは、中之島公園。難波橋と阪神高速1号環状線の間に、バラの花壇が設けられている。春や秋にはバラの花が咲く、という。大阪へはたびたびやって来るが、このあたりをゆっくり散策したことはない。

Img_7857

 次に見えてきたのが、ご存じ、中之島公会堂。正式名称は、大阪市中央公会堂という。1918年(大正7年)の竣工。鉄骨煉瓦造地上3階・地下1階建て。

 正面のアーチ屋根の上に、2体像が座っている。ローマ神話の神々の像で、左がメルクリウス(商人や旅人の守護神)、右がミネルヴァ(学問や芸術の女神)。目立たない場所ですが、建築のアクセントとなっていて、なかなか粋な感じ。

Img_7863

 向こうに見えるのは、梅田スカイビル。1993年3月に完成したというから、もう22年もたっている。手前の空き地は、梅田貨物駅の跡地。ほぼ完全に更地となっている。これからまた再開発が進むのだろう。

Img_7866

 こちらは曽根崎お初天神通り商店街の入り口。梅田周辺で働く人の食事処としてにぎわっているという。

 商店街の当初の名前は「すずらん通り」だったが、その後「曽根崎センター街」となり、現在は、「曽根崎お初天神通り商店街」と、なかなか長い名称になっている。

Img_7870

 この特徴ある、大きく上に広がったような柱で上部を支える構造のビルは、「大同生命大阪本社」ビル。1990(平成2)年までここにあった建築家 ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計による「大同生命旧肥後橋本社ビル」のテラコッタタイルがモニュメントとして残されている。

Img_78731

 バスは、阪神高速環状線に入る。右側に、通天閣が見えてきた。昨年、ここを訪れたときは、あまりに込み合っているのに驚いたものだ。

Img_7876

 そして、あべのハルカスに到着。バスは、ここでいったん停車。この場所で下車したい人は降りることができる。この時も何人かが下車していった。

Img_7880

 上六薬局(うえろくやっきょく)を左に見ながらバスは進み、いよいよ終点、元の場所に近づいてきた。

Img_7881

 そして、近鉄高速バスセンター(近鉄大阪上本町駅)に戻ってきた。この上が、バスセンターなっている。

 途中、日差しがきつくなってきて、かなり暑かったが、普段とはまったく異なる視点で大阪中心部をざっと見て回ることができて、おもしろかった。

| | コメント (0)

2015.10.19

鉢植えのがじゅまるの木

Img_82441

 先週の土曜日、慰安旅行で淡路島に行ってきた。慰安旅行と行っても、いつものように読売観光のツアーに便乗しての小旅行。

 このツアー、淡路島に上陸して早々、11時にはこのツアーのメインの食事。淡路島ICを降りてすぐの「道の駅うずしお」で、「たっぷり牛っとつまったあわじ牛一尺丼」をいただく。

 食事は、可も不可も無く、まぁ、予想通りの味わいとボリューム感。一尺丼という言葉のイメージほどの量ではない。

 食後は、淡路島の観光地を少しだけ巡っていく。

 「パルシェ香の舘」という施設に入ったが、その売店に、鉢植えのガジュマルの木が売られていた。

 ガジュマルの木というと、本来、熱帯に生育する樹木。沖縄や台湾に生育し、さらにはカンボジアの遺跡などに生い茂り、人工的なものをすべて覆い隠してしまうような、そういうイメージが強い。

 鉢植えのガジュマルの木は、ちょこんと鉢にのって、かわいらしい印象だが、もしこれを買って帰ったら、気づいたら家がまるごとこの木に飲み込まれてしまうような、そんな恐怖な映像が頭をよぎった。

 ちなみに、この鉢植えに刺さっている札に書いてある「キジムナー」とは、調べてみると、沖縄伝説の妖怪で、「樹木の精霊」という。確かに、ガジュマルの木にふさわしそうな妖怪ではある。

Img_82291
(あわじ牛一尺丼)

 

| | コメント (0)

2015.10.14

iPhone 6Sで撮る夜景

Crwkb0kuwaa8rq1jpg_large

 iPhone 5Sから、iPhone 6Sに機種変更してから、3週間程度たった。iPhone 6Sとしてのインターフェイスの新機能「ピーク&ポップ」は、なんとなくめんどうで、ほぼ使わずに過ごしている。

 写真は、iPhone 6S で撮った夜景。少しズームしているが、案外きれいに撮れる。iPhone 5Sと比較すると、かなり進化しているように見える。

 iPhoneが今後、劇的に進化するようなことは無さそうに思う。こういったカメラの性能アップのように、地味な性能向上を続けていくことだけで、いいんじゃないだろうか。

| | コメント (0)

2015.10.13

とさでん交通 新塗装 路面電車 630号

Crlmx_jucaa0wjajpg_large

 夕日が暑い。久しぶりに路面電車(とさでん交通)に乗ろう。電停にやって来たのは、630号車、これはとさでん交通の新塗装になっている車両。

 新塗装は、中途半端な印象で、あまり好きでは無いが、夕日に反射して、妙にきれいに見える。

 観光客と思わしき3人といっしょに乗り込む。車内はそこそこ空いていた。

 はりまや橋電停で降りる。集合時間まで、あと10分ほどしかない。意外にギリギリだった。

| | コメント (0)

2015.10.12

(1)吉野川SA ハーフサイズカレー 大阪・伊勢 旅行記(2015/8/14)

Cqwb8sousaaiyqcjpg_large

 お盆休みを利用して、大阪と伊勢へ出かけた。今回の旅は自家用車を利用。帰省ラッシュの時期ということで渋滞を少し心配しながら出発。高知道から徳島道に入り、吉野川サービスエリアで朝食。ハーフサイズのカレーがあったので、迷わず注文する。

Cqc3gvyucaaax9bjpg_large

 今まで高知から大阪へ行く時、徳島自動車道の藍住ICから板野ICへ一般道利用で抜けていたが、徳島道が延伸され鳴門JCTと結ばれたので、初めてこの新しい区間を走る。途中、新たに出来た松茂PAで休憩。トイレしかない小さなPA。

Cqjkdo4uaaaismijpg_large

 阪神高速の京橋パークエリアで休憩。高架下にある小さなPAだが、時々利用する。今回はトイレ休憩のみ。ここまで、特に渋滞することもなかった。

Cqjlwzfu8aahgrnjpg_large

 今回も大阪での宿泊は、リーガロイヤルホテル。宿泊料金は昨年より大幅にアップ。中国やアジアからの訪日観光客が増えているから。ビジネスホテルを含め、関西ホテルは週末とても予約しにくくなった。ホテル業界はよほど儲かっているここだろう。

Crcoufiveaayappjpg_large

 リーガロイヤルホテルからバスに乗って梅田へ移動する。このバス今まで何回乗っただろう。昔はよくこのホテルで仕事の会議があったので、よく利用したものだ 。

Crei_lyuaaaofkujpg_large

 送迎バスは大阪駅に到着。ここから地下鉄で近鉄上本町駅に移動する。ここからは、滅多に使わないSuicaやICOCAが活躍する。高知でも使えれば便利なのだが。

 ここまでは順調に進んできた。ただ、この時期の旅行は、やはり外の暑さが気になる。

| | コメント (0)

2015.10.08

24時間滞在 釜山旅行記 2014 まとめ

Img_39541

 2014年09月末の土日を利用して、日本に一番近い外国、韓国(プサン)へ行くことにした。今回も、関空からピーチ便を利用する。

(1) ピーチで行く一泊二日の釜山
(2) 早朝のはりまや橋バス停
(3) 朝一番の高速バスで神戸・三ノ宮へ
(4) 三宮から関空行きのリムジンバスに乗る
(5) 三ノ宮からのリムジンバスは関西国際空港第二ターミナルに到着

(6) ピーチの自動チェックインがうまくいかずあせる
(7) 関空第2ターミルで簡単に昼食
(8) ピーチMM0015便プサン行きに搭乗
(9) 離陸時にカメラが使えるようになって忙しい。
(10) プサン金海国際空港に到着、まずはATMでウォンを引き出す

(11) 釜山・金海空港国際線ターミナルから釜山金海軽電鉄の駅へ徒歩移動
(12) 釜山金海軽電鉄、自販機で切符を買い、乗り込む。
(13) 釜山金海軽電鉄で紗上(ササン)に移動
(14) 金海軽電鉄の沙上駅(ササン、사상、Sasang)ホーム
(15) 沙上駅、金海軽電鉄から地下鉄に乗換

(16) 釜山・地下鉄沙上駅で、コインをバラバラ落とす。
(17) 地下鉄2号線、沙上駅から西面駅へ移動
(18) 釜山地下鉄西面駅から東横イン西面への経路
(19) 東横イン釜山西面にチェックイン
(20) ケミチプ西面店でナッチポックン

(21) 南浦駅から、釜山Y`S PARKへ 
(22) 釜山・Y`S PARKのソルビンで「きな粉かき氷」
(23) 南浦・Y`S PARKから、地下鉄でホテル東横イン・釜山西面に戻る。
(24) TOM N TOMS COFFEE(西面中央路店)でハニートースト
(25) 地下鉄2号線で西面(ソミョン)から海雲台(ヘウンデ)へ移動

(26) 釜山地下鉄・海雲台駅、海雲台海水浴場へは3番出口から
(27) 海雲台駅から海岸へ徒歩
(28) 9月の海雲台海水浴場
(29) 海雲台駅に戻り、水を買う
(30) 地下鉄広安駅の外は、高層ビル街

(31) 広安里海岸(広安里ビーチ)に到着
(32) 広安里海岸のパラソル
(33) 門田駅でキャッシュビー(Cashbee)をチャージ
(34) 門田駅から出ると、ピカピカ新品の街
(35) Eマート 門硯店は開いてなかった

(36) 沙上駅から軽電鉄で金海空港へ
(37) 金海空港3階のレストランで昼食
(38) 金海空港KALラウンジで過ごす
(39) ピーチMM16便(JA812P)に搭乗
(40) ピーチMM016便で金海空港から関空へ

(41) 旅の終わりは東横イン

 

| | コメント (0)

2015.10.06

Lenovo ThinkPad E450 裏蓋外し メモリー増設

Cqofwffu8aeub7ajpg_large

 セットアップ中のThinkPad E450にメモリーを増設する。増設用のメモリーには、Transcend DDR3L 4GB 1600Mhzを用意した。

 ThinkPad E450には、メモリースロットが2枚あり、今回購入したタイプだと、4GBのメモリーが1枚装着されている。これに追加で4GBのメモリーを刺し、合計8GBとする。

 まずは、E450の裏ブタを開ける必要がある。3個のネジを緩め、裏ブタを持ち上げるのだが、途中、フタがツメでとまっており、なかなか開かない。無理に持ち上げると折れそう。ツメの場所を見極めながら、少しずつ開けるしかなかった。

Cqoihyiueaekrlajpg_large

 じわじわやって、なんとかこじ開けたところ。メモリースロット1に刺されているのは、標準装備されている4GBのメモリー。そのとなり、スロット2が空いているので、そこに新たなメモリーを差し込む。

Cqoi9x7veaazbhvjpg_large

 メモリーの装着自体は簡単。斜めに差し込んで、本体と水平になるように倒していき、最後は左右の金具でメモリーを固定(右側)。パソコンを起動し、コントロールパネルからRAMの量を確認すると、無事、8GBが認識されていることが確認できた。

 事務処理用に使っていて、4GBと8GBの差を体感できるかというと、ちょっと微妙なところだが、少しでも長くいい状態で使うためには、必要な投資だろう。

| | コメント (2)

2015.10.05

Windows10のThinkPad E450をセットアップ

Cqi4o94u8aadprgjpg_large

 Windows10のノートパソコン レノボ ThinkPad E450をセットアップ中。CPU はCore i 3-5005Uで、MS Office H&B Premium付き。少しでも速くなるようにとSSHDを選択した。

 標準では、ファンクションキーがデフォルトでは機能キーに割り当てられていて、設定のやりかえが面倒。設定の変更は、ESC+Fnキーの同時押しで変更する。

 SSHDの効果なのかわからないが、まずまずのスピードで動いてくれる。Windows10のスタートメニューには、まだまだ戸惑う点が多いが、慣れていくしかないだろう。

 Microsoft Office H&B Premiumの設定では、OfficeがMicrosoftアカウントに紐付けされているのに、ちょっと違和感を感じる。個人使用なら問題ないが、グループで使うには不都合に思う。

ThinkPad E450 20DCCTO1WW

プロセッサー              
 
インテル Core i3-5005U プロセッサー (2.00GHz, 3MB)
 
初期導入OS               Windows 10 Home 64bit
 
導入OS言語               Windows 10 Home 64bit - 日本語版
 
Microsoftソフトウェア               Microsoft Office Home and Business Premium - 日本語
 
ディスプレイ               14.0型HD液晶 (1366x768 光沢なし) ブラック
 
グラフィックス               インテル HD グラフィックス 5500
 
Security Chip               ディスクリートTPM
 
メモリー               4GB PC3L-12800 DDR3L (1スロット使用)
 
キーボード               日本語キーボード
 
指紋センサー               指紋センサーあり、ドッキングコネクターあり
 
内蔵カメラ               カメラ(HD 720p対応)あり、マイクロフォンあり
 
ハード・ディスク・ドライブ               SSHD (500GB HDD 5400rpm + 8GB NAND型キャッシュ)
 
バッテリー               6セル Li-Ion バッテリー (47Wh)
 
電源アダプター               45W ACアダプター
 
ワイヤレス               ThinkPad IEEE 802.11b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠), Bluetooth4.0
 
付属品               日本語
 
標準保証               1年間 引き取り修理

| | コメント (0)

2015.10.02

台北旅行記2015 まとめ

 5月の連休を利用して、台北を訪れた。今回は一人旅ではなく、家族連れ。ひとりの時は、LCCばかり使っているが、家族旅行なので、ANA便を利用した。

台北旅行記2015(1)2年ぶりに台湾へ
台北旅行記2015(2)全日空 NH564便、今日はB777-200での運航
台北旅行記2015(3)羽田空港 => 刀削麺 => エアポート快特
台北旅行記2015(4)NARITA Airport Terminal 1 に到着
台北旅行記2015(5)ANA NH823便(JA611A)に搭乗

台北旅行記2015(6)ANA NH823便(JA611A) 台北行き 機内食の写真を撮り忘れる
台北旅行記2015(7)旅晶贊飯店 台北蘆洲 (Park City Hotel-Luzhou Taipei)に宿泊
台北旅行記2015(8)ホテルからMRTで台北101へ
台北旅行記2015(9)鼎泰豐(ディンタイフォン)で軽く昼食
台北旅行記2015(10)西門町をぶらつく

台北旅行記2015(11)金瓜石(九份)行きバス、1時間半近く待たされる
台北旅行記2015(12)Park City Hotel-Luzhou Taipei近くのスーパーへ買い物に
台北旅行記2015(13)淡水川を渡り、余家孔雀蛤大王 八里店で昼食
台北旅行記2015(14)Park City Hotel-Luzhouからタクシーで桃園空港へ
台北旅行記2015(15)NH5812 全日空(エバー航空コードシェア便) で帰国

| | コメント (0)

2015.10.01

iPhone 6Sにも、iFACE First Class(ホワイト)を装着

 iPhone 6S用のケースが届いたので、さっそく装着してみる。今回もiPhoneケースには、iFace First Classを選んだ。iPhoneの周りをゴムダンパーで取り囲むような構造のカバーで、とても安心感がある。

Cqjn4oqukaaajozjpg_large

 旅行中などに、iFace First Classを装着したiPhone 5Sを何度か落とした事があるが、このダンパーが衝撃を吸収してくれるので、何も問題は起こらなかった。

 また、ダンパー面が、ディスプレイの表面より 2mmほど出ているので、ディスプレイが傷つく事も少ないはず。

 これで、iPhone 6Sを本格的に使える。

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »