« 高知市役所 本庁舎 解体取り壊し | トップページ | ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火 »

2015.11.01

Vodafone IE(ボーダフォン アイルランド)のRed Roaming SIMを入手

Img_8316

 最近、海外に出てまず一番重要に思うのは、データ通信回線の確保である。ちょっと前なら、公衆電話の使い方を覚えるくらいで済んだものだが、今ではとにかくデータ通信ができないことには話にならない。

 短期の旅行なら、海外Wi-Fiルーターを借りるのが手軽。最近でいうと、前回の台湾や韓国旅行では、海外Wi-Fiルーターを借りた。しかし、ルーターの場合はルーター自体のバッテリーのめんどうを見なければならない。

 通常のルーターだと、2時間程度でバッテリーを使い切ってしまうので、モバイルバッテリーを別に用意して、充電しながら使うことになる。

 海外でのデータ通信回線の確保には、海外Wi-Fiルーターを借りる他に、現地でSIMを調達するという方法がある。前々回の台湾イタリア旅行では、現地でSIMを購入した。

 時間に余裕があれば、現地の電話会社のプリペイドSIMを購入するのが、低コストで、使いかっても良い。ただ、購入に時間と手間がかかる。また、1国だけなら良いのだが、周遊の旅となると、国ごとにSIMを買うことになり、不便。

 そこで、日本で海外SIMを買えないかと、ちょっと調べていると、Vodafone IE(ボーダフォン アイルランド)のプリペイドSIMがなかなか便利、ということを知った。

 RED Roaming SIMというもので、1日あたり2.99ユーロで、ヨーロッパのほとんどの国で、200MBのデータ通信ができる。200MBあれば、旅行時の1日の通信容量しては充分だろう。

 このSIMは、通販サイトeBayから簡単に購入できる。私は、下記のサイトを参照して、SIMを入手した。

ヨーロッパ周遊旅行に便利なSIMカード 「RED Roaming」

Img_83161

 SIMは注文してから1週間ほどで届いた。発送元はアイルランド・ダブリンとなっている。

 まずは、Vodafone IEのホームページ内の「My Vodafone」から、電話番号とパスワードでログイン。パスワードはeBayの販売者に教えてもらったが、わからなくてもなんとかなるらしい。

 ログインが無事できたら、すぐにパスワードを変更。プリペイドカードの残額が0.2ユーロになっていたので、とりあえず10ユーロをクレジット カード決済でチャージした。チャージが完了すると、SIMをセットしてある機器にSMSが飛んでくるので、無事チャージできたことを確認できる。

 RED Roamingの設定自体は、これもMy Vodafoneのページから、設定・確認ができる。購入したSIMは、RED Roamingの設定済みだった。

 RED Roamingの対象国は現在のところ、下記のようになっている。

1.99ユーロ/1日・・・UK & Northern Ireland

2.99ユーロ/1日・・・Albania Austria Belgium Bulgaria Canada Croatia Cyprus Czech Republic Denmark Estonia Finland France Germany Greece Hungary Iceland Italy Latvia Lithuania Luxembourg Malta Netherlands Norway Poland Portugal Romania Slovakia Slovenia Spain Sweden Switzerland Turkey USA.

4.99ユーロ/1日・・・Egypt, South Africa, India, Australia, New Zealand, Hong Kong

 1度チャージすれば、6か月間は有効期限があるようなので、めったに使う機会はなくても、チャージによって有効期限が伸びていくので、1枚保持しておけば便利だろう。

|

« 高知市役所 本庁舎 解体取り壊し | トップページ | ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火 »

携帯・デジカメ2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高知市役所 本庁舎 解体取り壊し | トップページ | ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火 »