« 手軽に楽しめる大阪市立科学館のプラネタリウム | トップページ | 関空から飛び立つトランスアジア航空のAirbus A330-300(B-22101) »

2015.12.16

関空に発着するLCCのひとつ、エアプサン(Air Busan)

 エアプサン(Air Busan)は、アシアナ航空と釜山市および釜山市の主要企業の出資によって作られた航空会社である。現在、国内では、関空~釜山、福岡~釜山、成田~釜山、札幌~釜山(12月3日より)に就航している。

 アシアナ航空といえば、釜山の空港でアシアナラウンジ入ろうとした時、窓口で、となりの大韓航空のラウンジの方が広くていいですよと、体よく断られた事を思い出す。

 それはさておき、エアプサンの保有機材は、16機ほどで、B737、A320、A321など。A321-200型が一番多い。関空に飛んできている機体もA321だろう。

Dscn2144


 釜山から日本以外の海外へは、ホンコン・マカオ・セブ・台北・高雄・グアム・シュムリアップ(カンボジア)・ダナン(ベトナム)などへ飛んでいる。

 韓国第二の都市、釜山を起点とするLCCということで、関空を起点とするピーチアビエーションにちょっと似ている。各国のLCCが増えてくると、海外がより身近な存在に思えてきて夢がある。機会があれば、関空・釜山線を利用してみたい。

Dscn2211

|

« 手軽に楽しめる大阪市立科学館のプラネタリウム | トップページ | 関空から飛び立つトランスアジア航空のAirbus A330-300(B-22101) »

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手軽に楽しめる大阪市立科学館のプラネタリウム | トップページ | 関空から飛び立つトランスアジア航空のAirbus A330-300(B-22101) »