« 関空から飛び立つトランスアジア航空のAirbus A330-300(B-22101) | トップページ | 国際線Wi-Fiサービス »

2015.12.18

来月は台湾総統選挙

Photo_2 年明け、1月16日に予定されている中華民国総統選挙だが、立候補者は、民主進歩党・蔡英文、中国国民党・朱立倫、親民党民国党・宋楚瑜の3名。

 現総統の馬英九は中華民国憲法規定により三選が禁止されているので、国民党から別の候補者を立てる必要があった。当初は、民進党に対抗したのか、洪 秀柱 という女性候補者だったが、大陸との統一発言で人気が落ちて、朱立倫にすげ替えられた。

 最近のニュース番組などを見る限り、今のところ、民進党・蔡英文の優位が続いているようだ。馬英九政権での、中国寄りの姿勢が、台湾国民の反発を招き、我々は中国人ではなく台湾人という意識が強くなったと言う。

 選挙結果がどうであれ、すぐに台湾の状況が変わることはないはずで、あまり心配はしていない。

 昨年5月に台湾へ行ったばかりだが、そろそろ再訪問したい。また、週末利用の忙しい旅になるが、制約された条件の中で、何が出来るのか。そんなことを考えるのも、また楽しい。

|

« 関空から飛び立つトランスアジア航空のAirbus A330-300(B-22101) | トップページ | 国際線Wi-Fiサービス »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関空から飛び立つトランスアジア航空のAirbus A330-300(B-22101) | トップページ | 国際線Wi-Fiサービス »