« 来月は台湾総統選挙 | トップページ | エアインディア(Air India)のBoeing 787-8(関空~香港) »

2015.12.22

国際線Wi-Fiサービス

Anawifi 長時間、閉塞された空間にとどまることになる国際線フライト、いろいろエンターテインメントサービスがあるものの、それよりWi-Fiが使えたら、もっとうまく時間活用できるだろう。

 そんな国際線のWi-Fiサービス、少しずつ対応するフライトが増えてきた。ANAの最新機B787-9などの場合、時間に応じた各プランで利用できる。

 [料金(USドル)]
 30分*プラン - $ 6.95
 3時間*プラン - $ 16.95
 フルフライトプラン(最大24時間*) - $ 21.95
 * 最初にサインインしてから連続して経過した時間となります。

 [支払方法]
 クレジットカードのみ(VISA・MASTER・DISCOVER・AMEX・JCB・DINERS)

 ※ANAホームページからの抜粋

 30分プランは、かなり割高。また、3時間プランとフルフライトプランの価格差は、5ドルなので、フルフライトプランが実用的に思える。


 海外の航空会社を調べてみると、たとえばルフトハンザでは、以下のようになっている。

 1時間: 9.00ユーロまたは3,500マイル
 4時間: 14.00ユーロまたは4,500マイル
 フルフライト(最大24時間): 17.00ユーロまたは5,500マイル

 ANAとは微妙に時間区分が異なり、価格も少し違う。この場合でも、1時間ではかなり高額で、4時間とフルフライトの差は小さいので、日本~ドイツ路線なら、フルフライトを選ぶべきだろう。

 注意点としては、いずれの航空会社でも、中国上空ではネット接続が使えなくなるので、航路をよく確認しておく必要がある。

 国際線Wi-Fiサービス、夜行便だと、ちょっともったいないが、昼間の便なら、一度利用してみたい。

|

« 来月は台湾総統選挙 | トップページ | エアインディア(Air India)のBoeing 787-8(関空~香港) »

行ってみたい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来月は台湾総統選挙 | トップページ | エアインディア(Air India)のBoeing 787-8(関空~香港) »