« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月の31件の投稿

2016.01.31

久しぶりの休息、高知市内を歩く

 先週は台湾に行っていた。帰ってきてそのまま仕事、土曜日も仕事だったので、日曜日の今日、やっと休みとなった。外に出かけるのは楽しいが、それなりに気をつかい疲れるのも事実。朝まで、ゆっくり眠れると、疲れがとれた気がする。

 今日は気温が上がり快適な陽気となった。午後、市内を少し散歩した。高知駅前は、広々としていて快適。鉄道は移動の主役ではないのだが、県都の玄関としての威厳のようなものは感じる。旧駅舎から新駅舎に変わった時、駅舎が北側にだいぶ移動したことにより、駅前広場が広がった影響が大きい。さらに、路面電車が直接、高知駅に直交するようになり、利便性の向上とともに、県市の玄関らしさが出来た。

Img_9651

 駅前に新しいローソンが出来ている。駅舎内はセブンイレブン、北側にはサンクスやローソンがあるが、南側にも新たにローソンができた。コンビニがこれほど急に増えて、需要があるのかどうか。競争上、出店するしかないのだろう。

Img_9661

 電車通りの中心部は電線地中化されているのだが、路面電車の架線が配置されているため、道路の上空がすっきりしない。台湾の路面電車のような、充電走行式の電車にもし変われば、どれだけすっきりするだろうか。しかし、それは、夢の又夢の話。

Img_9666

 解体が進んでいる高知市役所は、瓦礫の山となっている。ちょっと寂しげにも見える。

Img_9668

 電車通り沿いのパン屋さん(ベルゲン本町店)は、店舗が2軒西へ移動した。以前の建物は完全に単独店だったのだが、今回の場所は2階が塾で、その看板が目立つため、デザイン的には、ややわかりにくい。

Img_9670

 28日にオープンした升形のセブンイレブン。今日見たときは、クルマは駐車しておらず、ヒマそうに見えた。これからが正念場だろう。


| | コメント (0)

2016.01.30

2016年 台湾旅行記(2) 台北行き ピーチMM027便に搭乗(Airbus A320 / JA802P)

2016/01/22 ピーチMM027便
 大阪(関西空港) (KIX) T2 発 16:05
 台北(桃園空港) (TPE) T1 着 18:15(日本時間19:15)

 神戸-関空ベイ・シャトルを使い、関空のベイシャトル乗り場に到着した。ここで、関空ターミナル行きのバスに乗り換える。バスは、第1ターミナル・第2ターミナルの順に停まっていく。往きはピーチ便なので、第2ターミナルからの出発だが、まだ時間があるので、とりあえずは第1ターミナル・4F国際線出発ロビー前でバスを降りる。

Img_8967

 関空に来るのは、昨年11月以来のこと。前回は、ただ飛行機を見ていただけだが、今回は搭乗できるので、ワクワク感はより大きい。お昼を食べてなかったので、第1ターミナル2階のマクドナルドで、ハンバーガー単品とホットコーヒを注文する。旅に出ると、お腹がすかないので、こんな昼食で満足できる。

Img_8968

 ピーチのチェックインは90分前から、となっている。第1ターミナルをうろうろしているうちに、午後2時を過ぎたので、第2ターミナルへ向かう。

Img_8971

 第2ターミナル行きのバスは、エアロプラザ1Fから出る。第1ターミナルから第2ターミナルへの移動バスは何度も利用しているので、迷うようなことはない。関空では、第2ターミナルの隣に第3ターミナルが出来る予定。完成すれば、新ターミナルは春秋航空が使うことになるらしい。

Img_8972

 エスカレーターを降りると、第2ターミナル行き無料連絡バスが待っていたので、飛び乗る。

Img_8973

 バスが第2ターミナルに到着。バスの後方へ歩いて、国際線チェックイン側の入口が中へ入る。ちなみに、前方の入口は国内線チェックインとなっている。ひとつの建物なので、どちらから入っても大差ないが、何度も使っていると、最適な方に自然と足が向くようになる。

Img_8974

 第2ターミナルに入り国際線出発の表示ボードを見ると、ピーチMM027便の搭乗手続きはすでに始まっていた。段ボール外装の自動チェックイン機に向かい、チェックイン手続きを始める。ディスプレイにはピーチクレジットカードの宣伝が大きく表示されている。

Img_8977

 画面タッチで予約番号を入力し、その後、パスポートの写真ページをスキャン。無事、ペラペラの搭乗券が発行された。座席はあらかじめ、一番後ろの通路側を予約してある。

Img_8979

Img_8980

 このあと、しらばく待っていると、セキュリティーチェックへつながるドアが開いたので、荷物検査・出国手続きと進む。金曜日の中途半端な時間というためか、乗客は割合少なく、手続きはスムーズに進んだ。

Img_8986

 機内への案内は、窓側A列およびF列が優先。私は通路側D列なので、しばらく待ってから、搭乗ゲート99へ。

Img_8987

 いつものように、この殺風景な通路を進む。そして、係員による搭乗券とパスポートの照合チェックを受けてから、飛行機に向かう。

Img_8989

 機体番号はJA802P、2011年12月登録の機体(Airbus A320)、2号機なのでPeach・Aviationとしては古めの機体。もう、だいぶ陽が傾いている中での出発となる。


| | コメント (0)

2016.01.29

高知県中央会の創立60周年記念式典 夢の扉+の記念講演

 雨の中、午後2時から城西館3階にて高知県中小企業団体中央会の創立60周年記念式典。式典は1時間半ほどだが、大半は表彰にさかれた。表彰対象者が100人以上いるのでなかなか時間がかかった。県内の表彰対象だけで、こんなに多いのなら、〇〇組合というような集まりは無限にあるのではないかと思うほど。

Image_3

 式典のあとは、記念講演。TBSテレビ、日曜日 夕方6時半からの番組「夢の扉+」のチーフプロデューサー 黒岩亜純氏。日曜日のこの時間は、テレビを見るとすれば「大河ドラマ」なので、あまり見る機会はないが。

 番組の最後には、成功に至るための言葉が紹介される。たとえば、技研製作所、北村社長なら、「一つのことを追求すれば必ず宝物にたどりつく」。ご本人、今日の会場に来ているそう。

Image_4

 番組のダイジェストとともに、そのような言葉が紹介される。できないと言う人は出来ない理由をさがし、できると言う人は出来る理由をさがす。挫折が夢を大きくする。人と違っていることを恐れるな。出来たらいいなを出来るに変える。じっくり力を蓄えチャンスで一気に爆発させる。など。

 そして、クリントン大統領をゲストに迎えた時の失敗談。筑紫哲也ニュース23の最終収録の話も。
 結論。10年以上の夢、失敗はオススメ、発想の転換、夢は夢でなく実現するもの。批判にこそヒントがある。壁があり、困難があるから成功がある。ライフワークとしてのテーマが夢。

Image_6

| | コメント (0)

2016.01.28

久々のプリンスホテルとワインの店 坐忘

 夕方5時半からプリンスホテル高知で共同配送こうちの社長会兼新年会であった。プリンスホテルに入るのは何年ぶりだろう。しばらく来てないはず。

 最近では宿泊に特化したホテルが多い中、ここは昔ながらに、宴会場などを持つホテル。ホテルの老朽化が進む中で、宴会などの仕事を継続して受注していくのは、なかなかたいへんなことだろう。

Image

 二次会は坐忘(ざぼう)という店へ。電車通りのボウルかつらしまとアプライド高知店の間に位置する。

 坐忘という店名は、店主がZABOUという音感が好きで付けたそうだ。繁華街から離れた場所で、ついでに寄るというような立地ではないので、固定客を主体とした店だろう。

 ワインと無国籍料理が売りの店。営業時間は17時から23時。滅多に二次会には行かないし、ワインをメインに飲む機会もないので、ちょっと飲みすぎた。

 帰りに、自宅近くにできたセブンイレブンに寄ってみる。開店の特売で多くの商品に値引きシールが貼ってあったので、デザート品などを買ってみる。身近な場所にコンビニができるのはいいのだが、これだけあちこちに新店舗できると、既存店の生き残りはなかなかきびしいはず。今後の人口減少の具合によっては、コンビニの乱立も昔話になるかもしれない。

Image_2


| | コメント (0)

2016.01.27

2016年 台湾旅行記(1) 神戸関空ベイシャトルで関空へ

 神戸-関空ベイ・シャトル 3000円(往復)
 出航時間:神戸発12:30⇒ 13:00関空着

 高知から関空へは、いつもは高速バスでOCAT(難波湊町バス停)まで行き、空港行きバスに乗り換えるが、今回は、神戸空港と関空を結ぶ高速船「神戸・関空ベイシャトル」を初めて利用してみた。神戸・関空ベイシャトルの一番のメリットは、片道でも高速船を使えば、駐車場が完全に無料になること。今回、帰り便がやや遅く、最終の高知行き高速バスには間に合わない時刻であったため、この船を利用することにした。

 この船は、一応予約制となっている。席に余裕があれば、特に予約の必要はなさそうだが、念のために予約を入れておいた。予約をキャンセルしても、特に費用がかかるわけではないので、予約をしておくのが無難。今回、強風で帰り便は運行キャンセル(代替えバスにて運行)となっていたが、前日に連絡をもらえたので、戸惑うことはなかった。

Img_8940

 神戸・関空ベイシャトルの乗り場は、神戸空港の北側、海沿いに位置する。神戸空港の駐車場とは別の場所なので、間違いないように注意が必要。ただ、大きな看板があちこちに出ているので、だいたいの位置関係を把握しておけば、間違うことはないだろう。ポートアイランドは、クルマで走ると、イメージしていたよりかなり広く、阪神高速のインターを降りてから、けっこう距離がある。時間に余裕をもって出かける必要がありそう。

 駐車場はいくつかに分かれており、手前の駐車場から順にいっぱいになっていくので、混み合う時期は、駐車場から乗り場までの時間も、考慮しておく必要がある。私が着いたときは、ちょうど一番手前の駐車場に一台空きがあり、うまい具合に駐車できてラッキー。

Img_8943

 神戸・関空ベイシャトルの待合室に入り、チケットを購入する。自動販売機が2台あったが、予約購入なので窓口で名前を言って往復券を3000円で購入した。

Img_8942

 出発まで少し時間があったので、外にでてみる。風が強く、とても寒い。天気はいいが、気温はかなり低めのようだ。しばらく待っていると、船が到着し、乗客がゾロゾロと降りてきた。「うみ」という分かりやすい船名のふね。これが折り返し、関空行きになる。係員に呼ばれたので、乗船する。

Img_8948

 乗客は20人はいなかった。金曜日のお昼過ぎということで、いちばんヒマな時間帯なんだろう。客室は広いが、私は一番後ろの席を選んで座る。席にはシートベルトが付いていたが、だれも締めてないし、締めるようなアナウンスもないので、そのまま座るだけ。

Img_8952

 すぐに船は動き始めた。高速船というだけあって、やや速いスピードで走り始めた。駐車券の精算をしておかないといけないことを思いだした。駐車場を無料にするためには、船内入口横にある精算機を通しておく必要がある。

Img_8955

 ちょっとくたびれた感じのこの精算機に駐車券を入れると、ガシャガシャと音がしたあと、駐車券が吐き出される。これでいいんだろう。往きか帰りに一回この操作をしておけば良いという。

Img_8960

 船は順調にまっすぐ進む。神戸空港と関空は、直線距離で考えると非常に近い。障害物のない海の上をまっすぐに進むのだから、30分で着くのも良く分かる。あっという間に、関空の建物が見えてきた。

Img_8963

 ちょうど予定通りの午後1時に、関空の船着き場に到着した。揺れも少なく、なかなか快適な船旅だった。天候に左右されるという危険性はあるが、うまく利用すればたいへん価値の高い交通機関である。

 船を下りると、すぐ前にバスが待っているので乗り込む。このバスは、第1ターミナル経由で第2ターミナルまで行ってくれる。フライトの出発は第2ターミナルからだが、まだだいぶ時間があるので、まずは第1ターミナルへ行ってみよう。


| | コメント (0)

2016.01.26

2016年1月台湾旅行ダイジェスト

 1月22日~24日、台湾へ出かけた。今回は、台湾高鐵3DAYSパスを利用して台湾南部を訪問、そして高雄(カオシュン)にできつつある次世代路面電車「高雄捷運環状軽軌(LRT)」に試乗することが、旅のテーマだった。

 台湾も何十年ぶりの大寒波襲来ということで、台北はずっと寒い雨降りのあいにくの天候だったが、23日(土)に訪れた、台南および高雄は、強風でかなり荒れ模様の天気ながら、傘は必要なかったため、自由に動き回ることができ幸いだった。

2016/01/22(金)
 神戸-関空ベイ・シャトル
 出航時間:神戸発12:30⇒ 13:00関空着

 ピーチMM027便
 大阪(関西空港) (KIX) T2 発 16:05
 台北(桃園空港) (TPE) T1 着 18:15(日本時間19:15)

 桃園空港→高鐵桃園(705バス) 30元
 高鐵桃園→高鐵台北(新幹線)

 台北泊Ulysses Hotel Taipei Main Station
 ユリシス ホテル(尤利西斯旅店)
 台北市中山区華陰街28号 TEL+886-2-25625082

Img_9322


2016/01/23(土)
 高鐵台北→高鐵台南(新幹線)
 沙崙駅⇒ 台鉄台南(沙崙線)
 タクシーで安平古堡移動
 同記安平豆花安平2店
 台南⇒ 高雄(台鉄) 
 高雄⇒ 凱旋駅(地下鉄)
 高雄捷運環状軽軌試乗
 凱旋駅⇒ 美麗島駅(地下鉄)
 六合夜市
 高雄⇒ 高鐵左營(地下鉄) 
 高鐵左營⇒ 高鐵台北(新幹線)

 台北泊Ulysses Hotel Taipei Main Station

2016/01/24(日)
 高鐵台北→高鐵桃園(新幹線)
 高鐵桃園→桃園空港(705バス) 悠遊カード

 ジェットスター3K721便
 台北(桃園空港) (TPE) T1 発 12:45(日本時間13:45)
 大阪(関西空港) (KIX) T1 着 16:15

 神戸-関空ベイ・シャトル(運休のため代替えバス)

 旅行記は今後ぼちぼち掲載するとして、とりあえず、iPhone6SのLive Photos(ライブフォト)を利用して撮った写真を、iPhoneアプリLive GIFで動画に変更し、iPhone6Sに標準添付のApple製アプリiMovieで編集。今回の台湾旅行を、1分ほどの動画にまとめてみた。ぜひ、ご覧いただきたい。


| | コメント (0)

2016.01.25

徳島から、積雪の中、なんとか帰る

 朝の徳島は、まだ路面に雪が残っていた。歩行者や自転車が、雪を避けて車道に入ってきているので、すこし危ない感じ。高速が停まっていたので、一般道でなんとか大豊までたどり着き、そこから高速に乗り帰ってきた。一般道もあちこちチェーン規制がかかっており、そこをすり抜けるのが一苦労だった。

 高知市中心部で普通に生活していると、冬タイヤやチェーンはまったく必要ないので、備えがないのが普通。関東に住んでた頃は、雪への対応も少しは考えないといけないと思い対応していたが、高知ではめったにないことへの対応はなかなかできない。

 今日の帰り道でも、高知県に入った途端に、道から雪が消えた。気温の差と言うより、たぶん日当たりの具合の差なんだろう。高知は、やはり南国と言う事。

| | コメント (0)

2016.01.24

寒い台湾から、雪の日本へ

 今日も台北は、そこそこ寒かった。新幹線で台北から桃園へ移動。高鐵桃園から空港へはバス。帰りはジェットスター便。チェックインにやたらと時間がかかり、搭乗までほとんど余裕がなかった。

 関空に着陸すると、けっこう雪が降っており驚く。神戸関空ベイシャトルは、欠航のため代替えバスで神戸へ。

 寒波のせいで、徳島道がストップ。徳島までは帰ってきたが、徳島のあまりの雪景色に驚き、今日は帰るのを諦め、徳島に泊まることにした。

| | コメント (0)

2016.01.23

台南、高雄は、ほぼ雨に降られず

 台湾高鐵3Daysパスを利用して、台南と高雄へ行った。台北は雨だったが、台南と高雄では、なんとか雨にたたられずに済み、助かった。

 高雄では、MRTの新線である路面電車の試乗車にのることができた。架線のない最新仕様の路面電車。なかなか良さそうな電車だった。

 夕方、ちらっと六合夜市により、左營19:48分発の新幹線で台北に戻ってきた。明日は帰るだけ。

| | コメント (0)

2016.01.22

台北は今日も雨

 久しぶりに台北にやって来た。今回は関空からのピーチ便を利用。

 金曜日ということで、機内はそこそこすいていた。しかし、桃園国際空港についてからが大変。到着から入国まで1時間ほどかかった。

 今日の台北の天気は雨。雨雨雨。明日は南の方に行くつもりだが、やはり雨模様らしい。まぁ、仕方ない。

| | コメント (0)

2016.01.21

フジドリームエアラインズ(FDA)の高知-名古屋線 1日2往復に

 高知新聞などの報道によると、フジドリームエアラインズ(FDA)の高知-名古屋(屋県名古屋空港)線は、従来1往復であったのを、2016年3月27日から1往復増やし、1日2往復にする、とのこと。

Kochi_newspaper_20160121
(高知新聞より抜粋)

 増える1便は、夕方の時刻となる。そして、現在、お昼前後に発着している便は、当面は多少の時刻変更だけだが、2016年7月1日からは、朝の時間帯に移行する。

 今までは、非常に利用しにくい時間帯に飛ぶ便だったが、朝晩の2便となれば、出張などにも有効に使える。

 FDAは、1企業である「鈴与株式会社」が100%出資して作ったエアラインながら、保有機もそろそろ10機を超える勢い。これからも、ぜひ、がんばってもらいたい航空会社である。

Img_2886

| | コメント (0)

2016.01.20

高知空港 ANA東京便の主役 B767-300

 高知空港に駐機していたのは、ボーイング767-300(767P)、羽田行きの機体。高知-東京間 5便の内、3便は767-200で、残り 2便は737-800で運航されている。

 松山-東京間や、高松-東京間は、787-8が就航しているが、高知では当面767-300での運航が続くのだろう。ただ、767-300はすでに20年以上経過した機体が多いので、これから数年以内には、他機種への変更も考えられる。

Dscn2372

 ANAが所有する機体は、今では787がかなり多いはず。767-300が退役した後は、787-8という可能性もあるが、767-300の270席に対して、787-8は335席と多く、高知-東京間では、席をもてあます。

 ひょっとしたら、昨年発注したエアバスの新型機「A321neo(240席)」が737-300の後継機種として利用されるのかもしれない。

Dscn2381

 ボーイング767-300、左エンジンをズームアップ。主脚についているタイヤは各4本、タイヤをささえる軸に、大きなバネが2本使われているのがわかる。どういう役割をしているバネなのか、ちょっと気になる。

Dscn2407

 この日は、海側から山側に向かっての離陸。

Dscn2408

 離陸後は、大きく右旋回して、北東へ飛び去っていった。

| | コメント (0)

2016.01.19

可能性が広がる~iPhone6SのLive Photos(ライブフォト)はおもしろい

 iPhoneを5Sから6Sに変えて、4ヶ月ほど経過した。いまさらだが、新機能のLive Photos(ライブフォト)が、なかなかおもしろい。

 iPhoneカメラの撮影画面で、上の丸いマークをタッチすると、Live Photosのモードに変わる。この状態で写真を撮ると、静止画と共に、シャッターを押す前後の3秒間(シャッター前1.5秒、シャッター後1.5秒)の音声付き動画が撮影される。

 この動画を見る場合は、カメラロール内の写真を強くタッチする。これにより、動画として再生される。ただ、このままだと、Live Photosの写真は、ブログなどには活用できない。

 そこで、登場するのが、Live PhotosをGIFや動画として保存仕直すアプリ「Live GIF」。

 有料アプリだが、それだけの価値はある。Live GIFアプリを開くと、撮りためたLive Photosの一覧が表示されるので、GIFや動画に変換したい写真を選ぶ。あとは、「SHARE GIF」か「SHARE VIDEO」を選択して、カメラロールに保存するだけ。

Img_8162

 この写真は、高知卸団地で昨年10月に行われた月見祭りの様子だが、人が多く集まっている様子は分かるが、当然ながら臨場感はない。

 これを、「Live GIF」アプリで動画にすると下のようになる。

 たった3秒間の動画だが、写真と違って、行き交う人、テーブルの会話や音楽、奥で踊っている子供たちの様子など、お祭りのにぎやかさが良くわかる。

 特に、動画を撮るというような意識なしで、写真を撮影し、それがあとで動画再生できるというのは、写真を撮ることの意味を変えるようなインパクトを持っている。

 さらに、写真をクリックすると動画が自動で再生されるようにする。

 <a href="http://www.youtube.com/embed/(YouTubeのURLの後ろの方)?autoplay=1&rel=0" class="youtube" ><img src="写真画像" class="image-full" /  ></a>

 このようなhtmlとすればいいようだ。

 実際にやると下のようになる。


(写真をクリックすると動画再生されます)

 パソコンでは、クリックで全画面に変わり、そのまま再生されるが、スマートフォンからはYouTubeアプリを呼び出してからの再生になるようだ。

| | コメント (0)

2016.01.18

変化を見つめる~イラン経済制裁、解除へ

 カタール航空の本拠地、ドーハのハマド国際空港を飛び立った欧州便は、ペルシャ湾を北上、イラン・イラク国境をかすめながら、イラン領側の上空を飛んでいく。そしてトルコ領を経由して、欧州各地へ向かう。

 先日の、サウジアラビアとイランの宗教対立を見ていると、イラン上空も危ないのではないかと危惧するが、そういうことではないらしい。

 アメリカ合衆国とEUは、イランへの経済制裁を解除する方向へ動いた。イランが核兵器開発をできない水準にまで核開発の規模を縮小させたことを、IAEA(国際原子力機関)が認めたからだという。

 経済制裁解除になれば、6ヶ月後には、イランの原油輸出が現状の2倍になるらしい。対立するサウジアラビアにとっては、なんともくやしいところだろう。宗教対立といいつつ、実は、経済的な要素も大きいのかもしれない。

 イランは観光地としても有望と言うから、ぜひ、中東各国が安定し、安心して観光ができるような地域になってもらいたいものだ。

| | コメント (0)

2016.01.17

ひさしぶりに高知空港でFDA便を見る(JA01FJ)

 高知空港にたどり着くと、ちょうどFDA便(JA01FJ)、エンブラエルE170が滑走路に向かっていくところだった。

 今日の便は、赤色の機体。つまり、フジドリームエアラインズの初号機である。昨年、色あせた塗装を塗り替えて、きれいになっている聞いていたが、こうして見ると、天気のせいか、すでに若干色あせているようにも見える。

Dscn2363

 1日1便では、なかなか利用しにくいが、JALとのコードシェア便ということで、なんとかなっているのか。

 先日、JALの福岡便がジェット化され、エンブラエルによる運航となったので、このFDA便と合わせて、1日に3機のエンブラエルが飛来することになった。将来的には、MRJに置き換わっていくのかもしれないが、エンブラエルはエンブラエルとしての良さがある。エンブラエルは、小型ながら、B737などよりも足下がすっきりしており、乗り心地は悪くない。

 今日は、南(海側)から北(山側)へ向かっての離陸。金網フェンスの穴越しに、コンパクトカメラで離陸を撮るのはなかなかむずかしく、シャッターチャンスは、少ない。ワイヤーフェンスに変更して貰えないものか。地方空港ゆえ、設備の更新はなかなかむずかしいだろうが。

Dscn2369

 地方空港と言えば、佐賀空港が、昨日、1月16日から「九州佐賀国際空港」という愛称となった。LCCを誘致するための策らしい。佐賀空港は、深夜にB787が旅客を乗せずに貨物機がわりに飛んでいたりして、特色がある空港。ひょっとして大化けするかもしれない。

| | コメント (0)

2016.01.16

台湾総統選挙は、民進党の蔡英文が当選

 今日は台湾総統選挙の投票日だった。事前の予想どおりの結果で、民進党の蔡英文(ツァイインウェン)が、国民党の朱立倫(チューリールン)を破り、当選した。

 このような結果になったのは、やはり前政権、国民党の馬英九政権が、ひとつの中国を旗印に、中華人民共和国に近づきすぎたため、ということらしい。中国人ではなくて、台湾人という意識が強くなった国民にとって、国民党の路線が合わなくなったということだろう。

 ただ、これからの問題としては、これだけの期待をうけて当選した民進党・蔡英文政権が、国民に対して、今までの路線と明確に違う政治路線を打ち出せるかどうか。要は、中国と一線をひくような政治を行った上で、経済的な繁栄が継続できるかが、一番のポイントになるだろう。

| | コメント (0)

2016.01.15

地球の歩き方オリジナル コンパクトポーチ 用に、水濡れ防止の袋を作ってみた

 海外旅行に出るときは、できる限り荷物を少なく、軽くするように心がけている。目標は、総重量5kg以内。ピーチは持ち込み荷物10kgまで大丈夫だが、ジェットスターは7kgまでと、なかなかきびしい。荷物を可能な限り減らしていった場合、気になるのが貴重品の持ち方。

 貴重品といっても限られるが、まずはパスポートとクレジットカードだろう。現金も大事だが、それはまぁ、最悪取られてもなんとかなる。カバンの中に入れるよりは、やはり身につけるのが一番安心。

 そこで、今回、選んだのが地球の歩き方オリジナル商品のコンパクトポーチ。首からぶら下げるタイプで、横幅が12cm×縦が16cmぐらいの袋。パスポートを入れる場所がひとつと、クレジットカードサイズの場所が2カ所ある。


Img_8859

 パスポートとクレジットカードを2-3枚入れるだけならこれで充分。ただ、このポーチは、水濡れする素材でできている。もし汗を大量にかくと、パスポートまで濡れてしまう。

 そこで、手元にあったナイロン袋をカットし、シーラーで溶着。パスポートがちょうどはいるサイズの袋を作った。これで、汗の染み込みぐらいなら防げるだろう。

| | コメント (0)

2016.01.14

Lenovo E450に4GBの増設メモリー

 最近、3年前ぐらいに導入したノートパソコンが次々に不調になり、更新を進めている。今は3台目のLenovo E450をセットアップ中。

 Lenovo E450の仕様は、CPUがCore i3-5005U プロセッサー (2.00GHz, 3MB)、HDDの代わりに128GB ソリッドステートドライブ、Microsoft Office Home and Business Premiumプリインストール。メモリーが標準では4GB PC3L-12800 DDR3Lとなっている。OSは、当然、Windows 10 Home 64bit。

 今はメモリー4GBでも充分なのだが、先々のことを考えて、メモリー増設をする。
 ネジをゆるめ、裏蓋をあける。裏蓋はツメで半分固定されており、じわじわと剥がすようにして、あけていく。1台目の時は、おそるおそるやっていたが、今はコツがわかったので、カンタンにあけられる。

Img_8840


 メモリースロット2基のうち、空いている1基に増設メモリーを差し込みセットアップ。あとは、蓋を閉めていくだけ。

 事務処理ソフトをいくつか起動しているだけだと、8GBメモリーの恩恵は少ないが、メモリーはわりと安いので、少しでもきびきび動いてくれれば、それでいい。

 LenovoのEシリーズ、昔は安物のイメージだったが、今ではこの下に、Bシリーズが出来た。Bシリーズと比較すると、けっこう高級感を感じるEシリーズ。私が使うわけではないが、けっこう気に入っている。

Transcend ノートPC用メモリ PC3L-12800 DDR3L 1600 4GB 1.35V (低電圧) - 1.5V 両対応 204pin SO-DIMM (無期限保証) TS512MSK64W6H 2,990円

| | コメント (0)

2016.01.13

一度は試したい~JAL SKY Wi-Fi

 JALのB737-800、機体番号はJA311J。最近、しばらくJAL便に乗ってない。最後は、昨年の2月だったろうか。

 高知空港から羽田へ行く場合、最近ではJALを選ぶ事が多い。ANAはB767が多く、たまにB737、ごくたまにB777-200。一方、JAL便はすべてB737-800での運航となっている。

Dscn2332

 JALは、JAL SKY NEXTという、新内装への改修を進めてきた。この機体も丈夫にアンテナの出っ張りがあることから考えて、改修済みの機体のはず。

 機内でのWi-Fiサービス、JAL SKY Wi-Fiは、30分400円のプランと、距離に応じて1フライトずっとつかえるプランがある。

 登場時間の長い国際線ならWi-Fiサービスもいいが、国内線の短い時間で、はたしてWi-Fiの必要性があるかというとちょっと微妙。それでも、そういう選択肢があることは良い。次回、JAL SKY Wi-Fiが使える便に乗る機会があれば、一度試してみたい。

Dscn2271_2

| | コメント (0)

2016.01.12

側溝工事が進む卸団地一番街

 会社前の側溝工事が順調に進んでいる。側溝工事は、日常のクルマの出入りがあるので、いっぺんに全部やるわけにはいかない。少しずつ、間をあけて進んでいる。

 ニトリとの境のあたりは、一応出来あがり、順次、他の部分に移ってきている。工事中は、けっこうな騒音とほこり。風向きが悪いと、そうとう土埃が入ってきそうな勢い。

 ニトリの向かい、旧丸岡商事の建屋も工事中。3月くらいには、馬路村の新店ができる予定。卸団地は、まだまだどんどん変化していく。

Img_8837

| | コメント (0)

2016.01.11

高知福岡線 ジェット化 サーブ340から エンブラエル170へ (ジェイエアーJA224J)

 高知~福岡のフライトは、プロペラ機サーブ340Bによる運航だったが、1月7日以降ジェット化され、エンブラエルERJ-170による運航に変わっている。

高知⇒ 福岡
 JAL 3582 10:15→11:10
 JAL 3588 18:45→19:40

福岡⇒ 高知
 JAL 3581 08:55→09:45
 JAL 3587 17:25→18:15

 従来は、サーブ340B(36人乗り)×3往復だったのが、エンブラエル(76人乗り)×2往復に変わったので、単純に考えると、座席数は片道108人から152人へ40%増えたことになる。

 また、飛行時間は、50~55分で、従来より15分ほど短縮されている。

Dscn2296

 海側から侵入してくる機体。近づくまで、東京からのANA NH561便(737-800)だと思っていたので、驚いた。ANA便が遅れて、先にジェイエア JL3581便が着陸してきた。

Dscn2298

 機体番号はJA224J、2013年登録の機体。伊丹空港などではよく見かけるジェイエアーのエンブラエルだが、高知空港で見ると、それなりに新鮮。

Dscn2308

 ターミナルに近づいてきたエンブラエル170、操縦席前のワイパーは、B787と同様に、立った状態が停止位置となっている。

Dscn2319

 小さめの飛行機だが、エンジンおよび主翼部分をアップで撮ると、それなりにボリューム感がある。

Dscn2351

 30分の駐機で福岡空港への折り返しとなる。

Dscn2352

 着陸時と風向きが変わったのか、北から南(海側)への離陸となった。離陸の写真も撮ってみたが、曇り空のせいでシャッタースピードがうまく上がらず、ボケた写真となったので、載せてない。

 ブロペラ機はやはり乗り心地に問題があるので、エンブラエルへの機種変更は歓迎する。あとは、大阪便を全便ジェット化してもらいたいものだ。

| | コメント (0)

2016.01.10

高知市でも成人式

 2016年も10日が過ぎた。株価、原油とも下がり気味の年始だが、今日は高知市では成人式が行われた。場所は、桟橋の県民体育館。

 新成人は減ってはいるのだろう。それでも、多くの人が県民体育館に集まっていた。

 私は、成人式に出てない。川崎市に住んでいて、住民票を移していたので、川崎市から成人式の案内が来ていたが、当然、出る気は無く、ふだんの祝日として過ごしていた。

 20歳になれば、酒が飲め、投票権が与えられるということが、20歳の実質的な意味合いだったが、今後、18歳で投票権を持つようになれば、20歳の区切りは、すこしぼやけるではないか。

 昔からそうだが、成人式の価値は、同窓会的な部分にのみ残るのではないだろうか。

| | コメント (0)

2016.01.09

高知市升形の織田歯科に新店舗が

 升形、電車通りから少し入ったところにある、由緒ありそうな建物が織田歯科。高知市内ではほとんど見かけることのない、歴史を感じさせるような建築。

 その織田歯科に、新しい店舗ができている。今風に、木を多く使った柔らかい雰囲気の建物。

 旧館は、そのまま保存してくれるということだろうか。さて、どうなることか。

Img_8773

| | コメント (0)

2016.01.08

台湾新幹線 「高鐵3日パス」

 台湾新幹線は、2013年に利用した。ただ、乗ったと言っても、台北と高鐵桃園の間だけだったので、乗車時間は20分くらいだったろうか。

 台湾新幹線は、台北から高雄まで行くにはよく使われているらしいが、全体的には需要は低いらしい。その原因は、在来線に比べて料金がかなり高く、新幹線の駅が従来の駅からかなり離れていて不便なため。

 ただ、時間が限られた旅行者にとっては便利な存在であるのは間違いない。時間がたっぷりあれば、在来線が趣があっていいのだが、そうもいかない場合も多い。

Photo


 台湾新幹線の料金は、日本の新幹線と比べると安いのだが、それでも在来線の料金を見てしまうと高く感じる。

 そんなとき、利用するといいのが、「高鐵3日パス」。台湾新幹線に3日間自由に乗れる外国人向けの切符で、料金は9000円ぐらい。台北駅~左営駅の往復料金より安いので、単純に往復するだけでも元は取れる。

 指定券が必要な場合は、窓口で手続きがいるのでちょっとめんどうな気もするが、価格メリットの方がはるかに大きい。台湾新幹線で、台北から台中・高雄方面に出かけるなら、ぜひ利用すべき切符だろう。

| | コメント (0)

2016.01.07

神戸-関空ベイ・シャトル

 今まで高知から関空に行くには、ほとんどの場合、難波(OCAT)まで高速バスを利用してきた。バスは安くて便利なのだが、バスが走っている時間が限られるため、不便なことも多い。

 そこで、次回は、神戸空港ちかくの港と関空をむすぶ高速船「神戸-関空ベイ・シャトル」を利用してみよう。この船に乗れば、関空第二ターミナルまで、約50分で行ける。湾岸線経由で走って行くより早く、渋滞の心配も無い。

Image1

 しかも、神戸空港近くにある専用駐車場は、高速船利用者の場合、駐車料金無料。船は、早朝から夜遅くまで動いているので、もし帰りの飛行機が多少遅れても、問題は起こりにくい。

 今まで、この船の存在は知っていたが、なんとなくピンとこなくて、使ってこなかった。往復料金は3000円。駐車料金が無料になることを考慮すれば、非常に安いと言える。

| | コメント (0)

2016.01.06

「北朝鮮、水爆実験」の報道

 新年も、6日になれば、だいぶ普通の生活に戻ったように感じる。しかし、お昼にテレビをつけると「北朝鮮、水爆実験」の報道。どういうつもりで、やっているのか分からないが、北朝鮮政府の仕事始めなんだろうか。

 株価も、昨日に引き続き下げの気配。なんとなく、経済的には気分がのらない新年となった。年が変わったからといって、何かが具体的に急に変わることはない。通常であれば、年末の流れのまま新年につながるはず。あまり編に心配せず、やるべきことをやろう。

 マイナンバーも今年から運用が本格的に始まるらしい。年末調整にマイナンバーが必要かなぁと疑問にも思うが、まぁ仕方ない。しかし、ちょっとしたアルバイトでもマイナンバーの提示が必要らしいので、これでは漏洩は必然的に起こるだろう。漏洩した後、どう対処するのか、その部分が良く分からない。罰則をつけるだけで、防げるのなら苦労しないが。

| | コメント (0)

2016.01.05

卸団地一番街の側溝工事

 会社前の側溝工事が本格的に始まった。卸団地の側溝は、何年も前から始まっている。北側から順番に工事が進んできて、やっと南側の1番街にたどり着いた。

 この側溝は、40年前に造られたもの。トラックの出入りが多い場所などは、すでに一度壊れており、部分修理で対応してきた。今回は、壊れて修理されている部分も含めて、すべて新たに作り替えられる。

Img_8811

 会社の前なので、当然、車両の出入りが多い。その中をぬって工事をしているので、工事業者もたいへんだろう。特に、隣のニトリ高知店はお客さんの車がしょっちゅう出入りしている。相当気を使う仕事のはず。

 今回の工事は側溝だけ。側溝と会社敷地の間にある歩道は、車両の出入りを考慮して、ほとんどの場所で歩道が車道側に傾斜している。この傾斜歩道は非常に歩きにくく、道路側を歩く人が多い。側溝が刷新されれば、側溝上を歩くのが一番快適だろう。

| | コメント (0)

2016.01.04

仕事始めは静かに

 今日から仕事始め。例年のことだが、仕事始めと言っても、まだ休みのままの取引先が多く、新年スタートへの助走期間という感じで、静かな1日だった。

 今日のニュースをちらっと拾っていくと、「サウジとイランが断交」「株価一時600円下げ」「欧州市場、先行き懸念で株価大幅下落」など、先行き不透明感な2016年を想像させるような見出しが並ぶ。

 いつの時代、どんな時でも、先行きというのはわからないのが常で、当然のことだが、人は安定を望む。信じることができる、不変なものがあると思い込みたい。しかし、現実は常に大きく揺れ動く。

 未来の安定を望んでも仕方ない。変化する世に、今年もなんとか対応していくだけ。

| | コメント (0)

2016.01.03

グランド前電停南側(升形)にセブンイレブン

 高知市内のセブンイレブンが着々と増えている。現在のところは、高知本町1丁目店、高知河ノ瀬町店、Kiosk高知駅店、高知稲荷町店、高知杉井流店、 高知丸池町店、高知神田西店、高知若草町店、高知瀬戸南町1丁目店の9店。

 グランド前電停南側(升形)にも、新店舗が建設中であることに気づいた。オリエントホテルの南東に位置し、家屋と駐車場があった場所を利用して、建築が進んでいる。2月頃のオープンではないだろうか。

Img_8803


 昨年のポールマッカートニーコンサートでは、チケット代金の支払いのため、徳島県のセブンイレブンまで行く必要があったが、1年も経たないうちに、あちこちに店舗ができてきた。

 コンビニを作るような広い土地がどこに残っているだろうかと思っていたが、このような駐車場を転用しての新店舗なら、まだまだ開拓の余地はありそうだ。

Img_8804

| | コメント (0)

2016.01.02

Amazonプライムを利用している

 12月頃からAmazonプライムに登録している。以前もAmazonプライムを利用していた時期はあったが、最近では無料期間に、少し使うくらいだった。

 正式に、プライム利用を決めた理由は、やはりAmazonミュージックとAmazonビデオのサービスが始まったから。AppleMusicも無料期間は登録して使ってみたが、四六時中音楽を聴いているわけではないので、ちょっと月額料金が負担。

 その点、Amazonプライムの年間3900円、月額に直すと325円という金額なら許せる。Amazonビデオも、内容がとても充実しているとは言えないが、ちょこっと暇つぶしするには充分。

 Amazonプライムは1年契約だから、一度入ると、最低でも1年は続けることになる。したがって、正確な評価は1年後ということにはなるが、今のところはとても気に入っている。

| | コメント (0)

2016.01.01

新年は自宅で迎え、自宅で過ごす

 新年となった。午前中は、テレビを見ながらだらだらと過ごす。

 見てたのは、たまたまつけたNHK BSPでやっていた「映像の世紀」という番組。近世のアジアがどのように揺れ動いてきたかが良く分かる。お正月に見るには、気が重くなるような内容だが、事実に目を背けることはできない。

 夕方から岡豊へ出かける。途中で、スーパーで少し買い物。さすがに1日に営業している店は少なく、開いている店は混み合っている。

 岡豊でしばらく過ごし、帰りに空を見上げると、星空がきれい。高知市と比べると、南国市で見る空は、照明がやや少ない分、星空が自然に見えるようだ。

 せっかくの連休なので、今年一年をどのように過ごすか、ぼやっと考えながら、のんびりしよう。

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »