« 高知市でも成人式 | トップページ | 側溝工事が進む卸団地一番街 »

2016.01.11

高知福岡線 ジェット化 サーブ340から エンブラエル170へ (ジェイエアーJA224J)

 高知~福岡のフライトは、プロペラ機サーブ340Bによる運航だったが、1月7日以降ジェット化され、エンブラエルERJ-170による運航に変わっている。

高知⇒ 福岡
 JAL 3582 10:15→11:10
 JAL 3588 18:45→19:40

福岡⇒ 高知
 JAL 3581 08:55→09:45
 JAL 3587 17:25→18:15

 従来は、サーブ340B(36人乗り)×3往復だったのが、エンブラエル(76人乗り)×2往復に変わったので、単純に考えると、座席数は片道108人から152人へ40%増えたことになる。

 また、飛行時間は、50~55分で、従来より15分ほど短縮されている。

Dscn2296

 海側から侵入してくる機体。近づくまで、東京からのANA NH561便(737-800)だと思っていたので、驚いた。ANA便が遅れて、先にジェイエア JL3581便が着陸してきた。

Dscn2298

 機体番号はJA224J、2013年登録の機体。伊丹空港などではよく見かけるジェイエアーのエンブラエルだが、高知空港で見ると、それなりに新鮮。

Dscn2308

 ターミナルに近づいてきたエンブラエル170、操縦席前のワイパーは、B787と同様に、立った状態が停止位置となっている。

Dscn2319

 小さめの飛行機だが、エンジンおよび主翼部分をアップで撮ると、それなりにボリューム感がある。

Dscn2351

 30分の駐機で福岡空港への折り返しとなる。

Dscn2352

 着陸時と風向きが変わったのか、北から南(海側)への離陸となった。離陸の写真も撮ってみたが、曇り空のせいでシャッタースピードがうまく上がらず、ボケた写真となったので、載せてない。

 ブロペラ機はやはり乗り心地に問題があるので、エンブラエルへの機種変更は歓迎する。あとは、大阪便を全便ジェット化してもらいたいものだ。

|

« 高知市でも成人式 | トップページ | 側溝工事が進む卸団地一番街 »

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高知市でも成人式 | トップページ | 側溝工事が進む卸団地一番街 »