« 可能性が広がる~iPhone6SのLive Photos(ライブフォト)はおもしろい | トップページ | フジドリームエアラインズ(FDA)の高知-名古屋線 1日2往復に »

2016.01.20

高知空港 ANA東京便の主役 B767-300

 高知空港に駐機していたのは、ボーイング767-300(767P)、羽田行きの機体。高知-東京間 5便の内、3便は767-200で、残り 2便は737-800で運航されている。

 松山-東京間や、高松-東京間は、787-8が就航しているが、高知では当面767-300での運航が続くのだろう。ただ、767-300はすでに20年以上経過した機体が多いので、これから数年以内には、他機種への変更も考えられる。

Dscn2372

 ANAが所有する機体は、今では787がかなり多いはず。767-300が退役した後は、787-8という可能性もあるが、767-300の270席に対して、787-8は335席と多く、高知-東京間では、席をもてあます。

 ひょっとしたら、昨年発注したエアバスの新型機「A321neo(240席)」が737-300の後継機種として利用されるのかもしれない。

Dscn2381

 ボーイング767-300、左エンジンをズームアップ。主脚についているタイヤは各4本、タイヤをささえる軸に、大きなバネが2本使われているのがわかる。どういう役割をしているバネなのか、ちょっと気になる。

Dscn2407

 この日は、海側から山側に向かっての離陸。

Dscn2408

 離陸後は、大きく右旋回して、北東へ飛び去っていった。

|

« 可能性が広がる~iPhone6SのLive Photos(ライブフォト)はおもしろい | トップページ | フジドリームエアラインズ(FDA)の高知-名古屋線 1日2往復に »

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 可能性が広がる~iPhone6SのLive Photos(ライブフォト)はおもしろい | トップページ | フジドリームエアラインズ(FDA)の高知-名古屋線 1日2往復に »