« 2016年 台湾旅行記(9) 今日も雨、高鐵台北站へ | トップページ | ANA ボーイングB787 高知空港 初就航 2016年3月1日 »

2016.02.13

2016年 台湾旅行記(10) 台湾新幹線611列車で、台南へ

 台北駅では、日本の新幹線ように自由にホームに入ることはできない。列車の準備が整うまで、ホームには入れない仕組みとなっている。乗客は皆、ホームへ降りるエスカレーターの手前で、しばらく待たされる。

Img_9073

Img_9075

 やっと、エスカレーターの入口が開放され、ホームに降りる。指定座席は、9号車の11E。進行方向左側の席となる。台湾新幹線には、自由席もある。自由席のことを自由座、指定席を對號座と呼んでいる。車両に乗り込む、さほど混み合ってはなさそう。

Img_9079

Img_9080

 台湾新幹線の車両は台北駅を出発すると、しばらく地下を走る。地上に出るのは、最初の停車駅である板橋駅を過ぎてから。新幹線車両は、大漢渓を渡る。外は残念ながら、相変わらずの雨模様。

Img_9082

 次の桃園駅では、また地下にもぐる。高鐵桃園駅が、桃園国際空港の離着陸コースにあたるため、地下駅となったらしい。

Img_9087

 桃園の次は、新竹駅。ここは地上駅。新竹も雨・雨・雨。
 新竹市は、IT関連の工場や企業が集中しているため、「台湾のシリコンバレー」と呼ばれており、日本企業も多い。高鐵新竹駅は、街の中心部からはだいぶ離れており、台鉄新竹駅までは、バスやタクシーで20分ほどかかる。

Img_9096
(高鐵台中站)

Img_9103
(高鐵嘉義站)

 新竹のあとは、台中、嘉義と停車していく。南に移動するにつれ、少しずつ雲がとれて、雨もほぼ止んできた。やはり、台湾は南の方が晴れる確率が高い。晴れてくれなくてもいい、雨さえ降らなければそれでいい。

 9:34、定刻に目的地、高鐵台南駅に到着。ここで下車する。かなり、雲は多いが、雨は降ってない。ラッキー!日頃の善行のたまものだろう。

Img_9114


|

« 2016年 台湾旅行記(9) 今日も雨、高鐵台北站へ | トップページ | ANA ボーイングB787 高知空港 初就航 2016年3月1日 »

旅行記 台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016年 台湾旅行記(9) 今日も雨、高鐵台北站へ | トップページ | ANA ボーイングB787 高知空港 初就航 2016年3月1日 »