« バルセロナに本拠地を置くLCC ブエリング(Vueling) | トップページ | 香港国際空港のミッドフィールドコンコース(MFC) »

2016.02.23

2016年 台湾旅行記(15) 好行バスはあきらめ、台南駅前からタクシーに乗る

 台鉄台南駅に到着した。列車が到着したホームから地下道を通って、表側の出口へ向かう。

 台南市の人口は約187万人(2010年12月)、台湾島で最も早くから開けた地域の一つで、オランダ人はここにゼーランディア城を置いている。清朝時代初期には、台湾の首府であり、政治・経済・文化の中心地であった。また、台南は北回帰線の南に位置し、亜熱帯気候に属している。1月の平均気温は、最高23℃、最低13.6℃と暖かい。

Img_9162

 自動改札に悠遊カードをタッチして、無事、外に出る。

Img_9163

 駅の正面は、ロータリーになっており、左側はタクシー乗り場らしく、黄色いタクシーが並んで停まっている。荒れ模様の天気で、風が強いが、幸い雨は降っていない。

Img_9170

 駅の右手には、やしが何本も植えられており、南国らしさを醸し出しているが、あいにくの天気で、やしの葉が風であおられて、ざわざわと大きな音を立てながら揺れている。しかも、ちょっと寒い。

Img_9166

 駅前広場から、駅舎を振り返って見る。中央部には風格のある建物。昔は、この建物の2階が高級ホテルになっており、レストランも併設されていたが、1965年にホテルが休止、1985年にレストランも休止された。台南駅は、地下化される予定で、その時に、この駅舎は保存され、ホテルも復活するらしい。

Img_9176

 これから、安平古堡という少し離れた場所へ行くつもり。台湾好行バス(巡回観光バス)でも行けるはずなので、駅前の地下道を通って、通りの向こう側にあるバス停へ向かう。

Img_9179

 バス停に到着し、好行バスの案内を見る。確か、この「88安平線」に乗れば、安平古堡へ行けるはずだが、バスの本数がそれほど多くなく、しばらく待つ必要がありそう。こんなところで、バスを待っていて、天気がくずれてもつまらないので、タクシーを使うことにする。

Img_9167

 タクシーは、駅前のタクシー乗り場に次々とやってくるので、簡単に乗れそう。1台のタクシーに乗り込み、行き先をiPhoneで示す。iPhoneには、「拡大メモ」というアプリを入れてある。入力した文字を、大きく表示するだけのアプリだが、こういう時には便利。運転手も、ちらっと見るなり、うんと頷き、すぐ運転を始める。

Img_9181

|

« バルセロナに本拠地を置くLCC ブエリング(Vueling) | トップページ | 香港国際空港のミッドフィールドコンコース(MFC) »

旅行記 台湾」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バルセロナに本拠地を置くLCC ブエリング(Vueling) | トップページ | 香港国際空港のミッドフィールドコンコース(MFC) »